歯の黄ばみは詰め物にも生じるの?

歯の詰め物は経年劣化などから黄ばみが生じることがあります


虫歯の治療あとに入れられた歯の詰め物は、何年もの長い間使用していることで徐々に着色されてしまいやすいです。

そのため、詰め物に黄ばみが生じるといわれています。
また歯の詰め物のすき間から中に雑菌が入ったために歯の内側が虫歯にある場合があります。

その虫歯が進行した時に詰め物をしている歯が変色して、黄ばみや茶色が生じる可能性があるのです。

詰め物の変色は主に普段の生活で蓄積した着色汚れが原因です

毎日の生活で色の濃い食べ物や飲み物を多く摂取している場合には、歯が黄ばみやすくなってしまいます。

とくにコーヒーや紅茶・緑茶などからは、含まれているポリフェノールが元になり歯の黄ばみの原因となるステインが作られるのです。

歯の汚れと同様に、歯の詰め物も変色する場合があります。
歯の詰め物には、コンポジットレジン(プラスチック)・セラミック(陶器)・銀歯・金歯などの種類があり、何年もつけていると徐々に黄ばみや劣化が生じてくるのです。

ここで詰め物の材質の特徴について見てみましょう。

コンポジットレジン

白く小さな詰め物に使用されるコンポジットレジンは、一般的に使用される詰め物といえます。

虫歯などの穴に詰めて形作ることで施術が完了するので、何度も通院する必要がない、費用を抑えられるなどのメリットがあります。

セラミック

保険適用外で施術が高額になりがちです。
しかしセラミックは白い歯を長期間維持しやすく、審美性も高いという特徴があります。

銀歯・金歯

銀歯は経年劣化で変色というよりは、くすみや傷が生じるとされ、セラミック製の詰め物はこの中でも劣化や変色が起きにくく、美しい状態を保ちやすいという特徴があります。

歯のホワイトニング後に詰め物の色が変わることはありません


歯の黄ばみが気になって歯全体をホワイトニングしたあとに、今度は急に歯の詰め物の色が目立って見えるという場合もあります。

それは、ホワイトニングにより歯全体のトーンが明るくなったために、それまでの詰め物の色が合わなくなり、色が黄ばんで見えるようになってしまった状態です。

詰め物は、ホワイトニングで色を変更することができないため、一度削りとってから新しくつけ直します。

そのつけ直す時に詰め物の色を周りの歯の色に合わせることで、全体を自然な美しい歯にすることが可能になるでしょう。

レジンなら色の変更など、簡単に修正することが可能ですが、より汚れない状態を長く維持したいという場合にはセラミックインレーに変更することも可能です。

前歯の表面側に、ラミネートベニアを選ぶことで白い美しい歯を維持することが期待できます。ラミネートベニアは、前歯の表面を薄く削ってからネイルチップのような薄いセラミックを貼りつける施術です。

歯を削る量が少なく済み、大きく変色した歯も白くでき、歯と歯の間にわずかなすき間がある場合などの矯正にも適しています。

虫歯のために詰め物をしている歯が変色する場合もあります

歯の詰め物は何年も期間が経つことで経年劣化により歯との間に小さなすき間ができる場合などがあります。

そのすき間から歯の内側に雑菌が入り、歯の内側が虫歯になってしまうことを「二次う蝕」と言います。

歯の表面はエナメル質で包まれていて、その内側に象牙質があり、一番内側は神経などが存在する歯髄となっています。

虫歯は通常、歯を表面から破壊していくのですが、内部に入り込んだ細菌は内側で気がつかないうちに歯の神経まで破壊してしまうのです。

歯の神経が死んだ失活歯は、血液の中の鉄分などが象牙細管に入り込んで象牙質が黒く変色し、その変色した色がエナメル質を通して見えるため歯の色が変化して見えます。

この場合には、歯の表面から行うホワイトニングではなく歯の根の治療後、歯髄だった部分に漂白剤を入れて内側から歯をホワイトニングする方法が適しています。

歯に十分な強度が残っていないと、歯の内側からのホワイトニングはできません。
しかし変色した歯を削って白いセラミックなどの被せ物をすると歯の白さの改善が期待できます。

(まとめ)歯の黄ばみは詰め物にも生じるの?

1.歯の詰め物は経年劣化などから黄ばみが生じることがあります

虫歯の治療あとに入れられた歯の詰め物は、何年も経つと経年劣化により徐々に着色されて黄ばみが生じると言われてまいす。

また歯の詰め物の内側に虫歯ができた場合には、 詰め物をしている歯が変色して黄ばみなどが生じることがあります。

2.詰め物の変色は主に普段の生活で蓄積した着色汚れが原因です

毎日の生活で色の濃い飲食物をよく摂取しているという場合には、歯だけでなく詰め物も変色する可能性が高くなります。

ただしセラミックのように詰め物の種類によっては変色しにくいものもあります。

3.歯のホワイトニング後に詰め物の色が変わることはありません

歯のホワイトニングをしたあとには、歯が白くなっても詰め物だけが元の色のままになります。

前歯の詰め物は、レジンの詰め直しやラミネートベニアなどで目立たず自然な白い歯に修正することが可能です。

4.虫歯のために詰め物をしている歯が変色する場合もあります

歯の詰め物を入れてから何年も経つと、経年劣化により歯と詰め物の間にすき間が生じ、歯の内部に細菌が入ることがあります。

歯の内部にできた虫歯によって歯が変色した場合は、歯の内側からホワイトニングを行うと歯の着色の改善が期待できます。

675
Return Top