湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

フッ素で歯の黄ばみが生じる?

フッ素の種類によっては歯の黄ばみの原因になることがあります


フッ素には、フッ化第一スズ・フッ化ナトリウム・リン酸酸性フッ素溶液などの種類があります。

その中でもフッ化第一スズは、他のフッ素と比べて、う蝕や 歯周病の原因菌の増殖を抑制する効果が期待できるのです。

ただしこのフッ化第一スズは浸透性が高いために 、歯が茶色く着色してしまう可能性があります。

着色が見られるフッ素として、フッ化第一スズは一般的に子供用として使用されています。

フッ化第一スズは歯周病治療などに用いられることがあります

フッ化第一スズは、 歯のエナメル質に含まれるリン酸カルシウムと反応して、 酸性に強くなり、歯の再石灰化を助ける働きをするといわれています。

ブラッシングできちんと汚れが落とせていない場合などには、口内に細菌が増殖しやすくなります。

口内の細菌が作り出す酸によって歯が溶け出すと虫歯になり、歯周ポケットの細菌が周りの歯茎や歯槽骨(しそうこつ)に影響を与えると歯周病になる可能性があるのです。

虫歯や歯周病が進行している場合には、このフッ化第一スズが使用されるケースもあります。

またエナメル質が酸性の強い飲食物によって溶け出してしまうことは「脱灰(だっかい)」といわれ、歯を失う原因とされる酸蝕歯の症状です。

飲食物などのために口内が酸性になると、歯のエナメル質からリン酸カルシウムが徐々に溶け出すため、長い期間をかけて歯が弱り着色も生じるといわれています。

炭酸飲料や柑橘系の果物・ドレッシング・一部のアルコールなどを摂り過ぎている場合には、フッ素を使用するなど注意をした方がいいでしょう。

重度の歯周病などではない場合には、着色の原因とならないフッ素化合物を使用することで改善が期待できます。

フッ素は虫歯予防に用いられる自然環境物質です


フッ素は地上や海水・植物・動物などあちこちに存在している自然環境物質といわれています。

虫歯予防のために塗布されるフッ素はフッ化ナトリウムがほとんどです。
そしてフッ化ナトリウムは岩石の蛍石から精製され作られています。

普段何気なく食べている毎日の食事の中にも、フッ素は含まれています。

このフッ素が注目されたのは、アメリカで虫歯が少ないという現象が見られたことに対して調査が行われたためです。

地域の人々に虫歯が少ない原因を調べた結果、飲料水に含まれたフッ素により高い虫歯予防の効果が得られていたという事実がわかっています。

その後はフッ素の効果を広めるために水道水に添加する都市も出るなど、虫歯予防に大きく役立てられています。

フッ素によって歯のエナメル質を強化や、歯の再石灰化の効果も期待できます。
フッ素入り歯磨きを摂取するなど、上手に使用することで丈夫できれいな歯を保ちやすくなるといえるでしょう。

フッ素入り歯磨きはフッ素の種類を見て買うと安心です

虫歯予防のための歯磨き粉には、フッ化第一スズが含まれている場合もあります。

フッ化第一スズは、歯に着色する可能性があるため、注意が必要です。

虫歯予防用のフッ素配合歯磨きを使用していて歯の着色が気になる時には、フッ素の種類を確認してみましょう。

フッ化第一スズが含まれている場合には、 その着色や日常の飲食などによる着色を避けるため、他のホワイトニング効果のある歯磨きを併用することをおすすめします。

それでも着色が気になるなら、歯科医で歯のクリーニングを受けてみる、また歯科医で歯のホワイトニングを受けるなどで気になる着色を改善することができるでしょう。

通常の歯磨きでフッ素入りの場合には、フッ化ナトリウムなどが配合されています。

とくにフッ化ナトリウムは歯の着色の原因にならず、歯科医でホワイトニングを受ける時の妨げにもなりにくいといわれています。

またフッ素と同じ効果があるリカルデント入りのペーストなど、歯の白さやホワイトニングの施術に影響を与えない歯磨きを選ぶことで、歯の着色の改善に役立ちます。

(まとめ)フッ素で歯の黄ばみが生じる?

1.フッ素の種類によっては歯の黄ばみの原因になることがあります

フッ素の中でもフッ化第一スズは、フッ化ナトリウムやリン酸酸性フッ素溶液などと比べて浸透性が高いとされています。

そのためにフッ素の中でもフッ化第一スズを使用した場合、歯が茶色く着色する可能性があるのです。

2.フッ化第一スズは歯周病治療などに用いられることがあります

フッ化第一スズは歯のエナメル質に含まれるリン酸カルシウムと反応し、歯を酸性に強くする、また歯の再石灰化を助けるとされています。

重度の虫歯や歯周病の場合には使用されますが、軽度の場合には着色の心配がないフッ素化合物が使用される場合もあります。

3.フッ素は虫歯予防に用いられる自然環境物質です

虫歯予防のために塗布されるフッ素はほとんどがフッ化ナトリウムです。

このフッ化ナトリウムは蛍石から生成されている物質です。
実際に虫歯発生を予防する高い効果が得られるとして関心を集めています。

4.フッ素入り歯磨きはフッ素の種類を見て買うと安心です

虫歯予防のための歯磨き粉フッ化第一スズが含まれているなど、歯の着色が生じる可能性があります。

着色が気になる場合には、別の歯磨きを併用する、歯科医でのクリーニングやホワイトニングを受けることが適しているでしょう。

86
Return Top