クエン酸は歯の黄ばみの原因となりますか?

クエン酸は歯の黄ばみの原因になります


クエン酸が含まれるレモンで歯を磨く対策があるとネットなどで目にしたことがあるかもしれません。しかし歯を白くする効果は一時的なもので、逆に歯を黄ばませる原因となるため避けてください。

歯のエナメル質は酸で柔らかくなり、柔らかくなった歯が傷つくとエナメル質が薄くなっていくためです。エナメル質が薄くなると象牙質の色の影響を受けやすくなり、黄ばんで見えやすくなります。

クエン酸は酸蝕歯の原因になることもあります

酸性の食べ物や飲み物をよくとる方は、口の中が酸性になるため、酸蝕歯になりやすく注意が必要です。酸蝕歯とは食品に含まれるクエン酸で、歯のエナメル質が薄くなった状態をいいます。

一度薄くなったエナメル質は元に戻ることはないため、クエン酸が含まれる食品の過剰摂取に注意しましょう。とくに健康志向の方は、クエン酸が多い食べ物や飲み物をとる傾向にあります。

柑橘系の果物や、お酢飲料・梅干し・スポーツドリンクなどです。これらは酸性の食品でクエン酸が多く、摂りすぎると酸蝕歯になるリスクがあります。

エナメル質が薄くなると、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えます。象牙質は黄色っぽい色をしているため、前より歯が黄ばんで見えるのです。

酸蝕歯は見た目が悪くなるだけでなく、知覚過敏や虫歯の原因にもなります。エナメル質が薄くなっていくと、ひどい場合は歯の先端が欠けたり縮んだりします。

虫歯の施術をしている場合は、歯の詰め物が外れやすくなるため注意しましょう。一部の歯が溶けたように見える場合は、酸蝕歯であることが疑われます。

クエン酸から歯を守る対策がおすすめです


柑橘系の果物やお酢飲料を飲んだ場合は、できるだけ早く口の中のpHをアルカリ性にするようにしましょう。食後は口の中が酸性に傾きますが、唾液が分泌することで中和できます。

酸っぱいものを食べたときに唾液の量が多くなるのも、口の中をより中和するためだと考えられるでしょう。クエン酸が多い食品を食べたり飲んだりしたら、唾液の分泌を促すことが重要です。

唾液の力だけに頼るのではなく、自分でも口の中を中和するようにしてください。クエン酸を摂取したら、水で口をすすぐと酸の影響を減らすことができます。

口をゆすげないときは、水やお茶を一緒に飲むことでも予防になるでしょう。クエン酸の影響を受けたときは、すぐに歯を磨かないでください。

エナメル質が柔らかくなっているときに歯を磨くと、エナメル質を傷つける原因になります。一度口をゆすいで中和させてから歯を磨くようにしましょう。

スポーツドリンクや野菜ジュースも酸性の飲み物のため、ダラダラ飲むのは避けてください。これらの飲み物はクエン酸だけでなく糖分も一緒に含まれているため、虫歯にもなりやすいです。

酸性の食べ物や飲み物はダラダラとらないで、時間を決めるようにしましょう。

エナメル質を強化する歯磨き剤の使用がおすすめです

酸性の食べ物や飲み物をよくとる方は、歯磨き剤でエナメル質を強化してみましょう。エナメル質を強化する歯磨き剤とは、フッ素を添加した商品のことです。

フッ素がエナメル質を強く硬くして、クエン酸による影響を少なくできるでしょう。酸のダメージに着目した歯磨き剤なら、酸蝕歯の心配がある方でも安心です。

また酸蝕歯の予防には適切なブラッシングが必要だといわれています。エナメル質の強化を助ける歯磨き剤を使った場合でも、歯にダメージがかかる磨き方を避けてください。

乱暴な磨き方をすれば酸蝕歯が進行しやすいため注意しましょう。反対に歯ブラシが多少たわむ程度の圧をかけて歯磨きをすれば、歯に負担がかかりにくくなります。

歯磨き剤以外にもエナメル質を強化する食べ物や、歯のケア商品もあります。リン酸化オリゴ糖カルシウムを配合したガムは、エナメル質強化におすすめです。

特定保健用食品として売られているため、効果に対する研究データもあります。ほかにも歯医者などで取り扱う、エナメル質強化商品もあります。

ガムと同様にリン酸カルシウムなどを配合した商品で、歯磨き後に使用してみてください。

(まとめ)クエン酸は歯の黄ばみの原因となりますか?

1.クエン酸は歯の黄ばみの原因になります

クエン酸が含まれるレモンを使ったホワイトニング対策があります。

しかし歯を白くする効果は一時的なもので、逆にエナメル質を薄くして、歯が黄ばむ原因となるため避けてください。

2.クエン酸は酸蝕歯の原因になることもあります

酸性の食べ物や飲み物はクエン酸が多く、エナメル質が薄くなって酸蝕歯の原因になることもあります。酸蝕歯になると象牙質が透けて歯が黄ばんで見えやすいでしょう。

歯が溶けてしまえば、知覚過敏や虫歯にもなりやすく注意が必要です。

3.クエン酸から歯を守る対策がおすすめです

クエン酸が多い食べ物や飲み物をとったら、口の中のpHをアルカリ性に傾けるようにしましょう。食後は酸性に保ちやすいのですが、唾液の分泌でも中和できます。

酸っぱいものを食べた後に口をゆすげば、酸の影響を受けにくくできるでしょう。

4.エナメル質を強化する歯磨き剤の使用がおすすめです

クエン酸による歯の影響が気になる方は、エナメル質強化の商品を使いましょう。

フッ素配合の歯磨き剤や、リン酸化オリゴ糖カルシウム配合のガム、リン酸カルシウム配合の歯のケア商品などで対策ができます。

589
Return Top