歯の根元に黄ばみができるのはなぜ?

歯の根元の黄ばみは歯垢や透けて見える象牙質などによるものです


根元の黄ばみの正体は、食べかすを栄養として繁殖した細菌の塊であり、歯垢が付着したものです。

歯の根元は歯ブラシが当たりにくいので、磨き残しが多いため歯垢が溜まりやすい傾向にあります。

さらに歯の表面であるエナメル質の奥には黄色っぽい象牙質があります。
加齢などによる歯茎が下がると、象牙質が剥き出しになるので根元が黄ばんで見えてしまいます。

歯垢の除去には審美歯科での歯のクリーニングやホワイトニングなどのケアが効果的です。

歯の根元は歯垢が溜まりやすく黄ばみの原因となります

食事をすると唾液で歯につく食べかすは洗い流されますが、歯と歯の間や歯茎とのすき間に当たる根元部分に入り込むと、そのまま溜まってしまうのです。

すると食べかすをエサとして虫歯菌などの細菌が繁殖して塊となり、歯垢が歯に付着して堆積していきます。

歯垢は粘着性があり黄色っぽくて柔らかいので、すぐに歯ブラシでこすれば容易に取れます。

しかし歯の根元部分というのは、歯ブラシが当たりにくいです。

さらに力を入れて磨くと歯茎に歯ブラシが当たって痛いので根元までは当てないという方もいます。

実際に歯を磨いても、根元まで意識して歯ブラシを当てないと歯の真ん中から下の部分だけした歯垢が除去されていないことが多い傾向にあります。

そうなると歯の根元に歯垢が残り、どんどん溜まって黄ばみがひどくなり、やがて茶色く変色する場合もあるのです。

歯垢を放置すると、唾液中のカルシウムと結びついて硬くなり、歯石となって歯にこびりつきます。

そうなるともはや歯ブラシで必死にこすっても、歯石を取り除くのは難しく歯がさらに変色するという悪循環に陥るのです。

歯の根元汚れにはクリーニングやホワイトニングなどが効果的です


セルフケアでの除去が難しい歯の根元の黄ばみや歯石などの汚れは、審美歯科医による歯のクリーニングできれいに除去できます。

クリーニングとは専用器具を用いて、歯と歯茎のすき間に入り込んだ歯石を排除し、研磨剤と電動ブラシで洗浄し、黄ばみを解消するという施術です。

頑固な根元の黄ばみも、クリーニングである程度除去できる上に、虫歯や歯周病予防にもなるので定期的に受けた方がよいでしょう。

歯の根元だけでなく、全体的な汚れをきれいにしたい場合はホワイトニングも効果的です。

審美歯科で受けられるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、効果の高い漂白剤を歯に塗って、特殊なライトで成分を浸透させるという方法で歯を白くします。

施術時間も短く、また数回の施術が済むので効率よく歯をきれいにできるでしょう。

また自宅でマウスピースと薬液を使って行うホームホワイトニングという方法もあります。

通院の必要もなく、薬液を購入すれば繰り返しケアができるなどのメリットがあるのです。

歯茎が下がると黄色がかった象牙質が見えて歯の根元が黄ばんで見えます

歯は表面を半透明で薄いエナメル質が覆い、その奥に乳白色からベージュ色の柔らかい象牙質が存在します。

歯周病菌が繁殖し、歯を支える骨を溶かす歯周病や、歯並びの乱れによる噛み合わせのズレにより、歯茎に強い負荷がかかることなどが原因で歯茎が下がることがあるのです。

また加齢による歯茎のやせ細りや歯の食いしばり、歯ぎしりなどの癖、強く歯を磨きなど間違った歯磨きなども歯茎下降の要因となります。

歯茎の下にはエナメル質は存在せず、歯茎が下がることで黄みがかった象牙質が剥き出しになるため、歯の根元が黄ばんで見えます。

歯並びも乱れは噛み合わせが合わなくなり、肩こりなどの体調不良も招くので歯科矯正で改善されることをおすすめします。

また歯周病は悪化すると歯が根元からぐらついて、歯を失うリスクも伴います。
そのため歯茎の下降が見られたら、専門のクリニックで一度相談してみてください。

歯の根元の洗浄など、歯周病対策の施術が受けられるでしょう。

(まとめ)歯の根元に黄ばみができるのはなぜ?

1.歯の根元の黄ばみは歯垢や透けて見える象牙質などによるものです

歯の根元の黄ばみは、歯の磨き残しによる歯垢の付着や、黄色がかった歯の奥の象牙質が歯茎の下降で剥き出しになったことが原因と考えられます。

黄ばみ除去対策としては専門医によるクリーニングやホワイトニングなどがおすすめです。

2.歯の根元は歯垢が溜まりやすく黄ばみの原因となります

食事の際に歯に残る食べかすは細菌のエサとなります。

そして細菌が固まると、黄色っぽくて粘着性のある歯垢になり、歯に付着します。
歯の根元は歯ブラシが当たりにくいので、磨き残しが起こりやすいため、黄ばみの原因となります。

3.歯の根元汚れにはクリーニングやホワイトニングなどが効果的です

歯垢や歯石など歯の根元の黄ばみは、審美歯科医による歯のクリーニングやスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)が有効だと言えます。

通院が難しい方には、自宅で薬液を入れたマウスピースを装着する、ホームホワイトニングというケアも選択できます。

4.歯茎が下がると黄色がかった象牙質が見えて歯の根元が黄ばんで見えます

歯茎が下がると、歯の奥の黄みがかった象牙質は剥き出しになり、歯の根元が黄ばんで見えることがあります。

加齢や歯周病・歯並びの乱れなどが、歯茎が下がる原因となるので専門クリニックで早めに処置を受けられることをおすすめします。

636
Return Top