湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯のぐらつきは歯科矯正で予防できる?

ぐらつきを予防する方法として歯科矯正があります


歯がぐらつく原因としてはさまざまな要因があります。

主な要因は歯周病となりますが、噛み合わせが悪いことで歯周病になることもあります。

そのため、噛み合わせを改善させることで歯周病を予防することができるのです。

噛み合わせは歯科矯正によって改善させることが可能となるので、歯のぐらつきは歯科矯正によって予防することが可能でしょう。

ぐらつきの原因を除去することが大切です

歯がぐらつく原因としてはスポーツや転倒などによる怪我も考えられますが、歯周病が進行してしまうことでもぐらつきは発生する場合があります。

歯周病の原因はプラークと言われていますが、間接的原因として口の中の環境や生活習慣も関係していると言われています。

毎日歯ブラシやフロスなどを使用して時間を掛けてしっかりとケアしているにも関わらず、歯のぐらつきが気になるのであれば歯並びや噛み合わせについても考えてみましょう。

本来噛むべき場所で噛まずに、自身が噛みやすい場所によって噛んでいる場合、ズレが生じるので一部分にだけ歯に負荷が掛かるだけではなく、歯が揺さぶられることでぐらつきが生じてしまうのです。

噛み合わせが悪い状態が続いてしまうと、歯に負担が掛かり歯周病と同様の症状が出てくるので、ぐらつきが進行して歯が抜けてしまうことも考えられます。

それを防ぐためにも歯科矯正を行って歯並びを良くし、噛み合わせを改善することが大切です。

原因を除去できれば、歯のぐらつきを予防できるでしょう。

症状が悪化する前に受診することが大切です


歯並びや噛み合わせに関して自分では問題がないと感じていても、実際にはさまざまな問題が起こっている可能性もあります。

しっかりとケアをしているにも関わらず、歯周病になり歯のぐらつきを感じている場合には早めに歯科医院への相談が大切となりますが、歯周病になる前にケアを始めることも重要なポイントと言えるでしょう。

歯科医院に受診するタイミングがわからずに悩む人も多いと思うので、以下のような問題点があれば早めに受診するようにしましょう。

毎日歯を磨いているにも関わらず歯に問題が生じる

歯並びが悪い場合、時間を掛けて歯磨きをしても磨き残しがあることでプラークが付きやすくなる場合があります。

放置していると歯周病になり歯のぐらつきが発生してしまうので、正しい歯の磨き方を知るためにも歯科医院を受診し、必要であれば歯科矯正を視野に入れて考えてみましょう。

歯茎の後退が見られる

毎日歯を磨いていても歯並びが悪かったり噛み合わせが悪かったりすることで、歯茎にさまざまな症状が現れる可能性があります。

歯茎が下がっていたり後退が見られたりする場合には歯周病になっている可能性もあるので、放置はせずに早めに歯科医院を受診してみましょう。

セラミック矯正でも歯のぐらつきを予防することができます

噛み合わせが悪い場合には、歯並びを改善させることで予防することができますが、歯科矯正はゆっくりと時間を掛けて歯並びを整えていくこととなるのでデメリットもあります。

矯正にはいくつかの種類がありますが、セラミック矯正でも歯並びを整えて噛み合わせを改善することで歯のぐらつきを予防することが可能です。

セラミック矯正は歯を抜いたり削ったりした後にセラミックを被せて歯を矯正していきます。

1回の施術時間も1時間ほどとなり時間を掛けずに行えるため、長くても数ヶ月程で施術を終えられる場合もあります。

ワイヤーなどを使った歯科矯正と比べても短い期間で矯正が行えるので、仕事が忙しい社会人にとっても安心して通うことができるでしょう。

歯並び以外にも歯の黄ばみや不揃いの歯など見た目で悩んでいる人もいるでしょうが、セラミック矯正はセラミックの色や素材をその人に合ったものを選ぶことができるので、歯に対する悩みを抑えることも可能です。

歯科矯正にもさまざまな種類があるので、自分に合った方法を医師と相談しながら決めていきましょう。

(まとめ)歯のぐらつきは歯科矯正で予防できる?

1.ぐらつきを予防する方法として歯科矯正があります

噛み合わせが悪いことで歯周病を招く恐れがあります。

歯周病が進むと歯のぐらつきが発生するので、歯科矯正によって噛み合わせを改善させることで歯周病による歯のぐらつきを予防することができるのです。

2.ぐらつきの原因を除去することが大切です

歯のぐらつきの原因としては口腔環境も挙げられます。

噛み合わせが悪いことで歯に負担が掛かり、歯周病を引き起こすこともあるので、歯科矯正によって歯並びを改善させることで噛み合わせを改善し、歯のぐらつき予防につながると考えられます。

3.症状が悪化する前に受診することが大切です

歯のぐらつきが発生する前に自分でケアをしていくことが大切です。

しかし、ケアをしているにも関わらずさまざまな症状が出ている場合には早めに歯科医院を受診して正しいケアの仕方を学び、必要であれば歯科矯正を行って歯のぐらつきを予防しましょう。

4.セラミック矯正でも歯のぐらつきを予防することができます

歯のぐらつきを予防するための歯科矯正にはさまざまな種類があります。

セラミック矯正は短い期間で矯正が行え歯の悩みも改善できるのでおすすめですが、自分に合った方法で施術を進めていくことが大切なので、医師と相談しながら進めていきましょう。

219
Return Top