湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

マウスピースで歯並びを矯正した方が効果的?

大幅に歯並びを変えずにできる矯正にマウスピースは効果があります


マウスピースを使った歯並びの矯正は、装置を取り外しでき、見た目も気にせずに歯並びの矯正ができるというメリットがあります。
虫歯になりにくく、徐々に矯正ができる方法で便利な方法ですが、大幅に歯並びを改善する場合はあまり効果的とは言えませんが、そうでない場合は便利で効果的な方法と言えるでしょう。

マウスピースによる歯並びの矯正は取り外しができて便利です

歯並びを改善したくても、目立つ矯正装置を付けるのは抵抗がある、という場合、マウスピースによる方法があります。
マウスピースの素材は透明で目立つことなく、歯磨きや食事のときには取り外しをすることができ、歯のケアもできるので虫歯になりにくいと言われています。
マウスピースは金属を使用していないため、口腔内を傷つけることなく、金属アレルギーの人でも使用することができる方法です。

また、全体を支えながら歯だけを移動させて歯並びを矯正させる方法なので、徐々に歯の並びを変えていくことができるのもメリットです。
治療の過程をチェックすることができ、仕上がりがどのようになるのか、ということも確認しながらできるので、トラブルもないです。

マウスピースの種類も複数あり、インビザラインは歯型取りは初回のみ、という便利な方法です。
クリアアライナーの場合は、素材がインビザラインよりも薄いので、より目立たないというメリットがあります。
矯正中も痛みを感じることも少ないのもメリットです。

マウスピースでは歯並びを矯正できないケースもあります

teet
目立たない矯正ができ、種類によっては虫歯の治療もできるというマウスピースの矯正方法ですが、すべての歯並びに効果があるとは言えません。
マウスピースの治療方法は、大幅に歯を移動させる必要がある矯正には向いていないと言われています。
顎の位置が、上下左右に大きくズレている場合や、歯が大きくガタガタしていて抜歯が必要な場合などは、マウスピースでの矯正はできないケースもあります。

マウスピースでの矯正ができるのは、抜歯せずに治療ができる、抜歯をしたとしても歯の根を移動する必要がない、他の方法での矯正が可能、決められた時間以上の装置の装着が可能である、といった場合です。

また、インビザライン、クリアアライナーといった種類のマウスピースは、コンピューターを使いマウスピースを作成します。
さらに、歯の動きに合わせてマウスピースを作り替えて歯並びを改善していきます。
インビサラインは手元に届くまでに約1ヵ月かかることがあります。

効果を出すには正しいマウスピースの取り扱いが重要です

マウスピースを使って歯並びを改善するためには、1日20時間以上の装着が必要です。
歯磨きと食事以外はなるべく装着して生活をする必要があります。
装置は取り外しが可能であるということはメリットでもあるのですが、煩わしいからといって、取り外しを自由にしていると治療が長引いてしまうことがあります。

また、歯を大きく移動させる矯正には向いていないマウスピース矯正は、大きなねじれがあったり、大きくズレていたりすると、マウスピースの数が増えて、効果が出るまでに時間がかかります。
そのため、治療時間だけではなく費用も多くかかることになります。
さらにマウスピースは奥歯の噛み合わせまでを整えることが難しい場合があります。

マウスピースの矯正方法において、歯ぎしりが強い場合、マウスピースが割れてしまう、というデメリットもあります。

これらのデメリットや注意点を踏まえて、自分に合っているかどうかは医師と相談しながら決めるようにしましょう。

(まとめ)マウスピースで歯並びを矯正した方が効果的?

1.大幅に歯並びを変えずにできる矯正にマウスピースは効果があります

マウスピースを使った歯並びの矯正は、装置を取り外しでき、虫歯になりにくく、徐々に矯正ができる方法見た目も気にせずに歯並びの矯正ができます。
大幅に歯並びを改善する場合以外は便利で効果的な方法と言えるでしょう。

2.マウスピースによる歯並びの矯正は取り外しができて便利です

マウスピースの素材は透明で目立つことなく、歯磨きや食事のときには取り外しをすることができます。
歯のケアもできるので虫歯になりにくい、金属アレルギーの人でも使用することができる方法です。

3.マウスピースでは歯並びを矯正できないケースもあります

マウスピースの治療方法は、上下左右に大きくズレている場合や、歯が大きくガタガタしていて抜歯が必要な場合など、大幅に歯を移動させる必要がある矯正には向いていないと言われています。

4.効果を出すには正しいマウスピースの取り扱いが重要です

マウスピースを使って歯並びを改善するためには、1日20時間以上の装着が必要です。
煩わしいからといって、取り外しを自由にしていると治療が長引いてしまうことがありますので、注意しましょう。

16964
Return Top