湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯並びによるしゃくれは歯科矯正で直せる?

歯科矯正でしゃくれの改善ができる場合もあります


歯並びの影響でしゃくれている場合、歯科矯正で直せる場合があります。

しゃくれは大きく分けて、「反対咬合」と「下顎前突症」の2つがあり、歯並びの影響でなるしゃくれは反対咬合で、「受け口」と呼ばれています。

反対咬合は上下の噛み合わせが逆の状態や、下歯が前に突き出した状態です。

純粋に歯並びの影響で起きることもあれば、骨格が問題になっている可能性もあります。

しゃくれの原因によって改善方法も変わってくるので、悩んでいる場合は医師に相談しましょう。

反対咬合は遺伝や悪癖が原因です

子供の場合は上顎が未発達だと下歯が前に突き出しやすくなりますが、大人の場合は遺伝か悪癖が残っていることで反対咬合が起きてしまいます。

骨格がしゃくれの原因になっている場合、これは先天的なものである可能性が高いです。

家族や身内にしゃくれている人がいると、その遺伝子を受け継いでいる可能性があり、成長とともに反対咬合が進行することがあります。

骨格のずれで起きているものは歯科矯正だけではなく、外科施術が必要になることもあり、医師の診断が必要です。

後天的な原因は悪癖です。

たとえば、下歯を下で前に押し出す、指しゃぶりや爪を噛む仕草、顎を前に突き出すなどの癖が当てはまります。

また、舌の位置もしゃくれの原因になります。

安静時は上顎に舌が接触する位置にありますが、顎の下の内側に入りこむと、下顎と突き出す力が加わるので歯並びに影響するのです。

とくに、口呼吸が癖の人は、舌の位置が下顎に納まってしまうので、しゃくれになりやすいでしょう。

後天性の反対咬合は癖や舌の位置、口呼吸の改善で予防でき、またすでにしゃくれている場合でも悪化を抑えることが可能です。

歯科矯正をしても悪癖が残っていると再発のリスクがあるので、悪癖も改善していきましょう。

改善方法はブラケット矯正やセラミック矯正になります


成人のしゃくれはブラケット矯正やセラミック矯正で改善していきます。

ブラケット矯正はワイヤーのついた矯正器具を歯に装着し、引っ張る力により歯並びを整える矯正方法です。

2年から3年と長期にわたる施術ですが、歯を抜くなどの行為はありません。

ただ、器具によっては目立ちやすく、金属製のものだと金属アレルギーの人には使えないデメリットもあります。

また、成人の場合は骨格の変形も珍しくないので、ブラケット矯正のみの改善が困難なケースも多いです。

セラミック矯正は反対咬合の原因になっている歯を削り、セラミックの人工歯を被せることでしゃくれを改善できます。

骨格に問題がある場合は外科施術も合わせる必要があり、そうなると完了までの時間もさらに延びますが、セラミック矯正なら歯を動かす必要がないので、短期間で改善する場合もあります。

セラミッククラウンは見た目も自然なので、歯の形や色にコンプレックスがある方にもぴったりです。

時間をかけずに改善したい場合は、セラミック矯正を検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、骨格のずれが大きいとブラケットと同じく、別の施術が必要になる可能性もあるので、医師との相談が大切です。

歯科矯正で改善しにくいしゃくれはセットバック法があります

しゃくれは歯科矯正だけで改善できないこともあり、その場合はセットバック法で改善することができます。

セットバック法は上顎の骨を歯がついた状態で切り出し、後ろに移動させる方法です。

さらに、下顎も同じように施すことで、しゃくれ顎から理想的な顎にすることができます。

基本的に単独で行う施術ですが、上下顎のバランスによっては、どちらも施すことがあります。

この施術は反対咬合だけではなく、出っ歯の改善も可能です。

骨を切り出す施術なので高度な技術力が求められ、上下顎のバランスも重要なので歯科矯正の知識や、豊富な経験が求められます。

歯科矯正と共同で施術できる場所なら、施術後の歯並び改善に対する対策も整っているので安心です。

歯並びを正すだけでは改善が見込めないしゃくれに対しては、セットバック法の経験が豊富な歯科医院に相談してみましょう。

(まとめ)歯並びによるしゃくれは歯科矯正で直せる?

1.歯科矯正でしゃくれの改善ができる場合もあります

反対咬合は歯並びの影響で起きるしゃくれなので、歯科矯正で改善する場合もあります。

ただし、歯並び以外に骨格が原因の場合もあり、また下顎前突症によるしゃくれかもしれないため、医師に相談しましょう。

2.反対咬合は遺伝や悪癖が原因です

遺伝による先天的なしゃくれもあれば、舌で歯を押したり、指しゃぶりや顎を突き出したりする癖で起きる後天的なしゃくれがあります。

歯科矯正をしても癖が改善されないと再発するので注意しましょう。

3.改善方法はブラケット矯正やセラミック矯正になります

ブラケット矯正やセラミック矯正で改善していきますが、短期間で歯並びを良くしてしゃくれを改善するなら、セラミック矯正がおすすめです。

歯科矯正だけでは改善できないこともあるので、医師に相談した上で行いましょう。

4.歯科矯正で改善しにくいしゃくれはセットバック法があります

セットバック法は歯科矯正だけで改善できないしゃくれや出っ歯に最適で、上顎、もしくは下顎を切り出し、理想的な位置に移動させて改善します。

この施術では技術や矯正知識、経験が問われるので、信頼できる歯科を選びましょう。

160
Return Top