奥歯の歯並びが悪いと噛み合わせに影響する?

奥歯の歯並びがよく噛み合わがよければ筋肉や関節に負担がかかりません


奥歯は、左右上下の歯が均等に噛めて、筋肉や関節に負担がかからないのが良い噛み合わせです。
奥歯の歯並びが悪いと噛み合わせに影響し、さまざまなトラブルを引き起こします。
噛み合わせが悪いと、歯垢がつきやすくなり虫歯になったり、歯周病になったり、顎関節症になったりします。
さらには顔の形が変形してしまうリスクもあります。

奥歯の悪い噛み合わせとは顎関節の位置がズレている状態です

歯並びが悪くない、良い噛み合わせと言われるのは、すべての歯がU字型に綺麗に並んでいる状態です。
一方で悪い噛み合わせというのは、顎関節の位置が悪く、痛みや違和感があり、口が開きにくいなどといった症状が出ます。
歯の大きさと顎のバランスが悪く、歯並びが悪くなっている状態だと、歯の位置がズレてしまい噛み合わせが悪くなります。
また歯の高さが低く、噛み合わせが低いのもバランスが取れなくなります。
特に奥歯が低いと、下顎が正しい位置にキープできず、下顎が奥に引き戻され、顎関節に負担がかかるのです。

奥歯の噛み合わせは下顎の位置を安定させるために必要なことです。
正しい位置に下顎があり、左右の奥歯が均等に当たっている状態が理想です。
また、前歯は上顎の前歯や下顎の前歯を被い、噛み合わせのときに、下顎の前歯が上顎の前歯の裏側に軽く当たる状態が理想と言われています。
歯並びが悪く噛み合わせが悪いと、上下の歯の当たりが強くなったり、反対にまったく当たらない状態は、奥歯に力がかかりすぎ、顎関節に負担をかけることもあります。
奥歯の歯並びは見えないので、一見問題がないように見えても違和感などがある場合は、噛み合わせのチェックをするといいでしょう。

奥歯の噛み合わせが悪いと顎関節症や虫歯などのトラブルを引き起こします


噛み合わせが悪い状態をそのままにしておくと、顎のズレやゆがみがひどくなり、顎関節症を引き起こします。
最近は若い女性に多いと言われる顎関節症は、自然に治るものもあれば、日常生活に支障が出るなどひどい場合もあります。
顎が鳴る、口が開きにくい、顎が痛い、といった症状がある場合は注意が必要です。

歯並びが悪く、噛み合わせが悪いと、歯が当たる部分が少なくなって、自然に汚れが落ちにくくなり、虫歯になることも多いです。
さらに、噛んでいる部分だけに力がかかり、均等に噛めないため、噛んでいる歯だけに力がかかって歯周病になりやすくなります。
年齢を重ねると歯周病が進行しやすくなるので早めのケアが必要です。

噛み合わせが悪いと体調にも影響を与えます。
噛む筋肉は顎の関節から頭の横につながっているため、側頭筋が緊張を強いられ、頭痛の原因となります。
首や肩にかけてつながる広頸筋などのバランスも悪くなり、肩こりや首こりが起こりやすくなるというデメリットもあります。

さらに顔のバランスが崩れてゆがんだり、自律神経失調症なども引き起こしやすくなるので注意が必要です。

奥歯の噛み合わせが悪くなる原因は前歯にあることもあります

奥歯の歯並びが悪くなる原因は、前歯にあることもあります。
悪い噛み合わせによって起こる咬合性外傷は、歯に過剰に力がかかることで、歯が揺れ周りの歯槽骨が溶けてしまうことで起こります。

原因の一つは、噛み合わせです。
前歯が正常な噛み合わせの場合、前歯と奥歯で顎全体の噛み合わせの力が均等に配分されるため、奥歯には適度な噛み合わせの力がかかります。
さらに犬歯誘導という状態になっているため、奥歯には大きな負担がかからないようになっているのです。

しかし、前歯の歯並びが悪く噛み合わせが良くない状態では、すべての顎の噛み合わせの力が奥歯にかかってしまい、奥歯の負担が大きくなります。
前歯の噛み合わせが悪い状態では、犬歯誘導という状態も確立されていないため、奥歯への負担は大きくなります。

このように奥歯に負担がかかると周りの歯槽骨が変形し、溶けてしまい歯が揺れてしまうのです。

(まとめ)奥歯の歯並びが悪いと噛み合わせに影響する?

1.奥歯の歯並びがよく噛み合わがよければ筋肉や関節に負担がかかりません

左右上下の歯が均等に噛めて、筋肉や関節に負担がかからないのが奥歯の良い噛み合わせです。
奥歯の歯並びが悪いと噛み合わせに影響し、歯垢がつきやすくなり虫歯になったり、歯周病になったり、顎関節症になったりします。

2.奥歯の悪い噛み合わせとは顎関節の位置がズレている状態です

歯並びが悪く、噛み合わせが悪い状態だと、顎関節の位置が悪く、痛みや違和感が出ます。
歯の大きさと顎のバランスが悪い、歯の高さが低く、噛み合わせが低い、歯並びが悪くなっている状態だと、歯の位置がズレて噛み合わせが悪くなります。

3.奥歯の噛み合わせが悪いと顎関節症や虫歯などのトラブルを引き起こします

噛み合わせが悪い状態をそのままにしておくと、顎のズレやゆがみがひどくなり、顎関節症を引き起こします。
さらに、虫歯になりやすい、歯周病が進行する、頭痛、肩こり、首こり、などの原因にもなります。

4.奥歯の噛み合わせが悪くなる原因は前歯にあることもあります

奥歯の歯並びが悪くなる原因は、前歯にあることもあります。
前歯の歯並びが悪く噛み合わせが良くない状態では、すべての顎の噛み合わせの力が奥歯にかかってしまい、奥歯の負担が大きくなるため、咬合性外傷などを引き起こすことがあります。

9424
Return Top