湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びを部分的に矯正することはできる?

歯並び矯正は部分的に利用できる方法もあります


歯並びが悪いといっても、その状況はその人によって違います。
それぞれの悩みに沿った矯正方法を用いることで、余計な負担を与えることなく良い歯並びを作ることが必要です。
部分的に歯並びが悪い人はその部分だけに限って矯正をする方法を選べます。

一部分だけ必要なのに全体を治す矯正方法を使ってしまうと正しく生えている歯にも負担を与えてしまいます。
矯正方法にはいろいろなものがありますので、もっとも自分に合う方法を選んで歯への負担を抑えることが大切です。
部分的に矯正する場合には、期間も少なく済ませる方法もあります。

歯並びの部分的な矯正はセラミック矯正が向いています

歯並びの矯正ではブラケットをつけて歯を動かすものがよく知られているかも知れませんが、部分的な矯正にはセラミック矯正も検討をおすすめします。
セラミック矯正は、セラミッククラウンを歯並びの悪い歯に被せて矯正する方法です。
1本の歯から施術を行うことが出来て、全体の歯には負担を与えにくくなっています。
他の歯を土台として引っ張ることもありませんので、良い歯や歯茎にも影響が少なく済みそうです。

セラミック矯正のやり方としては、治したい歯を削ってクラウンを被せることが基本になります。
自分の歯を削らなければいけないという点はリスクと感じる人もいますが、削って被せると言う手法のため、期間も歯を移動させるよりは長くかかりません。
また、自分の歯を移動させる矯正でも歯を削ることはあります。

セラミックのクラウンを被せることで、歯の色や形などが気になる場合にも対応できます。
一部分の歯並びや審美的な問題を改善するためには適していると言えるでしょう。

部分的な歯並びの矯正でも条件によってはセラミックを使えないこともあります


部分的な歯並びの調整には、セラミック矯正が負担も少なく良さそうですが、中にはセラミック矯正では治せない歯並びもあります。
すべての部分的な歯並び矯正に使えるわけではないので注意をしましょう。

セラミック矯正では歯の向きや形などによって、自歯への負担が大きくなることがあります。
神経を抜かなければいけなくなったり、ムリに歯の向きを変えることで噛み合わせによる負荷がかかりすぎてしまうことなどの問題があるためです。
また、歯周病や広範囲にわたった虫歯がある場合にも歯を削ることが出来なかったり、クラウンを利用できず他の方法を選択せざる得ない場合もあります。

ただし、こうした条件は医師の診断で分かることなので、まずは実際に自分の歯並びや歯の状態を診察してもらうことが大切です。
また、あごに問題のある歯並びの悪さはあごや歯全体への処置が必要となることもあります。

部分的な歯並び矯正でブラケットを利用することもあります

一部分のみの歯並び矯正では、ブラケット矯正を利用する方が良い場合や、ブラケットによる矯正とセラミックを併用して行うこともあります。
ブラケットを利用する歯並び矯正の方法は、矯正器具をつけて歯を動かす期間がかかります。
全体的な矯正よりは部分的な矯正の方が短い傾向があります。

ブラケットで部分的な矯正をする場合には、通常の矯正とは違い、歯並びに問題のある部分のみに矯正器具を装着するのが一般的です。
上の歯だけ、下の歯だけといった比較的広い範囲の歯並びの調整が必要となった場合には、全体を整えられるブラケット矯正も効果的になります。
ただし、ブラケット矯正を行う場合には、歯の色や形などの調整は行えませんし、ブラケットによって歯の磨き残しリスクが高くなるなど注意点も理解しておくことが必要です。

(まとめ)歯並びを部分的に矯正することはできる?

1.歯並び矯正は部分的に利用できる方法もあります

歯並びの矯正は自分が必要となる部分のみで行うことが大切です。
歯並び矯正の方法はいろいろあるので、できるだけ余計な負担や期間などをかけないような方法を選びましょう。

2.歯並びの部分的な矯正はセラミック矯正が向いています

歯並びの部分的な矯正のためには、セラミッククラウンを被せるセラミック矯正が良さそうです。
他の歯を土台にして歯を引っ張る必要がないため、問題のない歯や歯茎に影響を与えることなく行えます。

3.部分的な歯並びの矯正でも条件によってはセラミックを使えないこともあります

部分的な歯並びの矯正でセラミックを使えないこともあります。
その人の歯の向きや形によって、また歯の病気がある場合などでは利用できません。
また、あごの問題によって歯並びが悪い場合には全体的な対処が必要となりそうです。

4.部分的な歯並び矯正でブラケットを利用することもあります

セラミック矯正ではなくブラケット矯正で部分的な歯並びの矯正を行うこともあります。
比較的広い範囲の部分矯正には効果的です。
ただし、虫歯のリスクがあったり審美面の調整ができないなどのデメリットも理解しておきましょう。

1077
Return Top