アルミホイルを使った歯の黄ばみ対策は安全ですか?

アルミホイルの歯の黄ばみ対策はおすすめできない方法です


アルミホイルを使った歯の黄ばみ対策は、口コミで広がった民間療法です。歯の黄ばみを落とす正式な対策ではないため、安全性は保証されていません。

アルミホイルと重曹を一緒に使うと化学反応がおこり、汚れを浮かしやすなるといわれています。シルバーアクセサリーの汚れ除去には使えますが、口の中に使って大丈夫なのか検証されているわけではありません。

重曹を使った対策はうがいに留めると安心です

アルミホイルと重曹を使用して歯をきれいにするという方法があると言われていますが、これには医学的根拠がありません。化学反応を利用してシルバーアクセサリーをきれいにする方はありますが、これをそのまま人体に当てはめることはできないでしょう。

ただ重曹を使った歯の黄ばみ対策には、アルミホイルを使う方法以外にも、歯磨き剤として使うやり方もあります。しかし重曹は研磨力が強いため、歯のエナメル質を傷つける恐れがあるでしょう。

重曹で歯を擦ればしつこい汚れを落とすことができる一方で、歯の表面に傷を付けて汚れを付着させてしまいます。重曹を使った歯の黄ばみ対策は、重曹うがいなら安心して使えるでしょう。

うがいに使う場合は、水500mlに対して重曹を約3g入れます。歯磨きをした後に重曹水でうがいをすると、汚れ除去の効果が期待できるでしょう。

重曹はナトリウムの炭酸水素塩のことで、水に溶かすとアルカリ性になります。健康な口腔はアルカリ性になっているのですが、食後は虫歯菌が酸をつくりだし酸性に傾きます。

食後の酸性を中和するために、重曹水を活用することができるでしょう。重曹水は歯磨き後のうがいに使ったり、食後で歯磨きができないときのマウスウォッシュとして使ったりできます。

水と混ぜ合わせた重曹水は、冷蔵保存をして1週間以内に使い切ってください。重曹には料理に使えるものと、掃除用タイプがあります。

掃除用は体に入れると悪影響が出る可能性があるため、必ず料理用を使いましょう。

重曹での歯磨きは市販の商品が安心です


重曹を使って歯を磨きたいと考えている方は、重曹そのものを使うのではなく、重曹入りの歯磨き剤を使ってケアしましょう。そのまま重曹を使ってしまうと、粒子が荒くエナメル質を傷つける恐れがあります。

重曹入り歯磨き剤は、研磨剤不使用のものが売られています。研磨剤を使って歯を磨くと汚れ落としにはなりますが、歯を傷つける可能性があるため、配合していないものが安心です。

商品の中には、石けん素地と重曹を使った天然成分の歯磨き剤もあります。天然成分のみの歯磨き剤は泡立ちが悪くなりますが、体や環境に負担をかける成分は含まれていません。

重曹も食品に使えるものなら人体に対し安全性が高くなっています。歯の黄ばみは食品に含まれる色素と、歯の表面にあるたんぱく質が結びついて起こります。

重曹はたんぱく質分解作用が期待できるため、歯の黄ばみ対策として使えるでしょう。もともと重曹は掃除用の洗剤としても使われているもので、油汚れや茶渋を落とす目的でも活用されています。

効果が期待できるのは歯医者でのホワイトニングです

重曹を使ったケアでは、歯に付着した汚れを除去するまでです。もともと歯が黄ばんでいる人や、汚れが定着してしまった方は、重曹でのケアでは効果を実感しにくいかもしれません。

また自己流でのホワイトニングは、歯を傷つけてエナメル質を薄くするリスクがあります。エナメル質が薄くなると、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えやすいです。

象牙質は黄色っぽい色をしているため、セルフケアを続けると逆効果になる場合もあるでしょう。高い効果を期待するなら、専門クリニックのホワイトニングも検討してみましょう。

ホームホワイトニングならクリニックで薬剤を処方してもらい、自宅でマウスピースと薬剤を使ってケアができます。クリニックで歯を白くするスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)も利用できます。

一般的な市販のホワイトニング商品と比べて、薬剤を使って歯を漂白するため効果が期待できるでしょう。薬剤と光を併用することで、効果を高めることもできます。

歯医者でのホワイトニングは、1回の施術で60分程度かかります。費用は自費診療となるため、事前に確認しておきましょう。

ホームホワイトニングを選択すると、費用を抑えやすいです。

(まとめ)アルミホイルを使った歯の黄ばみ対策は安全ですか?

1.アルミホイルの歯の黄ばみ対策はおすすめできない方法です

口コミで見かけるアルミホイルの歯の黄ばみ対策は、あくまでも民間療法の1つです。アルミホイルと重曹を使って化学反応をおこさせて、汚れを除去します。

口の中で使っても大丈夫という安全性が保証されたものではありません。

2.重曹を使った対策はうがいに留めると安心です

重曹を使った歯の黄ばみ対策は、重曹水をうがいに使う方法なら安心でしょう。料理にも使える重曹なら、体への負担が少なくなります。

歯磨き後や歯磨きができないときに、重曹水でうがいをしてみてください。

3.重曹での歯磨きは市販の商品が安心です

重曹を使って歯を磨きたい方は、重曹入りの歯磨き剤を活用しましょう。市販の商品なら歯に使っても安全性が高い成分を使用しています。

天然成分のみの場合は、泡立ちにくくなりますが、身体への負担は少なくなるでしょう。

4.効果が期待できるのは歯医者でのホワイトニングです

高いホワイトニング効果を期待するなら、歯医者でのホワイトニングがおすすめです。

薬剤とマウスピースを使って家庭でケアするホームホワイトニングや、歯医者でケアするスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)が利用できます。

908
Return Top