口呼吸だと歯が黄ばみやすいって本当?

口呼吸が歯の黄ばみの原因となる場合があります


鼻呼吸ではなく、口から吸いこむ口呼吸が習慣化している方もいます。

口の中が乾き、唾液が出にくくなって歯に汚れがこびりつきやすく、黄ばみや口臭の原因となるのです。

さらに口呼吸は汚れた空気が直接肺に取り込まれます。
そのため免疫力が低下したり、口が開いた状態により舌の位置が定まらず、歯並びが悪くなったりするといった弊害を招きます。

口呼吸は、アレルギー性鼻炎による鼻づまりや歯並びの乱れが原因なので、耳鼻科や審美歯科を受診し改善していくことが大事です。

口呼吸だと口腔内が乾きやすく唾液の分泌量が減ります

人は本来、鼻から吸う鼻呼吸をするのが一般的ですが、口呼吸の方も増えています。

鼻呼吸だとフィルターの役割を担っている鼻毛や粘膜により、外気に含まれるホコリやウイルスなどが除去されます。

さらに鼻内部で空気が、加温・加湿されるので清潔や温かく湿った空気が肺に取り込まれるのです。

一方口呼吸の場合は、外気がそのまま肺へと取り込まれるため、ウイルスなどが混じった冷たく、乾燥した空気が入り込むことになります。

すると乾いた空気で口腔内が満たされることになるため、口の中や喉がカラカラに乾燥するのです。

飲食後の食べかすや飲み物などの汚れが歯に付着し、乾燥によりそのまま固まって取れにくくなります。

通常であれば、唾液が口腔内の汚れを流して除去する自浄作用が起こります。
しかし口腔内の乾燥により唾液も分泌されにくい状態になるので、余計に汚れが流されずに、歯についたままになります。

やがて汚れが溜まって、歯が変色し黄ばみの原因となってしまうのです。

口呼吸の弊害は他にもあります


口呼吸は、歯の黄ばみ以外にも身体や口腔内にさまざまな悪影響を及ぼします。

口からダイレクトにウイルスや病原菌を含む空気を肺に取り込むため、免疫力が低下して風邪をひくなど病気にかかりやすくなります。

鼻呼吸に比べると酸素交換率が低く、浅い呼吸になりがちです。
そのため脳への酸素が不足して、頭痛や肩こり・めまいなどの体調不良を招くリスクが高まるでしょう

口腔内だと、唾液が分泌されにくく歯や歯茎に付着した汚れが除去されないので、虫歯や歯周病を悪化させる可能性があります。

さらに歯や歯茎の汚れに雑菌が繁殖し、口臭の原因にもなります。

また口呼吸は歯並びにも深く関係してくると考えられているのです。
鼻呼吸の場合、口を閉じた状態なので舌の先は前歯の後ろに触れています。

舌が歯を押して前に出そうとしますが、口周りの筋肉が口を閉じることでその力を抑えているため、歯並びの乱れを防いでいます。

しかし口呼吸になると、口が開いた状態なので舌の先が舌の前歯の後ろに触れるもしくは、上に乗った状態になります。

すると舌が歯を押してもそれを阻止することができないため、歯並びの乱れにつながるというわけです。

口呼吸の原因は鼻炎や歯並びの乱れ、肥満などです

歯の黄ばみを招く口呼吸になる原因は、いくつか考えられます。

鼻炎

アレルギー性鼻炎などになるとで慢性的に鼻づまりが起きます。
そのため鼻での呼吸が困難な状態になってしまうのです。

歯並び

前歯が突出しているなど歯並びが乱れており、口はやや開いた状態になってしまいます。

口を閉じるための口周りの筋肉が緩み、弱ってしまうことにより口が閉じにくくなり、気づくと口呼吸になっているケースがあるのです。

肥満

肥満により顎の周りや喉などに脂肪がついてしまうと、徐々に太くなり気道が脂肪で圧迫されて狭くなります。

するとどうしても鼻で呼吸するのが苦しくなり、少しでも楽な呼吸になる傾向にあります。

鼻炎に関しては、耳鼻咽喉科を受診して鼻づまりを緩和し、口呼吸を意識することで解消を目指せます。

歯並びに関しては早めに審美歯科を受診し、詳しい検査を受けることをおすすめします。
歯科矯正を行えば歯並びが整って噛み合わせが合い、口が閉じやすくなります。

これによって、口呼吸改善にも効果が期待できるでしょう。

(まとめ)口呼吸だと歯が黄ばみやすいって本当?

1.口呼吸が歯の黄ばみの原因となる場合があります

口呼吸が日常化していると、口の中が乾燥しやすく唾液が減って、汚れが洗い流されなくなり、歯にこびりついて黄ばみになります。

また免疫力の低下や歯並びも乱れなどを招くので早めに対処し、鼻呼吸に戻した方がよいでしょう。

2.口呼吸だと口腔内が乾きやすく唾液の分泌量が減ります

口呼吸はウイルスなどを含んだ冷たい空気が肺へ直接取り込まれるので、口の中も乾燥しやすくなります。

すると唾液が分泌されにくくなり、食べかすや細菌の塊・歯垢は歯にこびりつき、黄ばみの原因となります。

3.口呼吸の弊害は他にもあります

口呼吸は、肺にダイレクトに汚れた空気が入り込むので、免疫力の低下や体調不良などが起こるリスクが高まるでしょう。

さらに歯や歯茎についた汚れに細菌が繁殖し、口臭を招いたり、舌の位置が通常とは異なるため、歯並びが乱れやすくなったります。

4.口呼吸の原因は鼻炎や歯並びの乱れ、肥満などです

鼻炎による鼻づまりや、前歯の突出といった歯並びの乱れ、肥満などが口呼吸の原因とされています。

とくに歯並びの乱れに関しては、審美歯科で歯列矯正すれば口呼吸改善にもつながるのでおすすめです。

588
Return Top