湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正でアレルギー症状を引き起こすことはあるの?

歯科矯正中にアレルギー反応が引き起こる場合もあります


歯科矯正施術では主に金属が使われることも多く、金属アレルギーを持っている人に対してアレルギー症状が引き起こってしまう場合もあります。

もし、歯科矯正中に肌に突然炎症が起きたり、口の中が腫れたりした場合は、金属アレルギーによる症状も疑いましょう。

ただし、歯科矯正施術には金属を使わない方法もあり、金属アレルギーを持っている人も歯科矯正を行うことは可能です。

歯科矯正で金属アレルギーの症状が発症する場合もあります

歯科矯正の施術では金属で作られた装置・道具を使うことが多く、金属アレルギーを持っている人は症状が引き起こされる可能性があります。

たとえば歯を固定させるワイヤーやブラケットなども金属アレルギーになりやすいと言われている、ニッケルやクロムを含んでいる場合もあるので注意が必要です。

また、金属アレルギーと言っても金属全般でアレルギー症状が出る人もいれば、ある特定の金属だけに反応する人もいます。

さらに特定の金属だけに症状が出るという人が歯科矯正を行ったことで、他の金属に対してもアレルギー症状を発症してしまうという「交差反応」を引き起こす場合もあるでしょう。

金属アレルギーかどうかを調べるには、金属アレルギーのパッチテストを受けるとチェックすることができます。

パッチテストは1度ですべて判定できるわけではなく、何度も通院する必要がありますし、テスト中は痒みが出てしまう可能性もあります。

また、夏場は適さないため秋・冬などの比較的涼しい季節に限定されてしまうのです。

それでも歯科矯正を行った後に金属アレルギーの症状が出てしまうよりも対応しやすくなるため、歯科矯正前に調べたいという人はパッチテストを受けてみましょう。

金属アレルギーではさまざまな症状が見られます


金属アレルギーを発症してしまった場合、さまざまな症状が引き起こる可能性があります。

しかも、それは歯科矯正で口内に金属を使っているので口内だけにアレルギー症状が見られるというだけではなく、場合によっては全身にもアレルギー症状が出てくることもあるのです。

口内に現れる症状

口内に現れる症状の中でも、とくに見られるのは皮膚炎です。

金属が接触している部分の皮膚が炎症を起こしてしまいます。

ワイヤー矯正は歯に装着するので皮膚に炎症は起きないのでは?と思われるかもしれませんが、唇や舌がワイヤーに触れることも多く、痛みや痒みを伴う場合もあります。

また、アンカースクリューを使ったインプラント矯正は金属のネジを歯茎に差し込むため、歯茎から炎症を引き起こす可能性もあるでしょう。

ほかにも口内に現れる症状には、舌に赤い斑点ができる扁平苔癬や、口内炎がたくさんできるなども金属アレルギーの症状と考えられます。

全身に現れる症状

唾液によって金属イオンが体内に入ると全身に症状が現れてしまう場合もあります。

皮膚の痒みや炎症、蕁麻疹、肌荒れ、肩こり、頭痛など、アレルギー症状としてイメージされるものとは異なる不定愁訴も金属が原因となっている可能性があるので気を付けましょう。

また、手のひらや足底に膿疱が突然現れ、その症状が繰り返される掌蹠膿疱症や、水ぶくれが突然たくさんできて赤くただれてしまう全身性接触皮膚炎などを引き起こす場合もあります。

金属を使わない歯科矯正方法もあります

上記で紹介した金属アレルギーの症状を見ると、金属アレルギーを持っている場合、歯科矯正ができないのでは、と思われてしまうかもしれません。

しかし、金属アレルギーの人でも歯科矯正を行うことはできます。

金属を使わない方法を選べばよいのです。

たとばマウスピースによる矯正では、樹脂によって作られたマウスピースを長時間装着することで歯並びを矯正していきます。

金属を使っていないので金属アレルギーの症状が起きる心配もありません。

マウスピースだと装着する時の違和感が気になる、見た目にもこだわりたいという人には、セラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正は金属を使わないことはもちろん、セラミックの被せ物をするため見た目にも本来の天然歯と変わらず、短期間での施術も可能となります。

このように、金属を使わない歯科矯正方法もあるため、金属アレルギーをすでに持っている人や金属アレルギーを引き起こしてしまうのではないかと不安に感じている人は、金属を使わない方法から選んでみましょう。

(まとめ)歯科矯正でアレルギー症状を引き起こすことはあるの?

1.歯科矯正中にアレルギー反応が引き起こる場合もあります

歯科矯正では金属が使われることも多く、金属アレルギーの人だとアレルギー症状が引き起こってしまう可能性もあります。

ただ、歯科矯正方法の中には金属を使わない方法もあるので金属アレルギーの人も歯科矯正を行うことは可能です。

2.歯科矯正で金属アレルギーの症状が発症する場合もあります

歯科矯正の施術には金属で作られたワイヤーやブラケットなどを用いるため、金属アレルギーを持っている人は症状が出てしまう可能性もあります。

金属アレルギーかどうかを調べるにはパッチテストを病院で調べることも可能です。

3.金属アレルギーではさまざまな症状が見られます

歯科矯正中の金属アレルギーの症状は、口内だけではなく全身に表れる場合もあります。

とくに皮膚炎が突然起きたり、痒みや痛みを伴ったりする場合は早めに医師へ相談するようにしましょう。

4.金属を使わない歯科矯正方法もあります

歯科矯正方法には金属を使わない方法もあります。

たとえばマウスピースによる矯正やセラミック矯正などです。

すでに金属アレルギーを持っている、またはアレルギー症状が引き起こるか不安な人は、金属を使わない歯科矯正方法を選びましょう。

242
Return Top