歯の黄ばみを採る方法とは?

歯の黄ばみを採る方法として審美歯科のホワイトニングケアが効果的です


歯の黄ばみを採る方法の中でも、審美歯科で行うスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は歯を白くよみがえらせる効果に優れていると言われています。

数回の通院で、しかも1回につき広範囲のホワイトニングができるので効率的です。

また期間は必要ですが自宅ででも行えるホームホワイトニングという方法もあります。
こちらはマウスピースや薬液を使用し、コストパフォーマンスにも優れているという特徴があるのです。

研磨剤入りの歯磨き粉使用などのセルフケアは、歯の傷つけるリスクもあるので、専門医にかかることをおすすめします。

審美歯科で受けられるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は歯を白くする効果が期待できます

歯の黄ばみを採る方法は色々ありますが、中審美歯科を受診し、ホワイトニングケアを受けるのが有効だと言われています。

ホワイトニングケアは、高濃度の漂白剤を歯に塗布し、特殊なレーザーを当てることで汚れを浮かせて、除去するという方法です。

審美歯科で行われるケアは、スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)と呼ばれます。
ケアの流れは、事前に施術方法などを説明するカウンセリングを行い、歯や歯茎の状態をチェックします。

そして汚れを除去し洗浄する歯のクリーニングを行います。
次に歯や歯茎に高濃度の薬剤がつかかないように、保護材を塗布していよいよホワイトニング剤を歯につけ、レーザー照射を数回行います。

最後に歯の色をチェックしたら終わりです。

メイクのような感覚で歯を効率よく白くできて、しかも歯や歯茎にも優しいので安心できるでしょう。

ただ歯のホワイトニングは保険適用外の診療であり、実費払いとなります。
費用もある程度かかるので、あらかじめ調べて予算立てしておくと安心です。

自宅でできるホームホワイトニングもあります


ホームホワイトニングというのは、自宅で行うセルフケアです。
審美歯科で歯型を取って作成してもらったマウスピースに、歯を白くするための薬剤を入れ、歯に毎日数時間装着するという方法で行います。

薬剤の入ったマウスピースを装着した状態で光を当てるとホワイトニング効果が数倍になるとされています。

そのためLEDライトを自分で照射するという方法も取り入られつつあります。
頻繁に通院しなくても、自宅であいた時間にできるといった手軽さがあります。

また薬剤を購入すればマウスピースを使って何度でも行えるといったメリットがあります。

さらにコストパフォーマンスもよいのでお財布に優しいのも魅力です。

自分のペースで多少時間がかかってもやりたい、セルフケアが苦にならない、できるだけコストを抑えたいという方などにおすすめです。

より高いホワイトニング効果を求める方には、スタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)とホームホワイトニングを併用した、プレミアムホワイトニングを選択することもできます。

セルフケアは歯を痛めるリスクもあるので注意が必要です

セルフケアで歯の黄ばみを採る方法としては、研磨剤や重曹入りの歯磨き粉を使う方法もあります。

歯磨きにより歯の表面についた着色汚れ、ステインを削り落とし黄ばみを目立たなくするのには効果的です。

電動歯ブラシなら細かな振動が歯の汚れをそぎ落としてくれるので、一定の効果が期待できるでしょう。

また消しゴムのようなシリコン材と研磨剤が入った歯の消しゴムというアイテムも市販されています。

研磨剤をつけたシリコンで歯をこすり、汚れを落としていきます。
ただこういった一般的なセルフケアには限界があります。

ある程度汚れは落とせたといっても、黄ばみをなくして歯を自然な白さへ戻すことは難しい傾向にあります。

歯をこすりすぎたり、強い成分入りのものを使うと歯や歯茎を傷つけたりしてしまう可能性も考えられるでしょう。

歯の表面が薄くなったり、歯茎が炎症を起こしたりして知覚過敏や歯周病の原因となるケースもあります。

やはり、歯を白くするには専門医に相談して正しい方法で行うのがよいと言えるでしょう。

(まとめ)歯の黄ばみを採る方法とは?

1.歯の黄ばみを採る方法として審美歯科のホワイトニングケアが効果的です

審美歯科医によるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、短期間で効率よく、広範囲の歯を白くする効果が期待できます。

またマウスピースを使った、自宅で行うホームホワイトニングは自分のペースでできてコストパフォーマンスもよいなどの利点があります。

2.審美歯科で受けられるスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)は歯を白くする効果が期待できます

歯の黄ばみを取るには審美歯科で行うスタンダードホワイトニング(オフィスホワイトニング)が有効だとされています。

漂白剤を歯につけて、特殊なレーザーを当てると汚れが除去できて、効率よく歯をきれいにするという施術です。
歯茎や唇には保護材を使うので、安心して受けられるでしょう。

3.自宅でできるホームホワイトニングもあります

専用のマウスピースに薬液を入れ、数時間装着する自宅で行うホワイトニングケアもあります。

自分のペースでできて薬剤を購入すれば繰り返し行える上に、コストパフォーマンスもよいといったメリットがあります。

4.セルフケアは歯を痛めるリスクもあるので注意が必要です

自分で歯の黄ばみを取るのに、研磨剤入りの歯磨き粉や電動歯ブラシ・歯の消しゴムといったアイテムを使うのもよいでしょう。

ただ歯の表面を覆う薄いエナメル質を傷つけたり、削られて薄くなったりするリスクも高いので、専門医に任せた方が安心です。

592
Return Top