マウスピース洗浄剤で歯の黄ばみは無くなる?

歯の黄ばみ対策ならマウスピースと光のW使いがおすすめです


マウスピースを使った歯の黄ばみ対策は、マウスピースと薬剤を使って歯を白くする方法です。家庭でも歯を白くする対策ができることから、ホームホワイトニングと呼ばれています。

薬剤は過酸化水素を用いたもので、薬剤の濃度が歯を白くする効果に関係します。濃度が濃い薬剤は歯医者専用のものとなっているため、市販では入手できません。

さらにホームホワイトニングの薬剤でも歯を白くする効果に限界があるため、歯をより白くしたい方は薬剤と光のW使いがおすすめです。

マウスピースを用いたものは歯を漂白する方法です

歯の黄ばみの原因となるのは、食べ物に含まれる色素が歯に付着することです。着色汚れは毎日の歯ブラシや、歯医者でのクリーニングである程度を落とすことはできます。

しかしそれだけでは、歯が白くなった実感を得ることが難しいでしょう。なぜなら私たちアジア人はもともと歯が黄色みかかっている特徴を持っているからです。

さらに加齢によっても歯の色が濃くなりやすく、毎日のブラッシングや歯医者のクリーニングだけでは、歯を白くすることはできなくなります。そこで利用したいのがマウスピースを使って歯を白くする対策です。

マウスピースを使ったホワイトニングは、歯の下層にある象牙質に対し薬剤を使って漂白する方法です。

歯の表面にあるエナメル質は無色透明なのですが、下にある象牙質が黄ばんでくることで歯が黄色く見えます。

象牙質を直接漂白する方法で、白い歯に近づけることができます。薬剤は象牙質まで浸透することができるため、歯を削らなくても歯を白く導くことが可能です。

マウスピースを使ったホワイトニングの場合、回数を重ねるごとに歯が白くなっていきます。

薬剤を歯に浸透させるため効果が得られるには時間がかかりますが、家庭でも歯を白く対策ができることから手軽さがあります。

ホームホワイトニングでも歯医者へ通う必要があります


マウスピースを使ったホワイトニングは家庭で使用できますが、その前に歯の状態を確認しなければなりません。そのためホームホワイトニングでも歯医者に通う必要があります。

ホワイトニングは虫歯や歯周病など歯のトラブルがある際には使えません。薬剤を使って歯を漂白する方法のため、歯が健康な状態を確認してからホワイトニングを開始します。

歯に異常がある場合はホワイトニングの前に問題がある箇所の施術を行います。またホームホワイトニングを開始する前に、歯のクリーニングも行うと効果が高まります。

歯の表面や歯と歯茎の間には歯垢や歯石が付着しているためです。歯垢や歯石があると薬剤の浸透力が落ちるため、事前に歯のクリーニングをします。

毎日歯磨きをしても歯垢や歯石は付いてしまうもので、定期的な歯のクリーニングが必要です。マウスピースを使ったホワイトニングをする場合は、家庭だけのケアのみでは歯を白くすることはできないと考えてください。

ホワイトニングだけだと薬剤の浸透にムラが生じてしまうためです。歯垢や歯石の除去は、虫歯や歯周病の予防にも役立つため、定期的な歯のクリーニングを活用しましょう。

歯のクリーニングは、食べ物の色素による歯の黄ばみもある程度落とすことはできます。

ホームホワイトニングは光で効果が高まります

ホワイトニングをする場合、過酸化水素の薬剤だけでは歯を白くする限界があります。より歯を白くしたい場合は、薬剤と光の併用が必要です。

まったく同じ薬剤を使っても光の照射で効果が変わるため、ホームホワイトニングでも光を併用することで効果が高まります。過酸化水素は熱を与えることで活性化することができます。

しかし高熱になる紫外線やプラズマライトだと熱により歯髄への影響があるため、ホームホワイトニングでは光の種類も考慮します。日本人はとくにエナメル質が薄いため、歯髄の影響を考えなければなりません。

ホームホワイトニングでは、光が弱いLEDを使ったものが多くなっています。LEDは発熱が少なく安全に使えるもので、知覚過敏の方でもムリなく使うことができます。

過酸化水素と光の両方を使えば、市販の洗浄剤とLEDを使ったホワイトニングと比べて効果が高まりやすいです。ホームホワイトニングで使う光は、携帯性に優れたコンパクトサイズのものです。

電源がUSBに対応しているものでは、携帯電話やパソコンから電源を取ることができます。短時間の照射で済むようになっているため、忙しい人でも家庭でホワイトニングが可能です。

(まとめ)マウスピース洗浄剤で歯の黄ばみは無くなる?

1.歯の黄ばみ対策ならマウスピースと光のW使いがおすすめです

マウスピースを使った歯の黄ばみ対策は、ホームホワイトニングといいます。過酸化水素の薬剤を使って歯を白くするもので、濃度が濃いものは歯を白くする効果が高く歯医者専用です。

さらに歯を白くするには、薬剤と光の併用が必要になります。

2.マウスピースを用いたものは歯を漂白する方法です

もともとアジア人は歯が黄色みかかっていることと、加齢により歯が黄ばんでくる特徴があります。マウスピースを使って薬剤を歯に浸透させれば、歯を少しずつ白く導くことができます。

薬剤を使った方法なら、歯を削る必要がありません。

3.ホームホワイトニングでも歯医者へ通う必要があります

マウスピースを使ってホームホワイトニングする場合でも、歯医者に定期的に通う必要があります。虫歯や歯周病があると薬剤が使用できないためです。

歯に歯垢や歯石が付いていると効果も落ちるため、定期的な歯のクリーニングを利用しなければなりません。

4.ホームホワイトニングは光で効果が高まります

マウスピースを使ったホームホワイトニングを考えているなら、薬剤とLEDの光を併用することをおすすめします。歯を白くする薬剤の過酸化水素は、熱で効果が高まるためです。

家庭用のLEDライトなら光が弱く安全性で、歯髄への影響も少なくなっています。

1112
Return Top