オールセラミックの治療は痛みがありますか?

オールセラミック治療は痛みがありますが軽減することが可能です


オールセラミックは歯をかぶせる施術のため、セラミックの厚みの分だけ自分の歯を削る必要があります。歯を削る際に痛みを感じやすいといえるでしょう。

しかし、歯を削る際には麻酔を使うため、極力痛みを軽減させることは可能です。麻酔をすれば施術中に痛みを感じることは少なくなります。

施術後に麻酔が切れた後は痛みを感じやすいため、必要なら鎮痛剤で痛みを軽減させます。

施術中は複数の麻酔で痛みを軽減できます

オールセラミックで歯の見た目を良くしたいと思っても、施術中の痛みが気になるため、なかなか行動に移せない場合もあるでしょう。施術中の痛みは複数の麻酔を使い分けることで、痛みを極力軽減させることはできます。

麻酔の注射針で痛みを感じる場合は、表面麻酔で感覚を鈍らせます。注射を打つ場所に麻酔薬を塗布することで、注射の痛みを感じにくくする方法です。

施術中の痛みは麻酔を直接施術箇所に打って軽減させる必要があります。麻酔に使用する注射針は極細のものを使い、さらに電動麻酔器を活用することで、痛みを軽減させることが可能です。

注入する麻酔が冷えていると痛みを感じることがあるため、事前に注射器を温めて痛みを軽減させる対策もしています。麻酔を打つ際には、ゆっくりと時間をかけて注入することで、痛みを軽減させることができます。

このように複数の麻酔やテクニックを活用することで、麻酔を打つ痛みが軽くなるでしょう。麻酔がしっかり効いていれば、歯を削るときに痛みを感じにくくなります。

歯を削った後に痛みが心配な方は、痛み止めを処方します。心配な方は麻酔が切れる時間に合わせて痛み止めを服用しておきましょう。

緊張しやすい方はリラックスできる対策がおすすめです


過去に歯医者で嫌な思いをされると、麻酔をしても施術が怖いと感じてしまうことがあります。緊張しすぎると麻酔が効かないことがあるため、そういう方にはリラックス麻酔の活用がおすすめです。

リラックス麻酔は、全身麻酔とは違います。笑気吸入鎮静麻酔を使う方法で、リラックス状態にするためのものです。

完全に寝てしまうことはなく、意識も消失することはありません。恐怖心や不安感を取り除くための麻酔で、施術が怖い人にも安全に受けてもらうための麻酔です。

笑気吸入鎮静麻酔はチューブを鼻に装着する方法です。安全な麻酔方法で、小さな子供にも使うことができるため、安心して受けてください。

緊張が和らげば麻酔の効きも良くなり、施術中の痛みを感じにくくなるでしょう。リラックス麻酔はオプションとなるため、別料金がかかります。

通常の麻酔で済ませたい方は、できるだけリラックスできる工夫をしましょう。施術前に深呼吸をすることで副交感神経が働きやすく、リラックスしやすくなります。

できるだけ痛みを軽減させるにはスタッフとのコミュニケーションが重要で、お客様に声掛けするだけでも緊張が和らぐことがあります。

歯を削る量はできるだけ少なくします

オールセラミックの施術では少なからず歯を削りますが、できるだけ元の歯を削らないように施術を進めていきます。歯を削る量が少なければ施術時間も少なくて済むでしょう。

歯を削る量が少ないと神経を残せる可能性があります。虫歯の施術でも同じことですが、神経を抜く治療をすると歯がもろくなります。

神経が通っている部分には血液も流れているのですが、神経を取り除くと歯に水分がいきわたらなくなるためです。人の噛む力は60kgにも及ぶといわれているため、神経を取った歯は何度も強く噛んでいると割れてしまうことがあります。

元の歯を大きく削らなければならない場合は、根元の施術も必要です。通常の土台は金属ですが、金属を使うと歯の根元が割れやすくなります。

根元にファイバーコアという白い素材を使うと、歯に近い素材で割れにくくなるでしょう。オールセラミックで歯並びが良くなると噛み合わせが改善され、歯周病や虫歯の予防にもなります。

噛む力も分散されるようになり、歯をできるだけ残す対策にもなるでしょう。オールセラミックは歯を削りますが、デメリットよりメリットのほうが勝る場合はオールセラミックの施術が適している場合があります。

(まとめ)オールセラミックの治療は痛みがありますか?

1.オールセラミック治療は痛みがありますが軽減することが可能です

オールセラミックの施術は自分の歯を削り、セラミック素材のクラウンを上からかぶせます。自分の歯を削る際に痛みが生じやすいため、麻酔をしながら痛みを軽減させます。

施術後の痛みは鎮痛剤で痛みを軽くすることが可能です。

2.施術中は複数の麻酔で痛みを軽減できます

オールセラミック施術で歯を削る際に痛みを感じやすいため、複数の麻酔で痛みを軽減させます。表面麻酔で注射針の痛みを軽減させて、極細針の注射針でゆっくり麻酔を注入することで痛みは軽くなるでしょう。

施術後の痛みは鎮痛薬で対処できます。

3.緊張しやすい方はリラックスできる対策がおすすめです

過去に歯の施術で嫌な思いをされた方は、緊張しすぎて麻酔が効きにくいことがあります。リラックス麻酔は鼻から吸う麻酔で、全身麻酔ではなく緊張感を和らげる麻酔です。

歯の施術が怖い方はオプションでリラックス麻酔を利用しましょう。

4.歯を削る量はできるだけ少なくします

オールセラミックは削る量を少なくするため、安心して施術を受けることができます。神経が残れば元の歯を長く使うことに繋がるでしょう。

根元の施術が必要な場合でも白い土台を使うことで、歯が割れにくい対策をすることもできます。

608
Return Top