湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びで横顔の印象が変わる?

歯並びが悪いと横顔のバランスが悪くなります


歯並びは顔の印象を変えると言われています。
特にあごや噛み合わせなどに問題がある場合には、横顔のラインが悪くなるリスクがあります。
理想的な美しい横顔は鼻先とあごの先のバランスが整っている状態ですが、歯並びの悪さによってこのバランスが崩れると横顔に違和感を覚えやすくなります。

横から見た顔は鏡などではあまり見ないものかも知れませんが、周りからはよく見えるものです。
自分が気づいていない時から横顔のバランスの悪さを皆が気づいていたらショックです。
横顔の印象を改善するには適切な歯並びの矯正が必要となるでしょう。

歯並びで横顔に影響があるのはあごの位置が正しくないためです

歯並びや噛み合わせが悪いと、あごの位置が悪くなります。
そうなると、鼻とあご、唇の位置のバランスが取りにくくなってしまいます。
アメリカの歯列矯正の分野では、横顔を見たときに鼻とあごのバランスについての基準がありますが、歯並びや噛み合わせが悪いとその基準から外れてしまうそうです。

横顔の美しいバランスの基準は「Eライン」と呼ばれているものです。
横から見た顔の鼻先とあごの先の2つの点を線で結んでできたラインのことを言います。
このラインの上に唇がない場合には、美しい横顔とは言えないと考えられています。

このライン上に唇が来ておらず、引っ込んでいたり出っ張っているということは、その内側にある歯並びやかみ合わせが何らかの影響を与えているのかも知れません。
このラインが整っていなければ、見た目の美しさだけでなく、何らかの問題を歯やあごが抱えている可能性もあるため、注意が必要です。

横顔を正したいための歯並び矯正にはあごの調整も必要となる可能性があります


横顔のEラインのバランスが悪くて、唇が引っ込んでいたり出っ張っている場合には、歯並びの矯正で歯のみを整えるだけでなくあごを動かして調整することも必要となるかも知れません。
出っ歯や受け口などの診断を受けた場合には、歯の生えかたが問題となることもありますが、あごの位置や上下のバランスが先天的にずれていることもあります。
そのようなケースであれば、歯並びを治すことも大切ですが、それにプラスしてあごの施術などを行うこともあります。

歯並びの矯正方法にはセラミック矯正やブラケット矯正などがあります。
また、あごの調整の仕方では上顎分節骨切り法と呼ばれる骨の移動方法を用いることができます。
上顎分節骨切り法はセットバック法とも呼ばれているもので、歯がついた状態のあごを骨きりして移動させる方法です。
これによって上下のどちらに問題がある場合でも、骨を移動することが出来て、かみ合わせを改善することが期待できます。

歯並びの矯正は方法によってかかる時間が違います

歯並びの矯正とあごの調整で横顔のバランスを整える場合には、歯並び矯正とあごの施術の二つを行うことが必要となります。
あごの位置の移動方法は、その人のあごの状態などで必要な施術や時間は変わりますが、歯並びの矯正方法ではその方法を選べることがあり、方法の違いによって矯正が終わるまでの期間が変わってきます。

歯並びと横顔の美しさが気になる場合には、できるだけ早く完了させたいと思う人も多いものです。
また、矯正器具をつけたままの生活を嫌がる人もいるでしょう。
歯並びの矯正を早めに終わらせることができるのは、セラミック矯正と呼ばれる方法です。

セラミック矯正は、セラミックの被せもの(クラウン)を被せることで歯並びを治すというものです。
矯正器具を装着して歯を移動させる方法とは違うため、官僚までの時間が短くて済みます。
見た目が気になったり、たくさんの人と毎日会う必要のある仕事についている場合には、セラミック矯正でスムーズに矯正を終わらせる方が快適と感じることもあるでしょう。

(まとめ)歯並びで横顔の印象が変わる?

1.歯並びが悪いと横顔のバランスが悪くなります

歯並びが悪いことであごの位置のバランスが悪くなり、横顔の見た目が悪くなります。
自分で目にする機会は少ないため、意識に上りにくい部分ですが、周囲の視線が気になる方は矯正などで整えることが必要です。

2.歯並びで横顔に影響があるのはあごの位置が正しくないためです

歯並びやかみ合わせが悪いと横顔の鼻と唇、あごを結ぶラインが乱れます。
これによって美しさにも影響がありますが、その奥にある歯やあごの問題がある可能性にも注意が必要です。

3.横顔を正したいための歯並び矯正にはあごの調整も必要となる可能性があります

横顔のバランスを整えるためには歯並びの矯正だけでなく、あごを整えることも必要かも知れません。
あごの骨を移動する方法で上下どちらのバランスが悪くても改善できるでしょう。

4.歯並びの矯正は方法によってかかる時間が違います

あごの調整のための施術はその人の状態によって必要な施術が違いますが、歯並びの矯正方法は選べる場合があります。
時間がかかるものが嫌な場合にはセラミック矯正の方が利便性が高そうです。

8825
Return Top