湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びが悪いと虫歯になりやすい?

歯並びが悪いと磨き残しが多くなり虫歯になりやすいです


歯並びが悪いと歯が磨きにくくなり、磨き残しが多くなるため虫歯になりやすくなります。
また歯並びを矯正しないと、虫歯を治してもすぐに虫歯になってしまいます。
虫歯治療を繰り返すのは精神的にも苦痛ですし、時間や費用もかかります。
歯並びは改善しておいた方がいいでしょう。

歯並びが悪いと歯磨きがきちんとできないので虫歯になってしまいます

歯並びが悪いと歯ブラシが届かない部分ができてしまうため、磨き残しができてしまうのです。
歯磨きがきちんとできていないと、歯の表面に歯垢がつきます。
その歯垢にミュータンス菌が棲みついて、糖分をエサに酸を作りだすのです。
ミュータンス菌によって作り出された酸は歯の表面のエナメル質を溶かし穴を開け、虫歯を作るのです。

そうならないためにも、歯磨きできちんと歯を磨くことが重要なのですが、歯並びが悪いと綺麗に磨くことが難しくなります。
歯並びが悪いと無意識のうちに、同じ部分しか磨けていません。
常に同じ順番で同じように磨いていると、磨きやすい部分だけ磨いていて、歯ブラシが届きにくい部分が磨けていないことが多いのです。

また、力を入れて磨く人もいるでしょう。
歯ブラシを歯茎や歯に押しつけないと、歯並びの悪い歯は磨けない、と思ってしまい、ゴシゴシと力を入れて磨いてしまうものです。
しかし、力を入れて磨いていると歯や歯茎を傷つけてしまい、知覚過敏や口内炎などになりやすくなるのです。

歯並びが悪くない人でも、正しく歯磨きができている人はそう多くありません。
歯並びが悪いともっと歯磨きが正しくできなくなるので、早めの改善が必要です。

虫歯を放置すると生命の危機になるリスクがあります


虫歯になっても痛みがなければそのまま放置してしまう人も多いでしょう。
歯医者さんにはできるだけ行きたくない、と思ってしまうからです。
しかし、歯並びが悪く、歯ブラシが届いていない部分に虫歯ができてしまうと、虫歯は悪化してしまいます。
虫歯を放置するとその分治療に時間がかかってしまいます。

虫歯が悪化すると神経に届き痛みが起こります。
さらに放置すると神経が死に、細菌をばらまくことになります。
細菌は顎の骨に広がり、歯茎から膿が出るようになります。
さらに骨髄炎を引き起こし、発熱やおう吐、体調不良を起こすこともあります。

また、細菌が血液の中に侵入すると、肺炎や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こすこともあります。
特に上顎の虫歯を放置すると副鼻腔炎になるリスクもあります。
副鼻腔炎が悪化すると頭痛や目の周りの痛み、口臭などが引き起こされます。

奥歯の虫歯を放置すると噛み合わせが悪くなります。
歯並びが悪いところに、さらに噛み合わせが悪くなり、顎関節症などを引き起こすこともあるのです。
顎関節症になれば、体調不良や耳なり、肩こりなどといった症状も出てきます。
たかが虫歯と考えていると非常に危険です。

歯並びを改善すると虫歯予防のほか笑顔も素敵になります

歯並びを改善することで、歯磨きがしやすくなり、虫歯予防になります。
綺麗な歯並びになることで、歯ブラシもしやすくなります。
綺麗な歯並びであっても、正しい歯磨きを習慣にするのは歯医者さんで正しい歯磨きの方法を学ぶことも必要です。
さらにデンタルフロスなどを使用し、歯垢を落とすケアも大切です。
歯並びが改善されることで、デンタルフロスが使いやすくなる、というメリットがあります。

虫歯予防ができるほか、歯周病や口臭予防にもつながります。
咀嚼もしっかりできるようになり、消化不良などの原因にもなりません。
何より、綺麗な歯並びになることで口元を気にせずに笑ったり、しゃべったりすることができるようになります。
性格も明るくなるという人が多いです。

歯並びを改善すると歯磨きも正しくできるようになり、虫歯ができない歯になるよう、より歯磨きをしっかりするようになります。
より歯に対する意識が高まり、綺麗な歯を保とうとするので綺麗な歯を保てるようになるでしょう。

(まとめ)歯並びが悪いと虫歯になりやすい?

1.歯並びが悪いと磨き残しが多くなり虫歯になりやすいです

歯並びが悪いと歯磨きがきちんとできなくなり、磨き残しができて虫歯になります。
虫歯を治療してもすぐに虫歯ができてしまうので、虫歯予防のためにも歯並びは改善した方がいいでしょう。

2.歯並びが悪いと歯磨きがきちんとできないので虫歯になってしまいます

歯並びが悪いと同じ部分しか磨くことができずに、歯ブラシが届かない部分が虫歯になりやすくなります。
また力を入れて磨いてしまい、知覚過敏などになってしまうリスクも高まります。

3.虫歯を放置すると生命の危機になるリスクがあります

虫歯を放置すると、骨髄炎を引き起こし、発熱やおう吐、体調不良を起こすこともあります。
さらに、肺炎や脳梗塞、心筋梗塞、副鼻腔炎になるリスク、さらに噛み合わせが悪くなり、顎関節症などを引き起こすこともあるのです。

4.歯並びを改善すると虫歯予防のほか笑顔も素敵になります

歯並びの改善は虫歯予防ができるほか、歯周病や口臭予防にもつながります。
綺麗な歯並びになることで口元を気にせずに笑ったり、しゃべったりすることができるようになり、性格も明るくなるという人が多いです。

2313
Return Top