湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びが悪い人が行う矯正方法とは?

歯並びの矯正方法はセラミック矯正が代表的ですが、歯並びの状態によって使い分けられます


歯並びの矯正として近年ポピュラーなものとなっているのは、セラミック矯正です。
しかし、歯並びが悪いと言っても、その状態は人それぞれに違いがあります。
全体的な歯並びの悪さなのか、あごにも問題があるのか、または一部分のみの歯並びを治したいのか、などそれぞれの状態によって治したい部分も違いますし、矯正方法も変わってきます。
自分の歯並びの状態に適した方法を選ぶことで、より安全に快適に歯並びを改善することが出来るでしょう。

歯並びの矯正では、適切でない処置を受けると歯の病気やぐらつきが気になることもありますし、矯正器具を見せたくないという気持ちの問題もあるでしょう。
そうした面も考慮しながら、歯科医師とともに歯並びの矯正方法を選ぶことが大切です。

悪い歯並びをこっそり矯正したいならセラミック矯正が適しています

悪い歯並びは大人になると特に気になりだすものですが、矯正器具をつけることも見た目の問題から避けたいと思う人が多いものです。
矯正器具で歯並びを治そうと思ったら、数年間かけて歯を動かしていくことが必要となります。
その間は、見た目の悪さから恋愛にも消極的になってしまうかも知れませんし、人と会話をする時にも矯正器具が邪魔で話しにくいと感じることもあるでしょう。

こうした問題点をカバーするには、セラミックの被せものによって矯正をするセラミック矯正がおすすめです。
セラミック矯正は、歯並びを矯正したい歯を削ってその上からクラウンをつけるという方法で、長期間矯正器具をつける必要がありません。
そのため、矯正をしていることも周りには分かりにくく、人に会うこともはばかられません。

ただし、セラミック矯正はあごにも問題があって歯並びが悪い時にはそれだけでは解決できないため、それ以外の施術を併用することになります。
あごの矯正には歯並びだけの矯正とは違った方法を用います。

歯並びだけでなくあごのバランスが悪い時はあごの施術もします


歯並びだけの矯正ではキレイな口元にならないこともあります。
あごの上下のバランスが悪い、どちらかのあごが出っ張っているなどの場合には、歯並びの矯正と合わせてあごの施術も行います。
あごと歯並びを平行して矯正を行うことで総合的に顔立ちを整える効果も期待できます。

あごの矯正には外科的な施術を行うことがあります。
あごの骨を動かすことになり、麻酔や施術後のあごの固定なども必要となります。
歯のみの施術とは違い、少し大変そうにも思えますが、骨格を整えることができるので、顔立ちそのものや横顔をより美しくできるチャンスとなるでしょう。

あごを整えてから、歯並びをそれに合わせて矯正することで全体的に歯並びを改善することが出来る方法です。

悪い歯並びを治すためにはブラケット矯正もあります

歯並びが全体的に悪い場合や自分の歯を動かして矯正をしたい場合には、ブラケット矯正を行います。
ブラケット矯正は全体的な歯並びを矯正する時によく使われている方法です。
矯正器具を歯に装着したまま過ごすことで、歯をゆっくりと移動させます。

この方法では自分の歯をそのまま使えるメリットがありますが、反面問題を抱える歯や歯茎にはリスクとなることもあります。
加齢などによって歯茎の組織が弱っている場合には、歯を移動させることで歯がぐらつきやすくなる可能性もあるのです。
こうしたリスクもある方法であるため、施術前にはよく歯科医師と相談をし、自分にとって最適な治療法を提案してもらうようにしましょう。

(まとめ)歯並びが悪い人が行う矯正方法とは?

1.歯並びの矯正方法はセラミック矯正が代表的ですが、歯並びの状態によって使い分けられます

歯並びの矯正方法はその人の歯の状態によって選ぶことが大切です。
歯並びが悪いといってもそれぞれに問題点も違いますし、それ以外にリスクを持っていることもあるため、より安全で快適な方法をその人に合わせて選ばなければいけません。

2.悪い歯並びをこっそり矯正したいならセラミック矯正が適しています

悪い歯並びを誰にも知られずに矯正するにはセラミック矯正が効果的です。
矯正器具の見た目の悪さや煩わしさもありません。
ただし、セラミック矯正だけではあごの矯正はできません。

3.歯並びだけでなくあごのバランスが悪い時はあごの施術もします

歯並びの矯正では歯だけでなくあごのバランスを整えることもあります。
あごがずれていることで歯並びが悪くなっている場合には、あごを外科的に動かすことが必要です。
あごを整えることで顔立ちにも良い影響を与えることができるでしょう。

4.悪い歯並びを治すためにはブラケット矯正もあります

悪い歯並びを改善する方法にはブラケット矯正も使われます。
自分の歯を移動する方法であり、歯を移動させることでぐらつきや痛みが出ることもあります。
このため、歯科医院でよく相談をした上で施術を受けるようにしましょう。

2690
Return Top