オールセラミックを選ぶメリットとは?

オールセラミックとは歯の白さを優先できる素材です


セラミックに金属を使った歯の被せものだと、金属が透けて見えるため審美性が高くなりません。その一方でオールセラミックはすべてを白い素材で覆うため、透明感がある白い歯にすることができます。

オールセラミックは経年による変色も少なく、前歯のように目立つ部分に向いている素材です。素材は陶器のため自然な白さを持ち、天然の歯と見た目が変わりません。

虫歯で変色した歯や、銀歯からオールセラミックに変えれば、清潔感のある歯になりやすいでしょう。

虫歯で変色した歯にオールセラミックが使えます

歯が痛いと思ってもそのまま放置すると痛みがなくなり、虫歯が治ったと勘違いしてしまうことがあります。しかし虫歯が治ったのではなく、虫歯が進行して歯髄まで侵され、神経が完全に死んだため痛みがなくなっただけです。

このような状態は歯に影響がいきわたらなくなり、歯が黒く変色していきます。また虫歯がなくても歯を強くぶつけたときに神経が死ぬことはあります。

毎日丁寧にブラッシングしているつもりでも歯が黒ずんでいるなら、もしかしたら神経が死んでいるのかもしれません。歯が一度黒くなったものは悪い部分を取り除き、詰め物や被せものをします。

虫歯があった場所や神経が死んだ箇所の歯の黒ずみが気になるなら、オールセラミックの被せものに変えることで、歯を白くすることができます。オールセラミックは虫歯で歯の欠損が大きい場合でも使える素材です。

根元にファイバーコアを土台として使うと、金属をまったく使わず施術ができます。一部に金属を使うと金属が透けて審美性が落ちるため、見た目を重視するなら白い素材のファイバーコアを土台として使うのがおすすめです。

オールセラミックとファイバーコアどちらも透明性がある素材でできています。

オールセラミックは前歯に向く素材です


オールセラミックを使うと透明感があるため、温かみのある色に仕上がります。光を通したときに黒く見えることはなく、見た目を重視するときに向いているでしょう。

内側に金属を使っていると歯肉の変色がありますが、オールセラミックならそのリスクもありません。近年はオールセラミックを作る技術も進化しています。

コンピュータ制御によりセラミックの塊から削り出すことができるようになりました。小さな形の歯も削り出すことが可能で、歯のどの部位でも対応が可能です。

ただしオールセラミックはすべてが陶器でできているため、耐久性が低く割れやすいのがデメリットです。奥歯のように強く噛み込む部分では、オールセラミックは使うことができません。

オールセラミックはどの素材よりも白く保ちやすいことから、前歯に使うことが多くなっています。セラミック素材には内側に金属を使ったものもあります。

しかしセラミックは透明度が高いため、内側の金属が透けて見えるのがデメリットです。内側に金属を使えば強度が高くなり割れにくいのですが、オールセラミックと比べるとし審美性は高くなりません。

金属の上にセラミックを焼き付けた素材は、奥歯など見た目が気にならない部位に適しています。

オールセラミックなら歯並び矯正もできます

オールセラミックは歯を抜かず、歯並びを矯正するためにも活用されています。八重歯がある方や前歯が出っ歯の場合は、歯を抜かないと歯並び矯正ができないと思っていないでしょうか。

オールセラミックは2歯連続欠損のブリッジまで対応する素材です。周りの歯と連結させてかぶせることが可能なため、歯を抜かず部分的な矯正に使うことができます。

前歯の歯並びが悪い場合は、隣り合った歯を削りオールセラミックの被せものができます。施術中は仮歯で状態が確認できるため、仕上がりがわかりやすいのがメリットです。

ワイヤー矯正の場合は施術中の見た目が気になり、その間の歯磨きがしにくくなります。普段お仕事をされている方だと矯正のタイミングが見つからず、なかなか施術に踏み切れない場合もあるでしょう。

オールセラミックを使った部分的な矯正なら、仮歯で調節しながら施術を進めていくため、ワイヤーのような見た目の悪さはありません。

ワイヤー矯正は平均で2年間の施術期間が必要なのに対し、オールセラミック矯正では2~3ヶ月程度で施術が終わります。

またすきっ歯や、歯の欠損の施術にもオールセラミックが使えます。前歯だけにオールセラミックを活用すれば、歯を出すことにも抵抗が少なくなるでしょう。

(まとめ)オールセラミックを選ぶメリットとは?

1.オールセラミックとは歯の白さを優先できる素材です

オールセラミックとはすべてを白い素材で作る歯の被せものの素材のことです。金属をまったく使っていないため、白い歯にしたい前歯によく用いられています。

セラミックに金属を使ったものと比べて審美性が高く、歯の白さを優先したい方に向く素材です。

2.虫歯で変色した歯にオールセラミックが使えます

歯が黒く変色している場合は、虫歯が歯髄まで進行して神経が死んでいる可能性があります。虫歯で歯が変色した場合では、オールセラミックで歯を白くすることが可能です。

土台に金属を使わずファイバーコアにすることで、審美性を高めることができます。

3.オールセラミックは前歯に向く素材です

オールセラミックは透明感があり白い見た目が魅力の素材です。割れやすいため奥歯には適していませんが、見た目を重視する前歯に向いています。

奥歯に使う場合は強度を高めるため、内側に金属を用いたセラミックを活用することもできます。

4.オールセラミックなら歯並び矯正もできます

オールセラミックは八重歯や出っ歯などの歯並び矯正にも使うことができます。隣り合った歯を削り連結して歯をかぶせることができるためです。

歯を抜くことがなく、ワイヤー矯正のような見た目の悪さもありません。

516
Return Top