オールセラミックに種類はありますか?

セラミックに種類はありますがオールセラミックは1種類です


歯の被せものとして使うオールセラミックとは、陶材100%素材の被せものです。セラミックの被せもの自体は金属を組み合わせたものなど種類がありますが、オールセラミックは金属をまったく使わない被せもので1種類しかありません。

オールセラミックは自由診療の扱いとなる被せもので、金属アレルギーがある方や、見た目の美しさにこだわる方に選ばれています。陶材100%の被せものにすると審美性は高くなりますが、欠損しやすいデメリットもあります。

天然の歯に近いのがオールセラミックです

審美歯科で用いられる歯の被せものとして、オールセラミックは一般的です。セラミックは硬い陶器でできているもので、天然の歯と見た目がほとんど変わりません。

表面は適度なツヤを持ち、自然な白い歯の見た目に近い素材です。一方で一般の歯の被せものとして使うのがレジンです。

レジンは合成樹脂で作られたもののため、変色や劣化が早い特徴を持ちます。見た目にこだわらない方や、セラミックより費用を安くしたい方に用いられる素材です。

歯の見た目を良くする目的なら、審美性が高いセラミックが向いています。前歯のように目立つ部位にセラミックを用いれば、自然な歯に見えやすいでしょう。

セラミックは色を調節することも可能なため、歯を白く見せたいときにも役立ちます。変色の心配も少なく、長期間白い歯を保ちやすいのがメリットです。

被せものをオールセラミックにすると、経年による劣化も減らすことができます。定期的なメンテナンスを繰り返せば、綺麗な状態を長く保ちやすいです。

オールセラミックは金属をまったく使っておらず、金属アレルギーの方でも安心して歯に被せものができます。

強度の強いメタルセラミックもありますが注意点があります


オールセラミックは陶器でできている特徴があります。そのため強い力にはやや弱いという弱点があるのです。

奥歯のように強く噛みしめる部分でオールセラミックを用いると、割れてしまう可能性があるため、主には前歯などで使われることほとんどです。セラミックを用いながら強度も兼ね備える場合は、メタルセラミックを用います。

メタルセラミックとは、被せものの内側に冠型として金属を用いる素材です。冠型の金属の上にセラミックを乗せているため、歯の強度を保ちながら、表面からは金属が見えず審美性も高めることができます。

前歯の場合はメタルセラミックに対し保険が使えます。奥歯などにメタルセラミックを使う場合は保険外ですが、オールセラミックと比べて費用が少なくなるのがメリットです。

オールセラミックだと1本8~18万円程度ですが、メタルセラミックにすると8~15万円が相場になります。ただしメタルセラミックは金属を使う方法のため、金属アレルギーの方は使えません。

現在金属アレルギーがない方でも、長期間金属の被せものを使うことで症状が出ることもあります。歯に金属を使うと歯と歯茎の境目が黒く変色することも考慮する必要があるでしょう。

金属を使わないハイブリッドセラミックもあります

オールセラミックでは耐久性が低く、メタルセラミックでは金属アレルギーの心配があるなら、ハイブリッドセラミックを用いる方法もあります。ハイブリッドセラミックとは、合成樹脂でできたレジンと、石英やジルコニアを粉末状にして混ぜ合わせて、歯の形に固めたものです。

レジンの割合より無機物質の割合が高くなるため、耐久性を高めることができます。セラミックの特徴である変色しにくいメリットも得ることが可能です。

ただしオールセラミックと比べると、ハイブリッドセラミックは経年劣化があります。長くハイブリッドセラミックを使っていると変色しやすく、審美性を第一優先とするならオールセラミックが向いているでしょう。

ハイブリッドセラミックは欠けにくい特性から、オールセラミックでは使えない奥歯に向いています。天然の歯のように使うごとに摩耗するため、周りの歯を傷めにくいメリットもあります。

ハイブリッドセラミックは小臼歯に使うなら保険が適用されます。3割負担なら1万円程度となるため、費用の負担を減らしたい場合に使いやすいでしょう。

ただし小臼歯以外は自費で、4~12万円が相場となるため確認してください。

(まとめ)オールセラミックに種類はありますか?

1.セラミックに種類はありますがオールセラミックは1種類です

歯の被せものとして使用するセラミックは、金属を組み合わせたものと、陶材100%素材のものに分かれています。オールセラミックとは陶材100%素材のことで、1種類しかありません。

審美性が高く見た目にこだわる方に選ばれています。

2.天然の歯に近いのがオールセラミックです

一般的な歯の被せものに使うレジンと比べて、オールセラミックは優れています。審美性が高く変質が少ないため、長く白い歯を保つために役立ちます。

オールセラミックなら金属も使っておらず、アレルギーの心配もありません。

3.強度の強いメタルセラミックもありますが注意点があります

オールセラミックは強度が低く割れやすいため、奥歯に使うことはできません。耐久性を高める場合は冠状に金属を作り、その上にセラミックを乗せたメタルセラミックを用います。

金属を使うため金属アレルギーがある方は使えません。

4.金属を使わないハイブリッドセラミックもあります

オールセラミックだと耐久性が足りず、金属アレルギーがあるならハイブリッドセラミックが選択肢となります。ハイブリッドセラミックは金属を使っておらず、レジンやセラミックを混ぜ合わせたものです。

耐久性は高くなりますが変色しやすい特徴があります。

514
Return Top