歯並びと健康の関係とは?

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなることで健康に被害が生じます


歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります。
噛み合わせが悪くなると、顎や肩の筋肉に余計な負担がかかり、頭痛や肩こり、イライラなどさまざまな症状が起こるのです。
体調が悪い原因が分からない場合は、噛み合わせが関係しているのかもしれません。

顎や肩の筋肉に余計な負担がかかることで体調不良が起こります

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります。
噛み合わせが悪い状態で物を噛もうとすると顎が不自然に動くとともに、顎の周りや関節、筋肉、さらには肩の筋肉などに余計な負担がかかります。
首や肩の周りには神経や血管が集中していますので、その部分に影響を与えると、体全体の健康に悪影響を及ぼします。

顎周りの筋肉や肩周りの筋肉がこると、肩こりや首こり、頭痛などの症状や、イライラ、集中力の低下、やる気の低下など精神面における健康も悪くなります。
噛むバランスが悪いと、神経のバランスも乱れてしまいます。
そのため、自律神経失調症などの病気になることもあります。

噛み合わせが悪いと当然、口腔内の健康にも悪い影響を与えます。
歯磨きがきちんとできないことで虫歯にやすく、歯周病の原因にもなります。
また、噛み合わせが悪いと唾液が少なくなり、口の中を綺麗にする作用が低下します。
そのため、口の中の汚れを殺菌できずに汚れが溜まってしまい、虫歯や歯周病などの原因になったり、口臭の原因になったりします。

歯並びが悪いと生命の危機に関わる病気になることもあります


歯並びが悪く噛み合わせがよくないと、顎関節症を起こしやすくなります。
噛み合わせが悪いと顎の関節に負担がかかり、顎がズレやすくなり、顎関節症を引き起こすのです。

顎関関節症になると、顎がゆがみ、放置しておくと顔がゆがんでいきます。
口角の高さが違ったり、目尻の高さがことなったり、さらに顎の骨まで変形していきます。
顎関節症は顎の症状だけではなく、全身の症状にも影響を与えます。

顎の筋肉が緊張してしまうため、首や肩のこり、締め付けられるような頭痛、頭が重いといった症状を起こします。
頭が重いと感じるのは、顎のズレが原因で頭の血液や脳脊髄液が頭から体に流れない場合に起こります。
さらにめまいや耳鳴り、肩や背中などがこるために起こす不眠症、顎や頭、顔、手などのしびれ、なども引き起こします。

物が飲みこみにくいという症状も顎関節症の症状の一つです。
物を飲みこむというのは、顎関節の筋肉に関係しているため、筋肉がこっていたり、動きが鈍くなると嚥下作用に支障が出るのです。

噛み合わせが悪いだけ、と放置せずに早めにケアをしましょう。

よく噛んで食べることが胃腸への負担を軽くします

歯並びが悪いとよく物を噛めない、という状態になります。
食べ物はよく噛んで消化しやすい形にして胃や腸に送らなければならないのですが、噛み合わせが悪いと、よく噛み砕くことができません。
さらに唾液も少ない分、消化しにくい状態で胃に送られるのです。
その結果、胃腸に負担がかかってしまうことがあります。

よく噛まずに飲み込むことで、消化吸収作用が低下するとともに、噛むことによって送られる脳への刺激も少なくなり、満腹感を得られず、食べ過ぎてしまうこともあります。
食べ過ぎは肥満の原因となります。
ダイエットをしている女性にとっては致命的です。
肥満は高血圧や糖尿病などの原因にもなります。
食べ過ぎないよう、しっかり噛むことが大事なのです。

しっかり噛むためには歯並びを矯正し、噛み合わせを良くすることが必要です。
最近では、セラミック矯正をはじめ目立たない矯正方法もいろいろありますので、医師と相談して選ぶといいでしょう。

(まとめ)歯並びと健康の関係とは?

1.歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなることで健康に被害が生じます

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり顎や肩の筋肉に余計な負担がかかり、頭痛や肩こり、イライラなどさまざまな症状が起こるのです。
体調が悪い原因が分からない場合は、歯並びを改善するといいかもしれません。

2.顎や肩の筋肉に余計な負担がかかることで体調不良が起こります

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、顎の周りや関節、筋肉、さらには肩の筋肉などに余計な負担がかかるため、肩こりや首こり、頭痛などの症状や、イライラ、集中力の低下、やる気の低下など精神面における健康も悪くなります。

3.歯並びが悪いと生命の危機に関わる病気になることもあります

歯並びが悪く噛み合わせがよくないと、顎関節症を起こし、肩こりや首こり頭痛、頭が重い、しびれ、物が飲みこみにくい、などいった症状のほか、うつ病などの原因にもなりますので注意が必要です。

4.よく噛んで食べることが胃腸への負担を軽くします

食べ物はよく噛んで消化しやすい形にして胃や腸に送るものですが、噛み合わせが悪いと、よく噛み砕くことができず、消化しにくい状態で胃に送られるため胃腸に負担がかかります。
しっかり噛むためには歯並びを矯正し、噛み合わせを良くすることが大切です。

1332
Return Top