湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びの矯正は痛い?

歯並びの矯正で痛いのは装置をつける施術です


歯並びの矯正で一番に思い浮かべるのは、ブラケットという矯正器具を身につけた状態の歯だと思います。
しかし装置を身につけた見た目が気になる人も多いでしょう。
そしてなにより、ブラケット矯正は器具を身につけることで痛みが生じることが多いのです。

それに対しセラミック矯正の場合は、治療が早く終わり痛みのリスクも少ない施術法です。
セラミック矯正の需要は高くなっていくでしょう。

ブラケット矯正の方がワイヤー矯正よりも痛みが少ないです

歯並びの矯正法としてポピュラーなのがブラケットという器具を身につけて行う施術法です。
治したい歯がある歯列の全体に器具を取り付け、ブラケットのワイヤーで歯を引っ張り正しい位置に動かす施術法です。
上下両方の歯に装着して矯正を行うこともあります。
この方法の場合、装着した器具による違和感や痛みが出てしまいます。
また、器具をつけた直後の違和感が治まった後も、物を噛むことで痛みが生じたり器具が構内に当たることで痛みが生じたりします。
口内炎ができてしまうことも珍しくないため、その痛みに悩まされる人も多いです。

これに対してセラミック矯正の場合は、ブラケット器具を装着する必要がありません。
セラミック矯正の場合、歯並びが悪い歯(場合によっては周囲の歯も)削り、セラミックの被せものをすることで歯並びを矯正します。
ブラケット矯正のように、器具を身につけることで生じる痛みがありません。
セラミック矯正では歯を削りますが、このときには麻酔をかけるため歯を削る痛みはありません。
ただし麻酔が切れたあと、しみるような痛みが出ることがありますが、セラミック治療はブラケット治療と比べると、痛みを感じる期間は少なくてすむ方法です。

セラミック矯正は治療期間も短縮できます


歯並びの矯正で痛みが少なくてすむのがセラミック矯正です。
セラミック矯正の治療の流れを見ていきましょう。

セラミック矯正は通院頻度によって変わりますが、大体2カ月ほどで完了します。
2~3年かかるといわれるブラケット矯正と比べると、数カ月で完了するのはメリットといえます。
痛みを減らしたいだけではなく、早くキレイな歯並びを手に入れたいという人にもおすすめです。

カウンセリングで施術を行う歯を決め、どのような歯並びにするかを決めていきます。
施術する歯の根っこを残して削り、セラミックの仮歯を被せておきます。
本歯が出来たら仮歯を外して、本歯を被せて固定。
その後はかみ合わせなどを確認しながら調整していきます。
これがセラミック矯正の大体の流れになります。

このようにブラケット矯正のように歯全体に器具をつける必要がないセラミック矯正は、
器具をつけることで感じる痛みがないというメリットがあります。
歯を削ったことで神経がかじる痛みが出ることはありますが、これは基本的に数日で治まる痛みです。
痛みが治まらなければ神経を抜く処置が必要になることもあります。
しかしブラケット治療と比べると痛みに悩まされる時間が短くてすみます。

歯を削るときはもちろん麻酔をかけます。
麻酔注射をする前にテープタイプの麻酔で注射の痛みを感じなくさせるなどの工夫をすることで、麻酔をするときの痛みを軽減する方法もあります。
場合によっては笑気吸入鎮静麻酔という方法で痛みを感じさせず施術を行うこともあります。

セラミック矯正を行う必要性は十分にあります

セラミック矯正では虫歯になっていない健康な歯を削る必要があります。
健康な歯を削ってまで歯並びを直す必要があるのかと思う人もいるでしょう。

しかし歯並びの悪さは自然に治るものではありません。
見た目のコンプレックスとなるだけではなく、口内環境を悪くする要因ともなります。
歯並びが悪いことで歯が磨きにくくなり、虫歯や歯周病を引き起こすリスクを高めます。
磨き残しは口臭の原因にもなります。
さらには口内でばい菌が増え、それが全身へと影響を与えることも。

このようなことからも歯並びを治す必要性が十分に感じられます。
セラミック矯正なら素早く歯並びを矯正できるため、歯並びが悪いことでおこる問題解決も早くすることができます。

(まとめ)歯並びの矯正は痛い?

1.歯並びの矯正で痛いのは装置をつける施術です

ブラケット矯正は身につけた器具による見た目や痛みが生じる矯正法です。
それに対してセラミック矯正の場合は、見た目を気にする必要がなく痛みも少なくて住むため需要が高まると考えられます。

2.ブラケット矯正の方がワイヤー矯正よりも痛みが少ないです

歯並びの矯正には種類があり、より痛みを感じることになるのはブラケット矯正でしょう。
違いを検討する上で、早く痛みが少ない施術を望む場合はセラミック矯正のほうが向いているといえます。

3.セラミック矯正は治療期間も短縮できます

セラミック矯正はブラケット矯正と比べると痛みだけでなく時間もかからない方法です。
痛みを抑えたい人はもちろんですが、短時間で歯並びを良くしたいという人にもおすすめの施術法です。

4.セラミック矯正を行う必要性は十分にあります

歯並びの悪さを放置することは、さまざまな問題を引き起こす原因になり得ます。
素早く歯並びを治すことができるセラミック矯正によってそれを解決することができます。

1916
Return Top