歯のエナメル質と黄ばみはどう関係している?

エナメル質に汚れが付いた状態が歯の黄ばみです


歯の黄ばみは毎日の食生活で影響されやすいといえます。もともと白い歯を持っていても年齢とともに黄ばんでくるのは、毎日食べるものに色素成分が含まれているためです。

食品のステインが歯のエナメル質に付着していき、歯が黄ばんでいきます。コーヒー・チョコレート・紅茶など、色素が多い食べ物を好む方は、日々の生活でエナメル質にステインが付着しているでしょう。

ステインの原因になるのがポリフェノールです

アンチエイジング対策として人気が高い成分に、食品に含まれるポリフェノールがあります。ポリフェノールは抗酸化作用があるため、美肌や健康対策に用いられる成分です。

しかしポリフェノールは健康対策になる一方で、歯の黄ばみの原因にもなっています。ポリフェノールに含まれるタンニンが、歯の表面を覆う膜と結合すると、歯の色素沈着の原因となるステインになります。

コーヒー・紅茶などのお茶類や、赤ワイン・チョコレート・フルーツ・カレー粉などの調味類などにも、着色成分が含まれているため注意が必要です。

日々の生活で食品の着色成分を摂取しないことは難しいため、摂取しても歯に定着する前に落とすようにしましょう。

ステインは水だけでは落ちにくく、ホワイトニング専用歯磨き剤を使用するとよいです。通常の歯磨き剤でも十分に落ちるとはいえないため、歯が黄ばみやすい方は専用の歯磨き剤の使用を使ってみましょう。

市販のホワイトニングタイプの歯磨き剤は、研磨剤不使用のものがおすすめです。研磨剤でガリガリ表面を削って磨くと、歯の表面がざらざらになります。

凹凸ができた歯は着色汚れが付着しやすいため、かえって逆効果になる可能性もあるでしょう。

もともと歯が黄ばんでいる人もいます


もともと歯が黄ばんでいる人は、食品による着色汚れが黄ばみの原因ではありません。歯は、土台となる象牙質と、象牙質の周りを覆うエナメル質があります。

象牙質はセメント質でできている素材です。エナメル質は半透明のため、内側にある象牙質が透けて見えます。

もともとの歯の色を決めるのは、象牙質の色だといえるでしょう。生まれつきエナメル質が薄く、象牙質の色の影響を受けやすい方は、歯が黄ばんで見えてしまいます。

また象牙質の色にも個人差があるため、色が濃い体質の方は生まれつき歯が黄ばんでいるように映るのです。人種によっても生まれつきの歯の構造は異なっています。

日本人など黄色人種は、もともとエナメル質が薄い傾向があります。一方で白人や黒人はエナメル質が厚いため、象牙質の色が透けにくい傾向にあるのです。

日本人は白人と黒人と比べて、生まれつき歯が黄ばんで見えやすい特徴があります。生まれつき黄ばんだ歯の方が白い歯を目指すなら、歯医者でホワイトニングをすることをおすすめします。

ホワイトニングは薬剤を内側に浸透させ、象牙質を白くする方法です。そのためもともと歯が黄ばんでみていた方でも、歯が白くなった実感が得られやすいでしょう。

30代になったら歯医者のホワイトニングがおすすめです

年齢を重ねるとエナメル質が薄くなりやすいため、30代に入ったら歯医者でのホワイトニングを検討するよい時期だといえます。毎日歯磨きを繰り返していると、歯ブラシの摩擦どうしてもエナメル質は薄くなります。

若い頃は歯が白かった人でも、徐々にエナメル質が薄くなって黄ばんできたと感じることでしょう。また毎日の食生活の影響で、エナメル質のミネラル分が溶けだすことも、歯を黄ばませる原因になります。

食事に糖が含まれていると、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が増殖します。虫歯菌は酸を作り出し、エナメル質にあるミネラルを溶けだす原因になるのです。

ミネラルが溶けだしても、唾液により再石灰化がおこります。口の中は常に脱灰と再石灰化を繰り返しているため心配はありません。

ところがミネラルが溶けだしたままの状態でいると、歯の表面が凹凸になり光が乱反射して歯が黄ばんでくるのです。甘いものをよく食べる方も、歯が黄ばみやすいといえるでしょう。

虫歯で神経を取った歯は、徐々に黒ずんでいきます。ホワイトニングの効果が出にくい場合は、セラミックなど白い被せものの施術が必要になることもあるでしょう。

(まとめ)歯のエナメル質と黄ばみはどう関係している?

1.エナメル質に汚れが付いた状態が歯の黄ばみです

歯が黄ばむ原因の1つは、食品によるステインの付着です。エナメル質にステインが付着すると、歯が黄ばんでいきます。

着色成分が多い食品を好む方は、毎日の生活で少しずつ黄ばみがつきやすくなるでしょう。

2.ステインの原因になるのがポリフェノールです

食品の抗酸化作用で知られるポリフェノールは、歯を黄ばませる原因になります。ポリフェノールに含まれるタンニンが、歯の表面を覆う膜と結合すると、着色の原因となるステインとなるためです。

3.もともと歯が黄ばんでいる人もいます

生まれつきエナメル質が薄い方や、象牙質の色が黄色っぽい方は、歯が黄ばんで見えます。日本人は他の人種と比べても、黄色っぽい色をしている人が多いです。

もともとの色を変えたい場合は、薬剤で象牙質を漂白するホワイトニングを活用しましょう。

4.30代になったら歯医者のホワイトニングがおすすめです

加齢や甘いものの影響でも、歯は黄ばみやすくなるでしょう。30代くらいになると若い頃と比べて黄ばんでくるため、歯医者のホワイトニングを考えるよい時期です。

神経を取って黒ずんだ場合も、歯医者での施術を考えましょう。

750
Return Top