オールセラミックとセラミックの違いとは

オールセラミックは100%でセラミックは混ぜ物の違いです


オールセラミックとは陶材100%で作られた素材のことです。セラミックとは陶材以外に混ぜ物をしたもので、混ぜた素材によって特徴が異なります。

100陶材にすると見た目は良くなりますが、割れやすいため奥歯より前歯に使う素材です。混ぜ物をすることで強度を高めることができるため、奥歯のように強い力がかかる部位では、混ぜたセラミックを使用することがあります。

オールセラミックに向いているのは前歯です

オールセラミックは100%の陶材でできているため、透明感やツヤがあります。審美性に優れている素材で、見た目を重視する前歯によく使う素材です。

100%の陶材は汚れが付着しにくく、変色の心配もありません。長時間綺麗な色を保ちやすく、高い審美性が特徴です。

オールセラミックは金属をまったく使っていないため、金属アレルギーがある方でも使えます。内側には白いアルミナという素材を使っています。

アルミナは天然歯のような自然な色を持ち、適度な強度を持つ素材です。セラミックは透明感のある素材のため、内側に使う素材が透けてしまうのですが、アルミナなら自然な歯の色で調和しやすいでしょう。

オールセラミックは変色した歯を白くするためや、部分的な矯正としても使うことができます。セラミック矯正をすると短期間で前歯の歯並びを整えることができます。

オールセラミックのデメリットは強度が低いため、奥歯に向いていないことです。奥歯は物をかみ砕くための部分で、強い力がかかります。

オールセラミックの強度が低いといっても、天然の歯より硬い素材です。そのためオールセラミックを奥歯に使うと、噛み合った歯に負担をかけて欠けるリスクがあります。

過度な力がかかれば、オールセラミック自体も欠けるリスクがあるでしょう。

ハイブリッドセラミックは奥歯に向いています


ハイブリッドセラミックとは、プラスチック素材のレジンとセラミックを混ぜ合わせた素材です。オールセラミックだと硬すぎるデメリットがありますが、レジンを混ぜることで柔らかさが加わり奥歯にも使えるようになります。

両方を混ぜ合わせることで適度な柔らかさとなり、奥歯に使っても他の歯を傷つける心配がなく、歯をすり減らせることも防ぎやすいでしょう。レジン単体だと変色しやすく吸収性が高いのがデメリットです。

セラミックと混ぜ合わせると、セラミックの審美性も加わるため見た目が良くなります。ただしハイブリッドセラミックはオールセラミックと比べると審美性は劣るため、目立ちにくい奥歯での使用が多いです。

さらにハイブリッドセラミックは金属を使っていないため、金属アレルギーがある方でも使えます。小臼歯では保険治療が適用となるため、治療費が少ないのもメリットです。

ただし小臼歯では自費となりオールセラミックと比べてやや安い程度になります。

ジルコニアセラミックならブリッジにも使えます

セラミックの内側に金属を使ったものをメタルボンドセラミックといいます。内側に金属を使うことで強度が出るため、奥歯やブリッジにも使えるタイプです。

しかし内側に金属を使っていると、歯茎が痩せてくると金属が目立つことがあります。セラミックは透明感があるため、内側の金属が透けて審美性が劣るのもデメリットです。

審美性を高めながら強度も高める素材として使えるのが、ジルコニアセラミックです。ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれる素材で、耐久性と審美性に優れています。

以前メタルセラミックを入れたが金属が目立ってきた方にも、ジルコニアセラミックが選ばれています。金属の代わりにジルコニアを芯に使うと、透明感があり金属のような強度があります。

メタルフリーのため、金属アレルギーがある方でも使いやすいでしょう。メタルセラミックも奥歯やブリッジに使えますが、ジルコニアセラミックも同様に使えます。

ジルコニアセラミックは、オールセラミックだと歯ぎしりで割れる心配がある方におすすめです。またより強度の高いオールジルコニアのものを奥歯に使うこともあります。

(まとめ)オールセラミックとセラミックの違いとは

1.オールセラミックは100%でセラミックは混ぜ物の違いです

オールセラミックは陶材100%のため、割れやすく前歯に多く用いられます。セラミックは陶材に混ぜ物をしているもので、強度が高く奥歯にも使える素材です。

見た目や硬度により使い分けるようにしましょう。

2.オールセラミックに向いているのは前歯です

オールセラミックは透明感やツヤがあり、汚れが付着しにくいため、審美性を求める前歯に適しています。強度は弱いため奥歯のように強い力がかかる部分には向いていません。

金属アレルギーがある方や、変色した歯を白くするためにも向いているでしょう。

3.ハイブリッドセラミックは奥歯に向いています

レジンとセラミックを混ぜ合わせると、レジンの柔らかさとセラミックの審美性を兼ね備えることができます。オールセラミックと比べて審美性が多少劣り、適度な柔らかさとなるため奥歯に使いやすいでしょう。

4.ジルコニアセラミックならブリッジにも使えます

奥歯やブリッジに使える強度を持ちながら、審美性を高めたい場合はジルコニアセラミックが適しています。内側に透明感があり強度が高いジルコニアを使っているためです。

さらに強度を高めたい場合では、オールジルコニアも考慮してみましょう。

516
Return Top