歯周病は歯を失う最大の原因。早めの対策を!

歯周病は歯を失う最大の原因

歯周病は感染症

健康な歯は簡単には抜けません。それは、歯周組織に守られているからです。

歯が埋まっている顎の骨を歯槽骨(しそうこつ)といいます。歯槽骨と歯の根の間には、歯根膜(しこんまく)という結合組織があり、骨と歯をしっかり結びつけています。その歯槽骨の外側は、一般に歯ぐきと呼ばれる歯肉でおおわれています。歯肉、歯槽骨、歯根膜、歯の根の表面のセメント質を含めて、歯周組織と呼びます。

歯周病は、この歯周組織の感染症です。歯肉と歯の境にある深さ1~2mmの歯肉溝(しにくこう)という隙間に歯周病菌がすみつき、次第に歯肉の奥へと進みます。それにつれて溝は深くなり、歯肉ポケット、さらに歯周ポケットと呼ばれる状態になります。やがて歯周病菌は骨をも溶かし、最後には歯が抜けてしまうのです。

症状は、歯肉から膿が出る、口臭が強くなる、歯がぐらつくなどですが、これらが現れるのはかなり進行してからで、初期にはそのようなはっきりした症状はありません。比較的早い段階から見られるのは、歯肉の腫れやブラッシング時の歯肉からの出血です。歯みがきで出血したら歯周病のサインと考えられます。「歯ぐきが痛い、はれている、出血がある」人は、24歳以下では5%未満ですが、25歳以上で急増し、25~64歳では約15%にのぼっています。

ポケットが深くなり、骨が溶けていく

歯周病は、その第一段階である歯肉炎と、その後に続く歯周炎との総称です。歯周炎は軽度、中等度、重度の3段階に分類されます(1)。

中等度の歯周炎

歯肉が少し下がってきます。歯が揺れる、口の中が粘つく、口臭が強くなるなどの症状が現れます。歯の隙間から息がもれて「サ行」が発音しにくいこともあります。歯周ポケットは4mm以上になります。歯槽骨の吸収が進み、骨が細くなります。

重度の歯周炎

歯肉が下がって歯が長く見え、歯と歯との隙間も目立ってきます。歯がぐらつき、歯肉から膿が出ます。かみづらく、発音もしにくくなります。歯周ポケットは6mm以上です。歯槽骨の吸収は歯根に及びます。さらに進むと歯槽骨が溶け、歯は土台を失って抜けてしまいます。

図1 歯周病の進行

歯肉炎

%e8%bb%bd%e5%ba%a6%e3%81%ae%e6%ad%af%e5%91%a8%e7%82%8e

中度の歯周炎

重度の歯周炎

抜歯に至った原因はむし歯より多い

歯周病はゆっくりじわじわと進行する病気で、歯肉炎の状態から歯が抜けるまでの期間は15~30年ほどといわれています。

早期に治療を始めれば完治も可能ですが、重症化してからの治療では抜歯が避けられないことも少なくありません。歯科医院を対象にした調査によると、抜歯に至った原因は歯周病が37.1%、むし歯は29.2%でした2)。歯を失う最大の原因は歯周病なのです。

 

参考文献

1)厚生労働省, 平成28年歯科疾患実態調査
2)8020推進財団, 第2回 永久歯の抜歯原因調査 2018

472
Return Top