口臭は、舌苔の除去や歯周病治療でスッキリしよう

口臭を気にしたことがある人は約8割

%e5%8f%a3%e8%87%ad%e3%81%af%e3%80%81%e8%88%8c%e8%8b%94%e3%81%ae%e9%99%a4%e5%8e%bb%e3%82%84%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%a7%e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%81%97%e3%82%88

現代社会は“におい”に敏感になっており、においで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント(スメハラ)」なる言葉もあります。日本歯科医師会の調査によると、口臭は歯や口の悩みの第3位で、口臭が気になった経験が「ある」人は、性別や年齢を問わず8割に達しています1

口臭の有無は、未使用の紙コップやポリ袋に息を吹き込んだ直後ににおいをかぐとわかります。

悪臭の正体は?

口臭とは、吐く息が第三者にとって不快なものをいいます。不快なにおいの正体は「揮発性硫黄化合物(VSC)」と総称されるガスです。なかでも、卵が腐ったようなにおいの硫化水素、血なまぐさいメチルメルカプタン、生ゴミのようなにおいのジメチルサルファイドが3大原因物質とされています。これらにさまざまな物質のにおいが混じり、一定以上のレベルになると口臭として感じられるのです。

VSCは、新陳代謝などによってはがれた口腔粘膜などのたんぱく質が、口の中にすんでいる細菌によって分解されることで発生します。たんぱく質は唾液で洗い流されるので、唾液の量が少ないとにおいが強くなります。睡眠中は唾液の分泌が減るので、だれでも起床直後は1日のうちで最も口臭が強くなっています。

また、洗い流されなかった粘膜細胞や死んだ細菌は、舌の上にたまってはりつき、白い汚れのように見えます。この「舌苔(ぜったい)」は口臭の発生源になります。

生理的な口臭は「舌みがき」で改善する

口臭は糖尿病や腎臓病などの病気でも生じることがありますが、90%以上は口の中の汚れや口の中の病気が原因です2。つまり、口腔ケアを十分に行い、必要な歯科治療を受ければ、口臭は改善しますし、予防することもできるのです。

原因となる病気がないものを生理的口臭といいますが、その原因の多くはブラッシング時のみがき残しや舌苔、入れ歯についた汚れなど。なかでも主役は舌苔なので、生理的口臭は舌の清掃(舌みがき)で改善できます。

舌みがきは起床後、歯をみがく前に行います。まず、舌の奥のほうに白~薄黄色の舌苔がついているかどうかを確認します。ついていなければ舌みがきは必要ありません。

舌苔がついていたら、舌ブラシなどの専用器具ややわらかめの小さな歯ブラシを水でぬらします。舌をできるだけ前に突き出し、息を止めて、ブラシを舌の奥から手前に動かして舌苔を落とします。このときブラシが口蓋(口の中の上側の部分)に触れないようにすると、吐き気が起こりにくくなります。舌は傷つきやすいので、ゴシゴシこすったり、やりすぎたりしないこと。行うのは朝だけにし、ブラシは10回動かすぐらいが目安です。その後、ブクブクうがいとガラガラうがいを行い、歯みがきに移ります(1)。

舌みがきのポイント

(1)1日1回、起床後の歯みがき前に、白~薄黄色の舌苔が舌の奥についているかチェック。
(2)ついていたら、水でぬらした舌ブラシややわらかめの小さな歯ブラシを用意。
(3)舌をできるだけ前に出す。
(4)息を止め、ブラシを奥から手前に10回ほど動かす。
(5)ブクブクうがいとガラガラうがいをしてから歯みがきをする。

歯周病も口臭の原因に

口臭の原因となる口の中の病気の代表は歯周病です。歯周病になると歯と歯肉の間に歯周ポケットができますが、口の中の細菌にはそこが格好の住みかになります。細菌の中でも嫌気性(けんきせい)細菌と呼ばれるものは、口臭の本体である硫化水素やメチルメルカプタンを産生するため、口臭は歯周病のおもな症状の1つに数えられています。歯周病の治療をすることは、口臭対策としてとても重要なのです。

1)日本歯科医師会, 歯科医療に関する意識調査 2016

2)花王ハイジーンソリューション, No.18 口臭と口腔ケア. 2018

《参考資料》

下山和弘, 秋本和宏(編), カラー版 やさしい歯と口の事典.医歯薬出版 2018

朝波惣一郎(著)ほか, このまま使える Dr.もDHも!歯科医院で患者さんにしっかり説明できる本 患者教育に重要なトピック14. クインテッセンス出版 2019

44
Return Top