湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正でゴムかけは必要なものなの?

ゴムかけは歯科矯正の状況に応じて必要です


ゴムかけはすべての歯科矯正に行われるものではなく、歯の状態によって必要になります。

そのため、ゴムを使わなくても施術が終わる人もいれば、ゴムかけと合わせて効率良く歯科矯正を進める人もいます。

ゴムかけは矯正が始まったすぐの段階ではなく、ある程度進んだ上で検討され、使用や使用期間は医師の診断に任されることが多いです。

ゴムかけを使わない歯科矯正もあります

歯科矯正といってもさまざまな種類があり、中にはゴムかけを一切使わない施術もあります。

その施術はセラミッククラウンを用いるセラミック矯正です。

セラミック矯正では矯正したい歯を削り、セラミックでつくられた被せ物を削った歯に貼りつける施術です。

ゴムかけは小さなゴムを歯にひっかけ、動かしたい方向に力をかけて歯を動かし、歯並びを整えています。

なので、矯正器具では動かせない歯に対して効果的です。

しかし、セラミック矯正は歯を動かす方法ではないので、ゴムを用いる必要がありません。

歯を動かす矯正は歯の動くペースに合わせて矯正が進むので、かなり時間がかかってしまいます。

ゴムかけも症例に応じて使用期間に個人差があり、1年近く使い続けることになるケースもあるでしょう。

セラミック矯正は歯を動かす必要がないので、矯正器具やゴムかけによる歯科矯正よりも期間を大幅に短縮することが可能です。

矯正方法によってばらつきがありますが、平均1年から3年はかかる歯科矯正も、セラミック矯正なら2ヶ月から数ヶ月で済ませることができます。

歯科矯正やゴムかけは期間が長いとストレスにもなるので、短期間の完了を目指すのであればセラミック矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

ゴムかけは自分で行わなければなりません


ゴムかけは医師が施してくれるものではなく、自分で行う方法です。

ブラケットは医師が装着してくれますが、ゴムかけは専用の小さなゴムを使い、自分で装着します。

なぜ自分で行う必要があるのかというと、ゴムかけは基本的に1日中つけているもので、ゴムの品質や衛生面から毎日交換が必要なものだからです。

医師がつけてくれるとなると、毎日歯科医院に通って装着してもらう必要があります。

また、ゴムは食事や歯みがきをする時は外すので、外すたびに歯科医院に通うのは大変です。

とくに使用期間が長期にわたる場合は通院の負担が大きくなるので、お客様個人で装着できるように指導されます。

歯をしっかり動かすためにはつけている時間を長くしなければなりませんが、ゴムは使い続けると伸びてしまい伸縮性を失います。

この伸縮性が歯を動かす動力となるので、毎日交換することを推奨されているのです。

小さなゴムなのでスムーズに装着できるようになるまで、時間もかかることでしょう。

毎日自分でつけなければならず、食事や歯磨きでは一度外し、つけなおさなければならず、とても手間がかかります。

面倒だからと中断してしまうと歯科矯正の期間が延び、また間隔を空けたり、装着時間が短かったりすると本来の効果が発揮されません。

再開する時に強い痛みに再び耐えなければならないデメリットもあります。

とても根気のいる矯正方法なので、もっと手軽に歯科矯正をしたいのであればセラミック矯正の方がよいでしょう。

セラミック矯正は見栄えがよい施術です

セラミック矯正は審美性に優れた歯科矯正です。

ゴムかけはゴムをかけなければならないので、見栄えがあまりよくありません。

比較的見栄えがよい矯正器具を使っていても、ゴムのせいで見た目が損なわれることもあるでしょう。

ゴムの色もさまざまなものがあるので、色によっては目立ちにくいものの、大きく口を開けばゴムが見えてしまいます。

自宅の中では良くても、外や会社だと恥ずかしいと感じる人は少なくないのです。

一方、セラミック矯正は矯正期間中、本歯に近い仮歯を使います。

仮歯は自然の歯に近い見た目なので見栄えが損なわれず、周囲に歯科矯正を受けていることも気付かれにくいです。

また、本歯となるセラミッククラウンは色や形を調整できるので、より美しい見た目にすることができます。

歯並びだけではなく歯の色や形を変えたい、または目立たずに歯科矯正をしたい方に向いている施術なので、気になる方は医師に一度相談してみてください。

(まとめ)歯科矯正でゴムかけは必要なものなの?

1.ゴムかけは歯科矯正の状況に応じて必要です

ゴムかけは歯の状況に応じて使用されるので、歯科矯正を受ける人の中には途中から一定期間使う人もいれば、まったく使わずに完了する人もいます。

絶対に必要な施術ではなく、必要に応じて行われるものです。

2.ゴムかけを使わない歯科矯正もあります

セラミック矯正なら歯を動かす必要がないので、歯を動かすゴムかけを行う必要がありません。

ゴムかけは長期にわたって行うケースが多く精神的な負担も大きくなりやすいので、ストレスを軽減して短期間で完了する方法としてセラミック矯正は向いています。

3.ゴムかけは自分で行わなければなりません

ゴムかけは毎日1日中装着し、食事や歯磨きの際はとらなければならないので、いちいち歯科医院でつけてもらうと手間がかかるので、自分で装着しなければなりません。

間隔を空けず毎日続けることが大切ですが、セラミック矯正ならムリなく歯並びを整えられます。

4.セラミック矯正は見栄えがよい施術です

ゴムかけは見栄えが悪いデメリットがありますが、セラミック矯正中は仮歯を使うので、見栄えが良く人に気付かれるリスクも低いです。

また、本歯はお好みの色や形に変えられるので、理想的な美しい歯に仕上げられます。

181
Return Top