湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

左右非対称の歯並びになる原因とは?

左右非対称になる歯並びの原因は生活習慣にあります


左右非対称になる歯並びは生活習慣に原因があります。
片方の腕にだけバッグを持つ、横向きで寝る、足を組むなどの習慣、また肩こりなどがひどい人も歯並びが左右非対称になる可能性が高いです。
まず生活習慣を見直してみましょう。

左右非対称の歯並びの原因は日常生活にあります

歯並びが左右非対称になる原因としては、日常生活の中の習慣にあります。
頬杖をつく、うつ伏せや横向きで寝ることが多い、などといった習慣は顔の片方に力を加えてしまうため、顎の形や歯に影響を与えてしまいます。
片方の腕だけにバッグを持つ、座ると足を組むクセがある、立っているときに肩方に重心をかけてしまう、など体の状態も歯並びに影響します。

また食事のときに肩方の歯だけで噛んでいると、左右非対称の歯並びになる可能性が高いです。
片方だけで噛む原因としては虫歯がある、ということが挙げられます。
虫歯は放置しておくと、痛みが出たり、治療に時間がかかったりするだけではなく、生命の危機に関する脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすこともあります。
虫歯の治療を途中でやめてしまうと、歯並びが悪くなる原因ともなります。
虫歯の治療は最後までしっかり行いましょう。

肩や首のこりがひどい場合、血行が悪く筋肉が固まっていることが多いです。
血行が悪く筋肉が固まっているというのは、体のバランスが悪い証拠です。
体のバランスが悪いと、顔のゆがみにつながります。
肩こりや首こりがひどい場合は、早めに改善しましょう。

自分の顔が左右非対称かどうかを知っておくことも重要です


見た目で歯並びが悪いと分かる場合もありますが、あまり目立たない場合もあります。
特に奥歯の歯並びが悪いときには、あまり気づかないこともあります。
しかしそのままにしておくと、歯並びがますます悪くなり、顔や体に悪影響を与えてしまいます。
左右非対称であることも、自分では分かりにくいこともあるでしょう。
次の項目に心当たりがないか、チェックしてみましょう。

  • 口角が左右どちらかが下がっている
  • 両目の大きさが違う
  • 鼻筋がまっすぐではない
  • 顎のラインが乱れている
  • 口を開けて「い」の形をしたときに、前歯が一直線にならない
  • 片方の頬が垂れている
  • えら骨に触ってみたときに顎の位置がまっすぐではない
  • 頬骨の高さが違う
  • 人差し指を顎の付け根につけたまま、口を開くとどちらかが大きく指にあたる

一つでも当てはまるようであれば、左右非対称になっている証拠です。
左右非対称かどうかをチェックして知っておくことで、早めの改善につながるでしょう。

日常生活の習慣を改善して左右非対称になるのを防ぎましょう

左右費非対称にならないためには、日常生活で原因となることを避けることです。
頬杖をつくクセや足を組むクセをなくす、荷物は左右交互に持つ、立っているときにはバランスよく立つ、といったことに注意しましょう。

また、虫歯の治療をして、両方の歯で噛めるようにすることも重要です。
口呼吸を鼻呼吸にすることも大切です。
テレビを見ているときなど、自然と口が開いてしまっているのであれば、口を閉じるように心がけましょう。
寝ているときには口呼吸改善グッズなどもあるので、それを利用するのもおすすめです。

体のバランスを整えることも、顔のゆがみを改善するためには重要です。
体のゆがみの原因となるのは骨盤のゆがみが影響していることが多いです。
骨盤矯正やストレッチをして、骨盤を正常な位置にするようにしましょう。
姿勢の悪さも原因となりますので、日常において背骨が丸くならないよう、お腹に力を入れて立つ、座る、といったことを習慣にするといいでしょう。

(まとめ)左右非対称の歯並びになる原因とは?

1.左右非対称になる歯並びの原因は生活習慣にあります

左右非対称になる歯並びは片方の腕にだけバッグを持つ、横向きで寝る、足を組む、肩こりがひどい、などの生活習慣に原因があります。
まずは、生活習慣を改善することが必要です。

2.左右非対称の歯並びの原因は日常生活にあります

歯並びが左右非対称になる原因としては、頬杖をつく、うつ伏せや横向きで寝る、片方の腕だけにバッグを持つ、座ると足を組むクセがある、立っているときに肩方に重心をかけてしまう、日常生活の中の習慣にあります。

3.自分の顔が左右非対称かどうかを知っておくことも重要です

自分の顔が左右非対称かどうかを知っておくことは、歯並びを早めに改善するうえで大切なことです。
鏡を見ながらチェックしてみて、左右非対称かどうかを確認してみましょう。

4.日常生活の習慣を改善して左右非対称になるのを防ぎましょう

左右費非対称にならないためには、頬杖をつくクセや足を組むクセをなくす、荷物は左右交互に持つ、立っているときにはバランスよく立つ、といったことに注意するとともに、体のバランスを整えることも、顔のゆがみを改善するためには重要です。

5209
Return Top