仮歯にヒビ割れが起きたらどうすれば良いの?

仮歯にヒビ割れが起きたら歯科医に相談した方が良いです


仮歯には歯列の見た目を整える機能だけでなく、治療箇所を細菌から保護し、型どりを行った時の噛み合わせが変わらないようにする機能があるといえます。

そのため、もし仮歯にヒビ割れが起きてしまうと、本来の機能が十分に働かなくなるでしょう。

万が一仮歯がヒビ割れてしまったときは、破片なども捨てずに、速やかに歯科医に相談すべきです。

仮歯には重要な機能があると考えられています

仮歯は本番の歯が入る前の仮の歯ですが、仮歯の持つ機能は実にさまざまです。

まず、歯列の見た目を整える機能です。

とくに前歯の場合、歯が一本抜けているだけで審美性を大きく損ないますから、治療中は仮歯を入れるのが一般的となります。

また、それだけではなく、仮歯には治療中の歯にとって蓋のような存在だといえます。

仮歯がない状態では、治療中の歯を細菌から護ることができません。

仮歯がヒビ割れた場合も同様で、隙間から細菌が入り込む可能性が高くなります。

細菌に感染してしまうと、その歯は虫歯に侵されてしまい、最悪の場合歯周病へと進行してしまう恐れがあります。

そして、仮歯にはもう一つ、噛み合わせが変わらないようにするという機能があります。

本番の歯の型どりを行ってから装着するまでの期間、仮歯がなければ隣の歯が動いてしまったり、歯茎が覆いかぶさってきたりします。

仮歯の形が悪ければそのように隣の歯も動いてしまい、本番の歯が合わなくなる可能性があるでしょう。

そのため、もし治療中に仮歯がヒビ割れてしまった場合、速やかに歯科医に相談した方が良いです。

破片もすべてクリニックに持っていき、修復もしくは作り直しで対応してもらいます。

仮歯は強い力が加わることでヒビ割れします


通常であれば仮歯は割れることはありませんが、必要以上に負担をかけてしまうとヒビ割れの可能性が高まります。

仮歯にヒビ割れが生じてしまう原因についてみていきましょう。

硬い食べ物を噛む

仮歯はプラスチックでできているものが多く、セラミックに比べると強度に劣ると考えられています。

そのため、強い力が加わることでヒビ割れを起こしてしまう恐れがあるでしょう。

せんべいやあられ、するめ、ガム、飴といった硬さのある食べ物は避けた方が無難です。

就寝時の食いしばり

食いしばりの癖がある方は、就寝時に無意識のうちに強い力を与えてしまいがちです。

寝ている間に仮歯がヒビ割れする可能性もあるため、食いしばりの癖に対策を行うことが必要です。

また、歯ぎしりの癖にも同様のことがいえます。

夜間用のマウスピースや、歯ぎしりガードなどを装着することで就寝時にこれらの癖を防止する効果が期待できるでしょう。

素材の劣化

プラスチックは耐久性が低いため、数か月経過すると徐々に劣化していきます。

摩耗や変色を起こすだけでなく、素材自体が脆くなり、少しの負担でもヒビが入ってしまうことがあります。

ヒビ割れた仮歯が原因でご自身の歯が割れてしまうことがあります

ヒビ割れが起きた仮歯をそのまま装着していると、ご自身の本来の歯まで割れてしまう可能性があります。

左右が奥歯まで均等に噛んでいること、前歯から奥歯までがきちんと噛めていることが理想的な噛み合わせの条件と言ってよいでしょう。

しかしながら、ヒビ割れた仮歯をそのままにしておくと、一部の歯に強い力が加わってしまうことになります。

その力に耐え切れなくなったとき、歯が割れてしまうことがあるのです。

また、ヒビ割れした仮歯の隙間から細菌に感染し虫歯や歯周病になってしまうと、歯が動いてしまうことがあります。

その動きによって負担をかけられた歯が割れてしまう可能性もあります。

歯が割れてしまうと、保存治療できる場合とできない場合に分かれます。

できる場合にはセラミッククラウンの装着を行うことも可能ですが、できない場合は抜歯が必要となることもあります。

抜歯を行ったとしても、インプラント治療などで歯の機能は回復が可能です。

(まとめ)仮歯にヒビ割れが起きたらどうすればいいの?

1.仮歯にヒビ割れが起きたら歯科医に相談した方がいいです

仮歯を入れる目的は一つではありません。

見た目を整えること、細菌から治療箇所を保護すること、噛み合わせの変化を防ぐことなどさまざまです。

仮歯にヒビ割れが起きると、本来の機能が果たせなくなるため、すぐに歯科医に相談しましょう。

2.仮歯には重要な機能があると考えられています

仮歯にヒビ割れが起きたときは、すぐに歯科医に相談すべきです。

その理由として、仮歯には審美性を維持すること、細菌からの感染を防ぐこと、噛み合わせが変わらないようにすることという重要な機能があるとされているからです。

3.仮歯は強い力が加わることでヒビ割れします

仮歯は硬い食べ物を噛んだり、就寝時に食いしばりや歯ぎしりをしたりすることでヒビ割れしてしまう可能性があります。

そのため、硬さのある食べ物を避けること、夜間用マウスピースを装着して対策を行いましょう。

また、素材の劣化で割れやすくなることがあります。

4.ヒビ割れた仮歯が原因でご自身の歯が割れてしまうことがあります

ヒビ割れが起きた仮歯が原因で、一部の歯に強い力が加わったり、歯が動いてしまったりしてご自身の歯まで割れてしまう可能性があります。

歯が割れた場合、セラミッククラウンの装着、もしくはインプラント治療で歯の機能を回復することができます。

1411
Return Top