湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

ゴムかけよりも効果的な歯科矯正とは?

セラミック歯科矯正ならゴムかけよりも効果的です


ゴムかけよりも効果的な施術を希望するなら、セラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正は矯正器具を使わずとも歯並びをきれいにでき、ゴムかけも必要ありません。

毎日ゴムをつける手間を省くことができるので、ゴムかけよりおすすめできる施術です。

対応できる症例も多く、何より人に気付かれにくく短期間で歯並びを良くできることにメリットがあります。

セラミック矯正は被せ物による歯科矯正です

セラミック矯正は矯正器具ではなく、セラミック製の被せ物を使った矯正方法です。

被せ物を使う歯科矯正には自分の歯型に合わせて歯を動かすマウスピースがありますが、それとは矯正方法が異なります。

セラミック矯正の場合、理想的な歯型のセラミッククラウンを装着するために、問題の歯やその周りの歯を削って被せる施術です。

マウスピースは透明な被せ物を使って弱い力をかけ、歯を動かす方法なので矯正の原理はブラケット矯正と同じで、被せ物を使う方法でもセラミック矯正とは違います。

矯正器具を使った方法はじっくり時間をかけて歯を動かし、またそれでも矯正が難しい受け口や出っ歯などの症例に対してはゴムかけを使うことで改善を促しているのです。

セラミック矯正は目立つ部分を削り、被せ物をすればいいので、数ヶ月で施術が完了でき、被せ物なので理想の歯型や色を再現できるため審美性にも特化しています。

他の矯正器具や2年から3年以上が平均的で、ゴムかけは手間もプラスされるので、手軽に歯並びを直したい場合や、歯型や色にコンプレックスを感じている場合にはセラミック矯正がぴったりな施術と言えるでしょう。

ゴムかけにはさまざまなデメリットがあります


ゴムかけは、装着の手間や日常生活の不便さ、痛みに対するデメリットがあります。

ブラケットや仮歯は医師によって装着してもらえますが、ゴムかけはお客様自らが装着しなければなりません。

装着期間は個人差がありますが、早く施術を完了させるためには長期的に装着しておかなければならず、1日の装着時間も長めです。

ゴムかけで使用するゴムは直径3mmや4mmととても小さく、伸縮性も強いので慣れないうちは装着が難しいでしょう。

かける部分によっても難易度が代わり、不器用な人は苦手な作業かもしれません。

医師の指導どおりに行わないと、矯正効果も発揮されない恐れがあります。

日常生活では食事や歯磨きの際に外すことになりますが、そのたびに毎度外し、つけなおすので不便さを感じることもあるでしょう。

強度はあるといえどもゴムなので、切れないように気を付けて生活する不便さもあります。

ゴムをかける位置によっては話をする時も弊害があるでしょう。

ゴムの色にもよりますが、見栄えが美しくないので外では付けたくないと悩む方も少なくないです。

そして、ゴムかけを始めたばかりの時は、強い痛みを感じます。

これは歯がゴムの伸縮で動く時に発生する痛みなので、数日経てば慣れてきますが、慣れるまでは激痛に耐えなければなりません。

痛みに弱い人は中断したくなりますが、再開した時に同じ痛みが再発するので使い続ける必要があります。

このようにゴムかけにはたくさんのデメリットがあるので、デメリットから解放される方法としてセラミック矯正がよいと言えます。

矯正中は仮歯をつけるので、見た目や生活の不便性、歯が動く時の痛みを気にする必要はほとんどないでしょう。

セラミック矯正の実績と経験が豊富な歯科医院を選びましょう

セラミック矯正を受ける時は、実績や経験が豊富な歯科医院に相談してください。

ゴムかけよりも効果的な施術ですが、メリットだけではなくデメリットも存在するためです。

セラミック矯正では健康な歯を削る必要があり、また場合によっては神経を抜かなければなりません。

健康な歯を削るとその歯は強度が欠け、寿命も短くなってしまいます。

削った歯は元に戻すことができないので、バランス良く歯を整えるためには繊細な作業力や技術力も求められるのです。

安易に選ぶと後悔するリスクがあるので、お客様に寄り添いつつ、高度な技術力と知識、経験を持つ美容歯科を選びことが大切と言えます。

セラミック矯正は歯を動かす施術ではないので、顎の異常や歯の向き、形によっては希望どおりの歯並びにならない、噛み合わせが完璧に改善しないこともあるでしょう。

幅広い症例に対応できる歯科医院を選ぶことも大事なポイントです。

セラミック矯正にもデメリットがあることを理解し、医師としっかり相談して施術を行いましょう。

(まとめ)ゴムかけよりも効果的な歯科矯正とは?

1.セラミック歯科矯正ならゴムかけよりも効果的です

矯正器具を使わないセラミック矯正はゴムかけ不要なので手間がかかりにくく、また短期間で美しい歯並びを手に入れられます。

対応症例も豊富なので矯正器具では難しい歯並びに対しても効果的です。

2.セラミック矯正は被せ物による歯科矯正です

セラミック矯正は歯を削り、その上から理想の歯に再現したセラミッククラウンを被せる矯正方法なので、歯を動かす他の歯科矯正より効果的と言えます。

歯を動かさないので時間もかかりにくく、審美性も優れているのでコンプレックスの解消にもつながります。

3.ゴムかけにはさまざまなデメリットがあります

ゴムかけは装着に手間がかかり、また食事などの時は毎回外さなければなりません。

ゴムを切らないように注意したり、見栄えが悪かったり、しばらくは激痛に悩まされると言ったデメリットがあり、セラミック矯正ならデメリットから解放されます。

4.セラミック矯正の実績と経験が豊富な歯科医院を選びましょう

健康な歯を削ると歯の寿命に影響を与えるリスクがあり、またセラミック矯正だけでは完璧に歯並びや噛み合わせが改善しないこともあります。

高度な技術と知識が問われる施術なので、実績や経験が豊富、幅広い施術を提案してもらえる歯科医院で相談しましょう。

345
Return Top