湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯の黄ばみを防止する方法とは?

歯の黄ばみを防止するには日常生活の習慣を改善することが大切です


歯の黄ばみは飲食物やタバコなどにより、歯の表面に着色汚れが付着することで起こると考えられています。

そのため、色素の濃い食品の摂取や喫煙はできるだけ避け、食後に歯磨きを行うことで汚れやヤニを落とす習慣をつけることが大切です。

また、唾液は歯の表面を汚れから守り、再石灰化を促す作用を持つと考えられています。
よく噛んで食べると唾液が分泌されやすくなるため、咀嚼することも意識してみましょう。

歯磨きや食事の習慣を改善し歯の黄ばみを防止しましょう

一度黄ばんでしまった歯は、自力で元に戻すことが難しいと考えられています。
歯の黄ばみが起こってしまう前に、日常生活の習慣を改善することで防止することが大切です。

歯の黄ばみを防止する方法にはいくつか挙げられます。

歯磨きでこまめに汚れを落とす

歯の黄ばみの大きな原因となるのは、飲食物やタバコなどによって歯の表面に着色汚れが付着することです。

なるべく色素の濃い食品の摂取や喫煙を避けることが歯の黄ばみを防止する方法となります。

また、歯磨きを行う習慣を身につけることで、食事による汚れやヤニ付着を防ぐようにしましょう。

歯磨きができないときは、うがいだけでもよいです。

良く噛んで食事をする

歯は内側にある乳白色の象牙質と、外側にある半透明のエナメル質で構成されています。
エナメル質に象牙質が透けて歯が白く見える仕組みです。

しかしながら、エナメル質は食事によってミネラルが溶け出す「脱灰」状態となります。
脱灰状態が進むことで象牙質が見えなくなり、歯が黄ばんでしまうことがあるのです。

通常、唾液によってエナメル質は修復されます。
唾液の分泌を促すためにも、良く噛んで食事をすることが大切です。

歯のホワイトニングではもともとの歯を白くすることも可能といわれています


もし、歯の黄ばみが気になる場合、歯科クリニックで「ホワイトニング」を受けることで黄ばんでしまった歯を白くすることが見込めます。

自宅で歯磨きを行っていても、市販の歯磨き粉ではなかなか歯を白くすることは難しいです。

また、ホワイトニング歯磨き粉などを使用する方法もありますが、中には研磨剤が多く含まれているものもあります。

研磨剤によるブラッシングは、歯のエナメル質を傷つける可能性があるのです。
かえって歯の黄ばみを助長させてしまう恐れがあるため、過度な使用は推奨されていません。

一方、歯科クリニックで受けられるホワイトニングは、薬剤として「過酸化尿素」や「過酸化水素」などが使用されています。

これらの成分には着色汚れや歯の色素を分解する作用があるといわれています。
歯の黄ばみを落とし、もともとの歯を白くするブリーチ効果も期待できるのです。

ほかにも、「分割ポリリン酸Na」と呼ばれる成分が使用されることもあります。

分割ポリリン酸Naは漂白作用が強く、歯の内部に入り込んだ着色汚れを分解するといわれている成分です。

コーティング効果も期待できるため、ホワイトニング後の着色汚れを防ぐためにも用いられています。

歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あります

歯のホワイトニングと一言でいっても、その種類は大きく分けて2つにわけることができます。

予算や目的、ライフスタイルに合わせてホワイトニングの種類を選ぶとよいでしょう。

オフィスホワイトニング

歯科クリニックで施術してもらうホワイトニングです。
歯科医師・歯科衛生士といったプロによって施術が行われます。

施術にかかる時間は1時間程度、費用の相場は3~5万円程度です。

3ヶ月~6ヶ月程度効果が持続すると考えられています。

濃度の高い薬剤を使用するため、効果の表れ方が早い傾向にあります。

ホームホワイトニング

文字どおり自宅で行うホワイトニングです。
歯科クリニックで作成したマウスピースを薬剤につけ、それを装着する方法となります。

費用の相場は2~4万円程度ですが、1週間分程度の薬剤が必要となるため、1万円程度追加費用がかかる可能性があると考えておきましょう。

オフィスホワイトニングに比べ、使用する薬剤の濃度が低いため、効果の表れ方が緩やかな傾向にあります。

1年程度効果が持続すると考えられています。

(まとめ)歯の黄ばみを防止する方法とは?

1.歯の黄ばみを防止するには日常生活の習慣を改善することが大切です
歯の黄ばみは歯の表面の着色汚れが大きな原因と考えられます。

色素の濃い飲食物や喫煙を避け、歯磨きを行う習慣をつけることが大切です。

また、唾液にはエナメル質を修復する働きがあるため、良く噛んで食べることも歯の黄ばみを防止する方法の1つでしょう。

2.歯磨きや食事の習慣を改善し歯の黄ばみを防止しましょう

色素の濃い飲食物やタバコは歯の黄ばみの大きな原因となるため、それらを避けることや歯磨きの習慣を身につけることが大切です。

また、唾液によってエナメル質の修復が行われるため、良く噛んで食べることも歯の黄ばみを防止する方法の1つと考えられます。

3.歯のホワイトニングではもともとの歯を白くすることも可能といわれています

市販の歯磨き粉では歯の黄ばみを落とすことが難しいです。
歯科クリニックで受けられる歯のホワイトニングなら、歯の黄ばみを落とし、歯を白くすることも可能でしょう。

使用する成分によっては、ホワイトニング後の着色汚れを防ぐ効果も期待できるでしょう。

4.歯のホワイトニングには大きく分けて2種類あります

歯のホワイトニングは歯科クリニックで施術を受ける「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

ホワイトニングは種類によって施術を行う場所や費用の予算、効果の表れ方や持続期間などに違いがあります。

399
Return Top