湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口になってしまう歯並びの原因とは?

歯並びが受け口になる原因は遺伝や上顎の発達不良などいくつかあります


一口に受け口といっても、原因はいくつかあります。
まずは遺伝です。
受け口となる遺伝子を受け継いで何もせずに成長していくと、そのまま受け口になってしまう可能性が高いです。

遺伝が原因でない場合でも、上顎の発達が悪いと結果的に下顎が出てしまい受け口となる歯並びになってしまいます。

また、下の歯を舌で押す癖がある場合、歯並びが悪くなり受け口になってしまう可能性があります。

受け口は見た目や噛み合わせなど、いくつもの面にデメリットがあります

受け口とは上下の嚙み合わせが逆の歯並びになっていて、反対咬合・下顎前突と呼ばれることもあります。
見た目としては下顎が出た状態になり、気にする人も多いでしょう。
受け口は見た目の問題だけではなく、嚙み合わせや発音にも影響します。
特にサ行とタ行の発音がしにくいというデメリットがあります。
それに加えて、下顎が出ていると身体全体のバランスが悪くなります。
肩こりや腰痛の原因にもなります。
嚙み合わせが悪いことにより十分な咀嚼が出来ず、消化不良に繋がることも。

受け口となってしまう原因はいくつかあります。
まずは遺伝です。
歯の生える方向が前方に向かう、下顎が出てしまうという体質は遺伝で受け継がれます。
両親のどちらかが受け口だという人は、自分もその遺伝子を持っている可能性が高いです。
また遺伝だけでなく、上下の顎のバランスが悪くなると受け口になる可能性があります。
上あごの発達が悪く下顎が出て見える場合と、下顎の成長が大きくバランスが悪くなっている場合があります。

また、下の歯を舌で押す癖があると受け口になる可能性があります。
舌により下の前歯が押し出されて歯並びがずれてしまうためです。

受け口となる原因はいろいろあるため、それぞれに合わせた施術を行って治すことになります。

セラミック矯正で歯並び矯正して受け口を治せます


骨の変形が原因の受け口は、歯並びの矯正だけで治すことはできません。
顎の骨を外科的施術で小さくするなどしていきます。
骨格的な施術を必要としない場合には、歯並びの矯正で受け口を治す施術を行っていきます。

その方法のひとつがセラミックによる矯正です。
受け口となってしまう出っ張った下の歯を削り、正しい方向を向いたセラミックの歯を被せることで歯並びを治していきます。
この治療のメリットは、初回の治療時にすぐに仮歯を入れることです。
この時点で受け口による嚙み合わせが改善され、見た目が良くなります。
最終的にセラミックの本歯をいれてきれいな歯並びに調整していきます。

セラミック矯正による施術は歯並びを治す以外に、見た目にきれいな白い歯にできることがあります。
受け口は口内環境が悪くなりやすく、歯が変色しているお客様も少なくありません。
セラミック矯正では、見た目の色を思い通りの白さにすることが可能です。
もちろん、周りの歯の色となじませる必要もあるので、全体の歯をきれいにするためにホワイトニングも行うとよりきれいな歯並びを手に入れられます。
セラミックの歯は治療後に色の変色がなく、きれいな歯並びが持続します。

受け口を治すことで審美的な面だけでなく、健康面にもメリットがあります

受け口を矯正するメリットを考えてみましょう。

まずは見た目の変化が大きいです。
受け口になっていると歯並びの見た目や、下顎が出ていることが気になりがちです。
歯並びの悪さがコンプレックスとなり、口を開けて笑うことに抵抗を覚える人も少なくありません。
受け口を治すことでこれらのコンプレックスが解消され、笑顔を取り戻すことができるでしょう。

嚙み合わせが改善されることで、食事が楽しくなります。
きちんと噛んで食べることができるので、食べ過ぎを予防でき消化吸収も良くなるので健康面でのメリットも大きいです。
また、受け口の歯並びは口内環境が悪くなります。
口内環境の悪化は、虫歯や歯周病を引き起こす以外にも全身にも悪影響となります。
歯周病が糖尿病などの生活習慣病に関わっているともいわれています。
受け口を治すことでそのリスクの軽減が期待できます。

また、虫歯になってしまった場合の施術もしやすくなります。
受け口で歯並びが悪い状態だと、歯にかかる力のバランスが悪いので詰め物が取れやすくなり、虫歯の施術もしやすくなります。

嚙み合わせが改善されることで、顎の周りに変な負荷がかからなくなることで
顎関節症のリスクが軽減できるとも考えられます。

このように受け口の解消にはさまざまなメリットがるため、一度医師に相談してみることをおすすめします。

(まとめ)受け口になってしまう歯並びの原因とは?

1.歯並びが受け口になる原因は遺伝や上顎の発達不良などいくつかあります

受け口とは下顎のほうが出てしまう状態です。
遺伝による歯並びや発達過程で下顎が出てしまこと、舌で歯を押す癖などが受け口になる原因として考えられています。
治すには原因に合わせて施術を行っていくことになります。

2.受け口は見た目や噛み合わせなど、いくつもの面にデメリットがあります

受け口になるのは歯並びが悪いだけでなく、遺伝が原因となっていることもあります。
受け口になることでデメリットもあるため、それぞれの原因に合わせて治していくことをおすすめします。

3.セラミック矯正で歯並び矯正して受け口を治せます

軽度の受け口は歯並びを矯正することで治せます。
気になる下の歯を削りセラミックの歯を被せるセラミック矯正は、早い段階での受け口解消が可能な施術法でおすすめです。

4.受け口を治すことで審美的な面だけでなく、健康面にもメリットがあります

受け口は見た目を悪くする以外にも、健康面などにも影響を及ぼします。
受け口を治すことによりそれらのリスクが改善されるため、医師に相談してみることをおすすめします。

11187
Return Top