オールセラミックはしみることがありますか?

オールセラミックでしみる場合でも改善することが多いです


オールセラミックで被せものをする場合は歯を削らなければならないため、歯がしみることがあります。しみる原因は壁が薄くなり温度が伝わりやすくなったためです。

オールセラミックの施術後しばらくは熱いものや冷たいものでしみることがあるため注意しましょう。しみる症状は数週間程度で改善していくことが多いため、様子をみてください。

施術後にしみるのは神経が敏感になっているためです

オールセラミックの施術後にしみるのは、神経が敏感になっていることも原因のひとつです。被せものをするときは自分の歯を削らなければならず、機械の振動で神経にダメージがかかります。

神経へのダメージは施術をするうえで予防することは難しいです。そのため神経が敏感になって痛みやしみるという症状が出ることがあります。

施術で神経にダメージがかかっても、ダメージは回復していき症状はなくなります。回復にかかる時間は個人差があるのですが、場合によってはある程度の期間がかかることもあるでしょう。

神経が敏感になっているときは、歯を刺激しないでください。被せものをした後は神経が弱っているため、冷たいものや熱いものを避けましょう。

セラミックは金属と比べると熱を伝える割合は低いため、金属の被せものと比べると熱の影響は低いです。日を追うごとに痛みが軽くなっていくようなら、神経が敏感になっているといえます。

症状が軽くなる場合はそのまま神経が落ち着いて治っていく可能性が高いです。

しみる症状は神経が残っているためです


オールセラミックの施術後にしみる症状が出るのは、神経が残っているためです。しみることがわかっているなら神経を除去してしまえばよいと思うかもしれませんが、神経は簡単に除去しません。

神経が残っていれば歯がもろくなるのを予防できるためです。歯の神経は歯の健康にとても重要な部分です。

虫歯があって神経が弱っている場合でも、なるべく神経を残す工夫をします。歯の中には空洞があって神経や血管などが通っています。

この部分に血液がいきわたることで歯に適切な栄養や水分を与え、健康を維持しているのです。神経を取るということは歯に血液がいきわたらないことを意味します。

歯は血液を通し歯の内側から修復したり免疫力を働かせたりしているため、神経を抜けばこれらの働きがなくなってしまいます。神経を取ると歯自体が割れやすくなってしまうのです。

オールセラミック施術後にしみるということは神経が生きている証拠です。神経が無いと虫歯になっても痛みを感じることがなくなり、虫歯がひどくなって抜歯するケースもあります。

そのため施術後にしみるからといって安易に神経を抜くことは考えません。

温かいものが染みる場合は注意が必要です

オールセラミック施術後に冷たいものでしみる場合は問題がないのですが、温かいものでしみる場合は注意してみましょう。この場合もしばらく様子を見て症状が和らぐようなら、神経が落ち着いて痛みは少なくなります。

しかし数ヶ月経っているにも関わらず、温かいものでしみるようなら注意が必要です。温かいものでの影響は神経が弱っている可能性があります。

オールセラミックをかぶせた部分で虫歯の治療をしているなら、虫歯が神経まで及んで神経を弱らせている可能性があるでしょう。神経に炎症が及ぶと歯髄炎をおこします。

歯髄炎が初期の場合は冷たいものでしみますが、普段は痛みが出ることはありません。さらに虫歯が神経まで到達すると、温かいもので痛みが出やすく、何もしなくても痛みが出てきます。

歯髄炎は放置すると神経が死滅して、いったん症状が治まったように感じます。しかし感染した部分が治ることはないため、神経を取る治療が必要です。

オールセラミックの場合は保証が付いているため、神経の治療が必要な場合でも対応が可能です。しみる症状から痛みへと発展するようなら、早めに受診して診てもらうようにしましょう。

歯髄炎をおこすケースはごくまれに生じるため注意してください。

(まとめ)オールセラミックはしみることがありますか?

1.オールセラミックでしみる場合でも改善することが多いです

オールセラミックの治療は歯を削り壁が薄くなることで熱が伝わりやすくなり、しみることがあります。数週間くらいで改善することが多いため、心配しなくても大丈夫です。

しばらくは熱いもの冷たいものを避けるようにしましょう。

2.施術後にしみるのは神経が敏感になっているためです

オールセラミックの施術は機械を使って歯を削らなければならず、機械の振動で神経がダメージを負いしみることがあります。

日を追うごとに症状が改善していくようなら、しみる症状は治ることが多いです。

3.しみる症状は神経が残っているためです

オールセラミックの施術後にしみることがわかっていても、神経が問題なければ抜くことはしません。神経が残っていれば歯の健康状態を保つことができるためです。

しみる症状は歯が生きていてる証拠でもあります。

4.温かいものが染みる場合は注意が必要です

温かいものがしみて痛みも出るようになったら、歯髄炎も疑う必要があります。オールセラミックの施術後でもごくまれに歯髄炎に発展することがあるためです。

神経を取る治療が必要なため受診してください。

675
Return Top