コーヒーは歯の黄ばみの原因になりますか?

コーヒーのタンニンは歯の黄ばみの原因です


コーヒーに含まれるタンニンは、歯の黄ばみの原因となります。タンニンが歯のエナメル質に蓄積していき、少しずつ歯が黄ばんでいくでしょう。

歯の表面には虫歯菌が出す酸から守るために、ペリクルという膜がついています。ペリクルは歯を保護する一方で、コーヒーに含まれる色素成分を歯にくっつける働きもあります。

コーヒーが好きで毎日飲む習慣がある方は、歯に着色汚れが付く前に対処するようにしましょう。

歯を磨いたり口をゆすいだりして着色を防ぐことができます

毎日コーヒーを飲む習慣がある方は、着色汚れが歯に付く前に対処することで、歯の黄ばみ対策ができます。コーヒーを1度や2度飲んだからといって歯が黄ばむわけではないため、普段から汚れを付きにくくするようにしましょう。

着色成分の多いコーヒーを飲んですぐに歯磨きすれば、色素成分を早く洗い流すことができるといわれています。歯に歯垢が付着している状態は細菌が固まりとなって、食物の色素成分を付着させやすいため注意が必要です。

常に歯を清潔に保つようにしていれば、色素成分もこびりつきにくいでしょう。

歯磨きをする際には、ホワイトニングを謳う歯磨き剤を使う方法もあります。色素成分を浮かしやすい成分が含まれている歯磨き剤なら、通常の歯磨き剤より食べ物の着色汚れを除去しやすいです。

ただし研磨剤が含まれている歯磨き剤は、毎日の使用を避けてください。歯の表面を傷つけると着色汚れが付きやすくなってしまうためです。

外出先で食後に歯を磨けないときは、口をゆすぐだけでも着色汚れが付きにくくなります。コーヒーを飲んだ後にすぐ口をゆすぐようにしましょう。

水を口に含ませて、歯に付着した着色を洗い流すようにイメージしながら、水が歯全体にいきわたるようにするとよいです。

コーヒーの飲み方で着色を予防することもできます


コーヒーを飲むときは、できるだけ歯に着色成分が付着しないようにしましょう。カップやグラスから直接コーヒーを飲むと、口全体に着色成分がいきわたります。

ストローを使って飲めば、歯に付きにくくなるでしょう。コーヒーはホットよりアイスのほうが、歯の黄ばみ対策におすすめです。

温かい飲み物だとゆっくりと口に含むため、着色成分が長く歯に触れやすくなります。冷たい飲み物ならすぐに飲み込むことができるため、歯に着色成分が触れる時間は少ないです。

コーヒーを飲む時間や回数も気をつけることで、歯の黄ばみ対策になります。1日中コーヒーを片手に過ごしていれば、着色汚れは歯に付きやすいでしょう。

ダラダラとコーヒーを飲むのではなく、時間や回数を決めて飲むとよいです。食後に飲む対策や、休憩時間に飲むように決めておけば、着色汚れが付くスピードを抑えることができます。

コーヒーを飲む回数を減らせない方は、水を入れたコップを用意しましょう。間に水をはさんだり、最後に水を飲んだりすれば、コーヒーの着色成分をすぐに洗い流すことができます。

コーヒーの汚れが落とせなくなったら歯医者でのケアがおすすめです

日々の生活でコーヒーの着色汚れが付かないように気を付けていても、汚れが少しずつ蓄積していって、自分では落とし切れないと感じることがあります。

セルフケアで落とし切れない汚れは、歯医者でケアしてもらいましょう。

歯に着色汚れが付着しても、ある程度の汚れは歯のクリーニングで除去できます。クリーニングでは専用の機械を使って、歯石取りや歯の表面を磨きます。

歯石が溜まると虫歯や歯周病の原因にもなるため、定期的に除去してもらいましょう。クリーニングの仕上げで歯の表面を磨くと、歯の表面に残っている細菌や汚れを除去できます。

仕上がりは歯がツルツルになり、汚れも付着しにくくなるでしょう。歯のクリーニングは本来の歯の色に戻す方法のため、白くなる限界があります。

より歯を白くしたい場合は、歯医者で対応できるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)や、家庭でケアするホームホワイトニングを活用してみましょう。どちらも薬剤を使って歯を漂白する方法のため、歯のクリーニングより歯を白くする効果が期待できます。

歯の神経が死に黒ずんでいる場合は、白い歯をかぶせて色を改善させることもできます。自費診療でお値段は高くなりますが、長い期間歯を白く保ちやすいことから関心の集まっている施術です。

(まとめ)コーヒーは歯の黄ばみの原因になりますか?

1.コーヒーのタンニンは歯の黄ばみの原因です

コーヒーにはタンニンという色素成分が含まれており、エナメル質に色素が蓄積することで少しずつ歯が黄ばんでいきます。

歯の表面には虫歯菌から守るペリクルという膜がありますが、色素成分をくっつける働きがあるため、色が付着する前に対処しましょう。

2.歯を磨いたり口をゆすいだりして着色を防ぐことができます

コーヒーで歯が黄ばむのが気になる方は、コーヒーを飲んだ後に歯を磨いたり、口をゆすいだりして着色成分を洗い流しましょう。

タンニンはすぐに歯に沈着することはないため、毎回洗い流せば歯の黄ばみ予防になります。

3.コーヒーの飲み方で着色を予防することもできます

コーヒーの着色汚れは、飲み方に注意するだけでも予防できます。ストローを使って飲む対策や、ホットよりアイスを選ぶ方法、ダラダラ飲まないようにする対策です。

コーヒーと一緒に水も飲むようにする方法もあります。

4.コーヒーの汚れが落とせなくなったら歯医者でのケアがおすすめです

毎日のケアでコーヒーの着色汚れが落ちなくなったら、歯医者でケアをしてもらいましょう。歯のクリーニングやホワイトニング、白い歯をかぶせる対策があります。

かかる費用や効果を比較しながら、自分に合う対策をみつけてみましょう。

695
Return Top