湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックは奥歯の強度は足りる?

オールセラミックは強度が弱く奥歯に使えません


オールセラミックは陶材100%でできた素材です。陶材は割れやすい特徴があるため、奥歯に使うことはできません。

奥歯は食べ物を強く噛む必要がある部分で、耐久性のある素材が求められるためです。オールセラミックは被せものの素材の中で強度が弱く、天然の歯より硬いため、噛み合った天然の歯に負担をかける恐れもあります。

ジルコニアセラミックなら奥歯に使えます

同じセラミックの審美性を活用しながら、強度も高める素材があります。その素材はジルコニアセラミックで、内側に強度の高いジルコニアを使い、外側に審美性の高いセラミックを使った素材です。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる素材で、ダイヤモンド並みの強度を持ちます。硬く耐久性にも優れているため、奥歯のように強度が必要な部位にも対応可能です。

ジルコニアやセラミックに比べて審美性が多少劣ることから、外側に見た目が良くなるジルコニアを使っています。内側にジルコニアを使っているため、金属色が透けることがありません。

ジルコニア自体も天然歯の色と近く、自然な光を通して見た目が良く仕上がります。金属を使っていないため、金属による着色の変化も受けないでしょう。

価格はオールセラミックと比べるとやや高めになります。ジルコニアセラミックは外側が強度の低いセラミックとなるため、外側が欠けるトラブルが起きる可能性があります。

そのため奥歯として使うことができても、あまり活用されていません。奥歯なら透明感はそれほど影響がないため、オールジルコニアのパールクラウンにすることもできます。

セラミックより強度が高く、奥歯が欠ける心配をしなくても済むでしょう。

メタルセラミックは強度が高い素材です


セラミックを活用した被せものを希望されるのであれば、メタルセラミックを活用する方法もあります。メタルセラミックとは、内側に金属を用いて外側にセラミックを焼き付けた素材です。

金属の強度の高さが活用できるため、奥歯にも使うことができます。とくに奥歯の噛む力が強い方に向いている素材です。

内側が金属になると、オールセラミックと比べて安く利用できるメリットがあります。ジルコニアセラミックと比べても価格が安くなるため、リーズナブルな面を重視する方におすすめです。

メタルセラミックは内側が金属となるため、光を通さず明るさが出ません。オールセラミックのような透明感はなく、金属の影響からやや灰色かかった色になります。

奥歯にメタルセラミックを使う場合は、それほど審美性は高くなくても気にならないでしょう。ただしメタルセラミックは金属を使うため、金属アレルギーの方は使うことができません。

長く使うと金属で着色しやすく、歯と歯茎の間が黒く変色することがあります。奥歯に使うため歯茎の色は気にならないなら、メタルセラミックでも問題はないでしょう。

奥歯の施術は保険診療より自費診療がおすすめです

奥歯は目立たない場所のため、保険診療でできる金属やプラスチック素材を考慮する方もいるでしょう。しかし金属やプラスチックの被せものにはいくつかのデメリットがあるため注意してください。

自由診療のジルコニアセラミックは、見た目が白く審美性が高いだけの理由でおすすめしているわけではありません。金属を使うと着色汚れが発生しやすく、時間とともに歯茎が黒ずんでいきます。

一度変色した歯茎は元に戻すことは困難です。プラスチックの被せものの場合は、吸収性があるため劣化しやすいのがデメリットです。

水分を含んで伸び縮みするため、隙間から汚れが入り込む可能性があります。表面もざらざらしてきて変色が出やすく、プラスチックは徐々に黄ばんでいくでしょう。

金属もプラスチックも保険診療の場合は、神経を抜いた場合に土台が金属になります。土台が金属だと残っている歯に負担をかけて、割れてしまうことがあるのです。

一度割れた歯は抜歯しなければなりません。自由診療なら土台に柔軟性があるファイバー素材が使えるため、歯が割れたり折れたりする心配はしなくて済みます。

(まとめ)オールセラミックは奥歯の強度は足りる?

1.オールセラミックは強度が弱く奥歯に使えません

オールセラミックは割れやすい陶材100%の素材のため、強度が求められる奥歯に使うことはできません。

被せものの素材の中で強度が弱く、天然の歯より硬いため、噛み合った歯に負担をかける恐れもあります。

2.ジルコニアセラミックなら奥歯に使えます

セラミックの審美性を利用しながら、ジルコニアの強度を兼ね備えたのが、ジルコニアセラミックです。強度が得られるため奥歯に使うことができます。

またより強度を求めるのであればパールクラウンも考慮してみましょう。

3.メタルセラミックは強度が高い素材です

奥歯に使える強度の高い素材で、価格の安さを重視するならメタルセラミックがおすすめです。内側に金属を使うことで強度を高め、セラミックの白い歯になります。

金属アレルギーのリスクや、歯茎が黒く変色するデメリットも考慮しましょう。

4.奥歯の施術は保険診療より自費診療がおすすめです

保険診療の金属やプラスチックの被せものは、奥歯に使うか迷う方もいるでしょう。しかし金属は歯茎の着色汚れのデメリットがあります。

プラスチックは劣化しやすく黄ばむ可能性も高いです。神経を抜いた土台に金属を使うと歯が折れる可能性もあります。

55
Return Top