歯の黄ばみはイチゴで対策できますか?

イチゴのリンゴ酸が歯の黄ばみ対策になります


イチゴに含まれているリンゴ酸は、食べても歯につけても白くする効果が期待できます。実際にリンゴ酸は、ホワイトニングを謳う歯磨き剤や、ホワイトニングケア商品にも含まれている成分です。

リンゴ酸はピーリング効果を利用したスキンケア商品も売られています。肌への刺激性は少ないため、歯の美白ケアとしても活用しやすいでしょう。

イチゴは食べて美白効果が期待できる食べ物です

歯を体の内側から白くしたいと考えているなら、美白効果が期待できる食べ物を活用してみましょう。美白効果のある食べ物は、日常生活で手に入りやすいものばかりです。

特別な食品は不要なため、思い立ったらすぐに実行できます。たとえばリンゴ酸が含まれている、りんご・イチゴ・トマトなどの食品があります。

リンゴ酸は歯の黄ばみ対策として期待ができる成分です。たんぱく質分解酵素が多い、マンゴー・キウイ・パイナップルも活用できます。

酵素が歯に付着した汚れを落としやすくできるでしょう。殺菌作用がある食べ物で美白対策をするなら、玉ねぎがおすすめです。

歯に付着した歯垢も歯の黄ばみの原因となります。菌を除去する効果が期待できる食べ物で、歯垢を付きにくくしましょう。

鉄分が多いブロッコリーも、歯の健康対策になります。エナメル質を鉄で被うことで、酸から守ってくれるでしょう。

強い酸を持つ食品は、エナメル質を柔らかくして傷をつけやすくしてしまいます。お酢や梅干しなど酸の強い食品を食べるときは、ブロッコリーなど鉄分豊富な食品と上手く組み合わせてみてください。

酸でなければ落ちにくい汚れにリンゴ酸がおすすめです

一般的な歯磨き剤は弱アルカリ性に調節したものが多くなっています。アルカリ性でも歯垢や歯石は落ちやすいのですが、酸でなければ落ちない歯垢や歯石もあります。

そこで注目したいのが、イチゴに含まれるリンゴ酸です。酸性の洗浄剤には、リンゴ酸のほかにも、リン酸・ポリリン酸塩などがあります。

これらの成分を使ったものは弱酸性のものが多く、頑固な歯垢や歯石は除去できない問題がありました。酸を強くすれば歯のエナメル質に悪影響を与えるため、ただ酸を強くするだけでは解決できません。

リンゴ酸をpH3~pH1.8の間に調節すれば、歯垢や歯垢の汚れを除去しやすくすることがでるといわれています。市販の歯磨き剤では、実際にこのpHに調節したリンゴ酸を添加したものもあります。

ただしリンゴ酸のみだと刺激性が強いため、グリセリンや甘味料などを加えることで、刺激が少なく歯垢や歯石の除去がしやすくなることがわかりました。

リンゴ酸を使った歯磨き剤は、今までのアルカリ性の歯磨き剤では美白効果が得られなかった方におすすめです。

酸性が高いものならアルカリ性のヤニも除去しやすくなるでしょう。食品に含まれるステインによる黄ばみも、リンゴ酸で対応しやすくなります。

市販のホワイトニング商品にもリンゴ酸が含まれています


民間療法として、イチゴペーストにベーキングソーダを混ぜて歯を磨く対策があります。イチゴに含まれているリンゴ酸の力で汚れを落としやすくして、ベーキングソーダの研磨効果で歯を白くする方法です。

しかし研磨剤で磨くとエナメル質を傷つける恐れもあるため、安全性が確立されているわけではありません。イチゴに含まれるリンゴ酸で歯を白くする対策をしたいなら、リンゴ酸が含まれる市販のホワイトニングケア商品を活用しましょう。

市販のホワイトニングケア商品の中には、リンゴ酸・メタリン酸・ポリリン酸など複数の酸の力を使って歯をケアするタイプがあります。

リンゴ酸・メタリン酸・ポリリン酸はどれも、ステインやタバコのヤニ対策になる成分です。

歯に付着した黄ばみ対策に活用することができます。市販のホワイトニングケア商品は、普段通り歯を磨いてから使います。

歯垢を歯磨きで除去してから、酸の力で汚れを浮かしやすくしましょう。酸で汚れを浮かす対策のため、力を入れてゴシゴシする必要はありません。

根気よくケアを続けていくことで、すでに着色した汚れにも対応しやすいでしょう。しかし市販のホワイトニング商品は価格が安くない傾向にあります。

歯科医院で薬剤を処方してもらい家庭でケアするホームホワイトニングも比較してみましょう。

(まとめ)歯の黄ばみはイチゴで対策できますか?

1.イチゴのリンゴ酸が歯の黄ばみ対策になります

イチゴに含まれるリンゴ酸は、ホワイトニング商品にも含まれています。スキンケアではピーリング効果を利用した商品も売られているため、汚れ除去に役立つでしょう。

肌への刺激性が少ないのもメリットです。

2.イチゴは食べて美白効果が期待できる食べ物です

イチゴに含まれるリンゴ酸は、歯の黄ばみ対策になり成分です。リンゴ酸はほかにも、りんご・トマトなど、酸味がある食べ物に含まれています。

ほかにも体の内側から美白ケアできる食べ物も活用してみましょう。

3.酸でなければ落ちにくい汚れにリンゴ酸がおすすめです

一般的な歯磨き剤ではアルカリ性のものが多く、酸でなければ落ちない汚れに対応することができませんでした。リンゴ酸による酸の力を利用すると、タバコのヤニや食品によるステインも除去しやすくなります。

4.市販のホワイトニング商品にもリンゴ酸が含まれています

市販のホワイトニングケア商品には、リンゴ酸・ポリリン酸・メタリン酸を使った商品があります。ステインやタバコのヤニ対策になる成分です。

歯磨き後に塗布して軽く磨くだけで、歯をケアすることができます。

982
Return Top