湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックは欠点がありますか?

オールセラミックには欠点があるものの、カバーすることが可能です


オールセラミックは保険診療の銀歯と比べて利点がある一方で、素材による欠点もあります。最大の欠点は強度が低いことのため、使う部位を調節したり、違う素材を活用したりして対応させましょう。

すべてのニーズに対応できる素材はなく、利点と欠点の両方を考えながら、被せものの素材を決めることが大切です。オールセラミックを選ぶ場合は、就寝中にマウスピースを使い欠点をカバーすることもできます。

奥歯は強度のあるセラミック素材が選べます

オールセラミックは保険診療の銀歯と比べると割れやすい素材です。そのため奥歯に使うと欠けたり割れたりする可能性があります。

セラミックの良さは透明感と白さの審美性です。銀歯の見た目の悪さより、セラミックの見た目を優先するなら、強度のあるセラミック素材を選びましょう。

同じセラミックを使った素材でも、ジルコニアセラミックやメタルセラミックという選択肢もあります。ジルコニアはセラミックより強度に優れた素材です。

外側に審美性が高いセラミックを使い、内側にジルコニアを用いると、見た目と強度の高さ両方を得ることができます。ジルコニアはセラミック同様に透明感があるため、歯の見た目を優先させることができます。

奥歯に使える白い歯を希望の場合は、ジルコニアセラミックがおすすめです。またジルコニアだけで作られた、パールクラウンも選べます。

セラミックと比べてジルコニアは審美性がやや劣るのですが、ジルコニアは強度が高いため奥歯に向いているでしょう。ジルコニアの審美性が落ちるといっても、白い歯に変わりがありません。

奥歯なら多少透明感が落ちても、見た目に影響が少ないといえるでしょう。

オールセラミックは前歯に向いています


強度の低さが欠点となるオールセラミックでも、力がそれほどかからない前歯ならオールセラミックが使えます。前歯の保険診療なら被せものの表面が白く、裏が金属になった素材が使えます。

保険診療の範囲内なら費用が安く済むのですが、金属を使っている以上、時間が経つことで金属により歯茎が黒ずむのがデメリットです。その点オールセラミックなら金属を一切使っていません。

金属が経年で溶けだし歯茎を黒く変色させるリスクがなく、金属アレルギーの心配もない素材です。前歯に自由診療のオールセラミックを使う人が多いのは、見た目の良さを重視する人が多いためです。

オールセラミックは着色が付きにくく、白い歯を長く保ちやすくなります。土台にピッタリ密着しているため、虫歯や歯周病にかかりにくいのもメリットです。

また自由診療では土台にファイバー素材を使うことができます。保険診療では土台に金属を使わなければなりません。

金属は非常に硬い素材のため、歯の根元が割れてしまうリスクがあります。オールセラミックなら柔軟性のあるファイバー素材を土台に使えるため、残った歯を割るリスクがありません。

一度根元が割れてしまうと抜歯する可能性もあるため注意が必要です。虫歯で神経の治療をしている場合は、自分の歯を長く残すために、オールセラミックを選ぶ人も多くなっています。

費用の欠点をカバーできる素材です

オールセラミックは自由診療扱いで、1本8~18万円程度かかります。費用が欠点となりますが、保険診療の素材と比べて利点があるため、多くの方にオールセラミックが選ばれています。

保険診療の場合は金属やレジンが対象です。奥歯は銀歯が使われ、前歯は白いレジンが対象となります。

保険を使えば自己負担額が安く、1本1万円以下と費用の負担が少ないでしょう。しかし銀歯は金属を使っているため、金属アレルギーのリスクがあります。

金属は経年により少しずつ溶けだし、歯茎を黒くするデメリットもあるでしょう。レジンは白い見た目ですが、経年により着色があるため黄ばんできます。

吸水性がある素材のため、縮んだり伸びたりして密着性が低下するでしょう。銀歯やレジンは密着性が高くないため、再度虫歯になるリスクもある素材です。

一方でオールセラミックは、金属のリスクがなく、吸収性がないため安定性があります。機械で精密に作るため、土台にピッタリ密着して虫歯のリスクが少ない素材です。

オールセラミックは見た目の良さだけで選ばれているのではなく、身体への負担の軽さや、後々の虫歯リスクを考えて選ばれています。

オールセラミックの価格の欠点は、長い目で見ると高くないという考え方もあります。

(まとめ)オールセラミックは欠点がありますか?

1.オールセラミックには欠点があるものの、カバーすることが可能です

オールセラミックは強度が低いことが欠点です。そのため使う部位を調節したり、違う素材を活用したりしましょう。

歯ぎしりしやすい方は、就寝中にマウスピースを使って欠点をカバーすることもできます。

2.奥歯は強度のあるセラミック素材が選べます

オールセラミックは割れやすいため、奥歯に向いていません。ジルコニアセラミックなら、審美性の高いセラミックを外側に使い、強度の高いジルコニアを内側に使うため奥歯にも使えます。

さらに強度を高めるならオールジルコニア素材のものもおすすめです。

3.オールセラミックは前歯に向いています

強度が低く割れやすいオールセラミックでも、力がかかりにくい前歯なら使えます。保険診療の歯と比べると、オールセラミックは審美性が高く、金属リスクもありません。

土台にファイバー素材を使えるため、残った歯に負担をかける心配もない素材です。

4.費用の欠点をカバーできる素材です

オールセラミックは費用が高い欠点がありますが、保険診療の素材と比べて利点があるため、費用以上のメリットを感じる方が多いようです。

金属や虫歯のリスクが減りやすいため、メリットを感じるならオールセラミックを選びましょう。

68
Return Top