湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

オールセラミックの削る量はどのくらい?

オールセラミックの削る量は多いです


オールセラミックで自分の歯にかぶせる場合、削る量は多くなります。そのため神経が残っている歯にはあまり向いていません。

歯の神経を除去してしまうと、歯がもろくなってしまうリスクがあるためです。神経を残して歯を長持ちさせたい場合は避けるようにしましょう。

歯の被せものはセラミック以外にも素材があるため、比較しながら選ぶことをおすすめします。

セラミックでもできるだけ神経を残せる場合もあります

オールセラミックで歯にかぶせる場合、一般的に神経を抜いて施術します。しかし歯の状況によってはできるだけ神経を抜かず、施術することも可能です。

オールセラミックで削る量が多いのは、セラミックは欠けやすい特徴があるためです。ある程度の厚みを持たせないと、被せものが割れてしまいます。

そのため通常は神経を抜いて被せものをするのですが、神経を抜くと歯がもろくなるリスクもあるため、できるだけ神経は残したいところでしょう。歯の状況によっては神経を極力残す方法もできる場合があります。

医師の技術と経験があれば、削る量を最小限に食い止め、神経を残すことは可能です。セラミック素材が進化した結果、以前より強度が増したことも、削る量を少なくできる理由のひとつです。

新しいオールセラミック素材を使うことで、以前より薄く作成できます。しかし歯並びを大きく変える場合では、神経の除去が必須となる場合があります。

歯が大きく傾いている場合は、歯を削る量は多くなるでしょう。オールセラミックの施術のうち、すべてのケースで神経が残せるとは限らいないため、医師とよく話し合って決める必要があります。

神経を残したい方はジルコニアがおすすめです


オールセラミックに比べてジルコニアは削る量が少なくて済みます。神経を抜かないと、オールセラミックが使えない場合は、ジルコニアにすることを検討してみましょう。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる、審美性が高く強度のある素材です。身体への負担も少ないため、金属に変わる歯の被せものとしても選ばれています。

強度が高いため、薄く作ることができるのがメリットです。被せものが薄ければ歯を削る量が少なくて済むため、神経を残したい方に適しています。

オールセラミックは白い色や、変色の少なさがメリットです。一方でフルジルコニアの色調はオールセラミックに多少劣るものの、色の変化は同様にありません。

さらにオールセラミックより硬い特徴があるのがメリットです。施術費用もオールセラミックと大きく変わりはないため、神経を残したい方はフルジルコニアも検討してみてください。

また見た目を美しくしながら強度も保つなら、セラミックとジルコニアを兼ね備えた素材もあります。ジルコニアをフレームにセラミックで被うことで、美しさと強度を兼ね備えた素材です。

オールセラミックでは不可能だった連結やブリッジにも対応することができます。

差し歯ならオールセラミックでも対応しやすいです

自分の歯の上に被せものをする場合は神経の影響を受けますが、もともと神経を抜いた歯であれば、オールセラミックでも差し歯で対応できます。神経を取った歯はもろくなるため、歯の根元を残して差し歯の施術を利用します。

差し歯は根元に土台を形成してから、その上にかぶさるようにオールセラミックを作る方法です。土台となるのは金属とプラスチックがあります。

保険適用では金属が用いられることが多いため、金属アレルギーのリスクが出てきます。金属を土台に使うと色が透けて見えて審美性を損なうリスクもあるでしょう。

保険適用外ならノンメタルのファイバーコアの利用が可能です。色も天然の歯と近く、透明度の高いオールセラミックの土台として使っても、審美性が高くなります。

ファイバーコアは金属より折り曲げ強度が天然の歯に近い素材です。金属だとオールセラミックを割ってしまう可能性もあるため、歯根の破折のためにはファイバーコアのほうが向いています。

オールセラミックを差し歯として使う場合は、欠けやすさから前歯や小臼歯に適しています。

(まとめ)オールセラミックの削る量はどのくらい?

1.オールセラミックの削る量は多いです

オールセラミックは他の素材と比べて削る量が多くなります。そのため神経が残っている歯にはあまりおすすめできません。

被せものの素材にも種類があるため、適した素材を比較しましょう。

2.セラミックでもできるだけ神経を残せる場合もあります

医師の技術や経験があれば、オールセラミックでも神経をできるだけ除去しない施術方法が可能な場合があります。最新のオールセラミックは素材が進化しているため、薄く作れることも理由のひとつです。

場合によっては神経を抜く必要がある場合も出てきます。

3.神経を残したい方はジルコニアがおすすめです

歯の神経を残したい方は、薄く作ることができるジルコニアを選びましょう。セラミックと比べて強度が高い素材で、美しさと変色の少なさの特徴もあります。

複数の素材を組み合わせたセラミックとジルコニアの素材も強度が高いです。

4.差し歯ならオールセラミックでも対応しやすいです

すでに神経を抜いた歯であれば、オールセラミックでも対応できます。審美性を高めるなら歯と同じ色のファイバーコアの土台を活用しましょう。

オールセラミックは欠けやすさから前歯や小臼歯の差し歯に向いています。

70
Return Top