歯の表面の汚れを削ると黄ばみは取れるの?

歯の表面の汚れを削るだけで黄ばみはきれいには取れません


電動歯ブラシや研磨剤入り歯磨き粉などを使い、強くこすって歯の汚れを削ると、多少は歯の黄ばみも取れる可能性はあります。

しかし歯の黄ばみは色の濃い飲食物などの色素が長年蓄積し、しみ込んでいるのでセルフケアだけでは除去に限りがあるでしょう。

一方歯を削らないで薬液とレーザーを用いて行う、審美歯科のスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)なら、歯を白くする効果が期待できます。

またマウスピースと薬液を使用して、自宅で行うホームホワイトニングも可能です。

歯を削って黄ばみを採る方法は歯を傷つけるリスクがあります

歯の表面を削ると、歯の黄ばみが取れると思われがちですが、必ずしもそうではありません。

歯ブラシで強めに歯をゴシゴシこすると、歯の表面についた汚れが除去されて黄ばみが解消され、自然な白い歯に戻ることもたしかにあります。

市販されている研磨剤や重曹・電動歯ブラシなど、こびりついた汚れを削ることで落とすアイテムを使うのも効果的でしょう。

しかし歯磨きが不十分で歯に着色汚れであるステインが付着し、長年にわたって蓄積されると、色素がどんどん歯の奥にまでしみ込んでしまいます。

いくら歯磨き粉などで表面の汚れを削っても、しっかり落ちず、黄ばみが解消されないケースもあるのです。

逆に歯を削ることで表面に傷がついて、凹凸のあるザラザラした状態になります。
飲食をすると、そこへまた新たな着色汚れが付着すると今度は傷のすき間にまで色素が入り込むのです。

そうなると研磨剤入り歯磨き粉でも、以前ほど落とせなくなる場合もあります。

さらに歯の表面を覆う半透明のエナメル質が薄くなり、その奥の黄みがかった象牙質が透けて見えることで、歯の黄ばみが目立つ可能性もあるでしょう。

審美歯科が行うホワイトニングケアは歯を白くするのに有効だとされています


歯の黄ばみ対策としては、自分でムリに歯を削らないで審美歯科で、歯のホワイトニングを受けるのが効果的です。

審美歯科で行われるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、黄ばみに専用の漂白剤を塗布し、特殊はレーザーライトを当てて汚れを除去する方法です。

ホワイトニング効果に優れた濃度の高い薬剤を歯に塗布しますが、歯茎には保護材を使用するため、歯や歯茎へのダメージもなく安全に行えると言われています。

また数回の通院で、しかも1回につき広範囲の歯の黄ばみを解消できるということで効率的でもあります。

他にも、自宅で行うホームホワイトニングという方法もあるのです。
まず歯型を採取し、個人に合った専用のマウスピースを作成します。

そこへ濃度を薄めた薬剤を入れて1日数時間を目安に、数日間にわたり装着します。
薬剤が歯へ浸透することで、黄ばみを除去し、自然な白い歯をよみがえらせるという方法です。

ホームホワイトニング効果をより高めるためには、マウスピースをつけた状態でLEDライトを照射する方法もあります。

歯の黄ばみが気になったら、まずは審美歯科を受診して、ホワイトニングを検討してみましょう。

歯の黄ばみの原因が色素の強い飲食物の摂取にあります

歯の黄ばみは、歯の表面についたステインが蓄積することで起こります。
ステインの原因は、主に色素の濃い飲食物にあります。

赤ワインやチョコレート・グレープジュースなどにはポリフェノールが、緑茶やコーヒー・紅茶などにはカテキンやタンインなどの色素成分が含まれています。

他にもカレー粉やケチャップ・醤油といった調味料も歯を着色させる着色料が含まれています。

こういった飲食物・調味料を用いた食べ物を頻繁に摂取していると歯に色がつきやすく、黄ばみが加速するリスクが高まるでしょう。

またタバコに含まれるヤニも歯の黄ばみの原因となります。
一度着色すると、歯磨きぐらいでは落とせません。

歯の黄ばみや着色を防ぐには、色の濃い飲食物を摂取したらすぐに口をすすぎ、歯磨きして色素を長時間歯に付着させないことが大事です。

また定期的に審美歯科に通い、歯や歯茎についた汚れの洗浄や、清潔に保つための歯のクリーニングなどのケアを受けるようにしましょう。

(まとめ)歯の表面の汚れを削ると黄ばみは取れるの?

1.歯の表面の汚れを削るだけで黄ばみはきれいには取れません

研磨剤入り歯磨き粉などを使って歯の表面の汚れを削っても、黄ばみは完全にはきれいにならないでしょう。

審美歯科でのスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)や、自宅で行うホームホワイトニングなら歯をきれいにする効果が期待できます。

2.歯を削って黄ばみを採る方法は歯を傷つけるリスクがあります

研磨剤入りの歯磨き粉などで歯の表面の汚れを削ることで、ある程度黄ばみは除去できる可能性はあります。

ただ黄ばみ除去には限界があり、しかも歯の表面が傷ついてさらに汚れが入り込んで着色がひどくなるケースもあります。

3.審美歯科が行うホワイトニングケアは歯を白くするのに有効だとされています

審美歯科では、歯に薬液を付着させて特殊なレーザーを当てて黄ばみや着色を除去する、スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)が受けられます。

また薬液を入れたマウスピースを自宅で装着する、ホームホワイトニングという方法もあります。

4.歯の黄ばみの原因が色素の強い飲食物の摂取にあります

コーヒーなどの色素の濃い飲食物やカレー粉などの調味料は、歯の表面に着色汚れがつきやすく、蓄積して黄ばみを招きます。

予防には食後すぐに口をすすぐ、飲食の回数を減らす、定期的に審美歯科で歯のクリーニングを受けるといった対策が必要です。

637
Return Top