湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びをインプラントで矯正するメリットとは?

歯並びの矯正をインプラントで行うと時間短縮できます


歯並びの矯正というと、矯正器具をつけて何年も過ごすことになるイメージがあります。
しかし、インプラントによる歯並び矯正では比較的短期間で美しい歯並びを作ることができます。
通院しなければいけないことは当然ありますが、きちんと施術を受けることで長く快適な状態を保つことが出来るでしょう。

歯並びの矯正をインプラントで行う場合には、保険ではなく自由診療となり、コストなど心配なこともありますが、分割払いなどを利用することで一時的な負担を減らすことが出来ます。
長い期間をかけないインプラントのメリットが負担をかけずに得られるでしょう。

インプラントとインプラント矯正は種類の違う方法です

歯並びを良くする歯の施術方法としてインプラントを考える場合には、インプラントとインプラント矯正の違いを知っておく必要があります。
インプラントというのは、歯科では失った歯を人工の歯で補うと言うものです。
歯列矯正でも部分的にインプラントを利用する方法が使われています。
インプラントは歯の土台の器具のことで、その上にクラウンと同じような人工の歯をかぶせます。

一方インプラント矯正とは、歯並びのブラケット矯正と少し似ています。
インプラント矯正ではインプラントを歯の変わりに利用するのではなく、歯を引っ張る土台として利用します。
新しい方法であり、まだ実施しているクリニックも少なく、やや選択しにくい方法となります。

インプラントによって一部の歯並び矯正を行う場合も、新しいインプラント矯正でも、矯正の期間は従来のブラケット矯正よりも短くて済みます。
また、動かす必要のない歯に対する負担も減らすことが出来て、自分の健康な歯を守りながら行える方法と言えます。

インプラントの歯を利用する歯並び矯正は部分的な矯正に向いています


インプラントで歯並びを治すメリットとして時間短縮の魅力が感じられるのは、部分矯正です。
歯並びの部分矯正では、人工の歯を入れて行うインプラントの方法を用いることができるでしょう。
インプラントは自分の歯の変わりに部分的に入れることができ、色や形の調整も行うことも可能となります。

部分的にインプラントを利用することで、周りの歯には負担をかけることなくピンポイントに歯並びの悪い歯のみをキレイにすることができます。
また、歯を失った場合にも歯並びは悪くなってしまうので、そうならないためにも部分的なインプラントを使うことがあります。
インプラントの寿命は確実ではありませんが、ずっと使い続けられるように保証制度などがあるところで受けると安心です。

人工の歯ではありますが、噛み合わせや見た目の印象が自然で快適にものをかむことが出来ます。

新しいインプラント矯正は全体的な歯並びに使えます

部分矯正でよい効果を発揮するインプラントの利用とは違い、新しいインプラント矯正では全体的な歯並びの矯正に利用することができます。
新しいインプラント矯正では、あごの骨に矯正用のインプラントを埋め込んで、そこを土台にして歯を引っ張って歯並びを改善します。
歯を土台にして引っ張ることがないので、正しい位置にある歯への負担を減らして、より効果的に全体の歯並びを整えられると考えられています。

インプラント矯正では土台のインプラントとブラケットをつないで歯を動かします。
効率よく引っ張ることができるため、期間短縮が期待できます。
ただし、インプラント矯正では従来のブラケット矯正同様に器具を装着する期間がないわけではありません。

インプラント矯正はまだ新しい矯正方法であり、限られた機関でしか受けられませんし、インプラントを埋めた部分のケアも必要となります。
また、普通のインプラントと同じようにインプラントを埋める施術が必要となるほか、外す処置も必要です。

(まとめ)歯並びをインプラントで矯正するメリットとは?

1.歯並びの矯正をインプラントで行うと時間短縮できます

歯並びの矯正はインプラントによって比較的短期間で完了できるようになっています。
コストの心配も分割にするなどで減らすことができ、メリットを追求しやすくなりました。

2.インプラントとインプラント矯正は種類の違う方法です

インプラントを歯並び矯正に利用する場合には、一部分の歯をインプラントにする方法とインプラントを土台として利用する矯正方法fがあります。
一部の歯をインプラントにする場合もインプラント矯正も、期間短縮と自分の歯を守ることが出来ます。

3.インプラントの歯を利用する歯並び矯正は部分的な矯正に向いています

インプラントの人工の歯を矯正に使うことで部分矯正が快適に行えます。
部分矯正でインプラントを利用することで、周りの歯にも悪影響を与えずに自然で美しい仕上がりが可能です。

4.新しいインプラント矯正は全体的な歯並びに使えます

新しいインプラント矯正では、全体的な歯並びの矯正を行うことが出来ます。
効率よく歯を移動できるため、期間短縮が期待できます。
ただし、インプラント矯正ではブラケット装着や着脱の施術が必要となります。

8128
Return Top