湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックは施術前に歯の神経を取る?

重度の虫歯がある時はオールセラミックの施術をする前に神経を取ることがあります


オールセラミックを希望しているお客様が重度の虫歯を患っている場合、オールセラミックの施術を行う前に歯の神経を取る施術をすることがあります。

健康な歯でなければオールセラミックの施術を行うことができないため、虫歯の進み具合によっては歯の神経を取る必要があるからです。

また虫歯がないお客様に対しても、現在の歯並びの状態や希望によって、歯の神経を取る場合もあります。カウンセリングの時に医師から説明があるので、わからないことは積極的に聞いて疑問を解決しておきましょう。

虫歯は進行すると歯の神経も細菌に感染します

虫歯は進行度合いによって、症状がC0~C4に分類されています。C0の虫歯は初期の虫歯で、まだ重篤な症状ではないですが、C4まで段階が進んだ虫歯は歯の神経や骨にまで虫歯菌が達します。

C0の虫歯

C0の虫歯は痛みはまだなく、歯の表面からカルシウムなどが溶け出している状態です。虫歯の症状としては初期段階にあたりますが、確実に虫歯になっているので油断はできません。

放置すれば虫歯は進行していきますが、医師に相談すれば元の健康な歯に戻せる可能性が残っています。正しい歯磨きのやり方を教えてもらい、毎日ケアを続けると虫歯が悪化するのを防ぐことが可能です。

C1の虫歯

歯の外側は硬いエナメル質で覆われていますが、虫歯が進行してC1まで進むと、エナメル質が溶け出していきます。C1の段階でもまだ痛みはないので、虫歯が悪化していることに気づきにくい状態でもあります。

歯の表面にツヤがなかったり、色が薄茶色っぽくなったりするのは、C1の虫歯の特徴です。普段から定期検診に通っていると、この段階に進む前に虫歯を見つけられます。

C2の虫歯

虫歯がC2まで悪化すると歯が黒くなったり、穴が空いたりするので、見た目にも虫歯になっているのがわかります。歯の神経まで細菌が達しているので、冷たいものや熱いものが歯に染みやすいです。

C3の虫歯

C3まで進んだ虫歯は神経に炎症が起きているため、強い痛みを伴います。痛みが止まることもありますが、歯の神経が死んだせいで痛みが一時的に止まっているだけです。

C4の虫歯

C4は歯をほとんど失っている状態で、歯の神経は完全に死んで強い臭いが出てきます。歯の骨まで虫歯が達しているため、発熱したり、リンパが腫れたりします。

重度の虫歯は歯の神経を取ることがあります


細菌が歯の神経まで到達してしまうと、虫歯になった部分を削ったくらいでは症状を食い止めることができません。

歯の神経が炎症を起こしている場合は、歯の神経を殺菌し、場合によっては歯の神経を取る必要が出てきます。

歯の神経の施術と聞くと恐い印象があるかもしれませんが、歯の基礎工事のようなもので、歯の健康を守るために必要な施術です。虫歯のせいで神経が炎症を起こした歯にオールセラミックを施しても、土台がしっかりしていないので、歯を美しくしたことになりません。

オールセラミックの施術をする前には必ずレントゲン検査やCT検査で、お客様の歯の現状を確認します。検査で虫歯が見つかった場合は、虫歯に対する施術をする必要があるので、医師と相談しながら施術計画を立てましょう。

正しい虫歯ケアがオールセラミックを長持ちさせる秘訣です

オールセラミックは普段から正しい虫歯ケアを続けることで、長く衛生的に使い続けることができます。歯磨きのやり方に自信がない、わからないことがあるという場合は、医師の指導を受けて正しい歯磨きを教わりましょう。

大人になってからの虫歯は、歯と歯茎の境目に虫歯ができやすいといわれています。加齢によって歯茎が下がってくるため、子供の虫歯と違って歯茎の根元が虫歯にかかりやすいです。

子供の頃に完治したはずの虫歯が再発することもあるので、定期的にクリニックに通ってクリーニングをしてもらいましょう。

自宅でケアをする場合はペンを持つように軽い力で歯ブラシを持ち、圧をかけ過ぎないように丁寧な歯磨きを心がけてください。

(まとめ)オールセラミックは施術前に歯の神経を取る?

1.重度の虫歯がある時はオールセラミックの施術をする前に神経を取ることがあります

重度の虫歯があるお客様に対して、オールセラミックの施術前に歯の神経を取ることがあります。

オールセラミックの施術は、健康な歯でなければ施術をすることができないからです。

歯並びの状態などによっては、虫歯がなくても歯の神経を取る場合もあります。

2.虫歯は進行すると歯の神経も細菌に感染します

虫歯は進行段階によってC0~C4に分類され、C4まで虫歯が悪化すると歯の神経や骨にまで細菌に感染してしまいます。

普段からクリニックの定期検診に通っていると、もっと早い段階で虫歯を食い止めることが可能です。

3.重度の虫歯は歯の神経を取ることがあります

細菌が歯の神経に炎症を起こしてしまうと、虫歯になった部分を削っても虫歯の進行を止めることができません。

歯の神経への施術は基礎工事のようなもので、オールセラミックの施術をする上でも重要な意味を持ちます。

4.正しい虫歯ケアがオールセラミックを長持ちさせる秘訣です

丁寧な歯磨きは虫歯を予防するだけでなく、オールセラミックを長く大切に使い続けることにも繋がります。

医師に歯磨き方法を指導してもらい、定期的に通院してクリーニングをしてもらうとよいでしょう。

39
Return Top