湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

セラミック歯科矯正は交換が必要?タイミングはいつ?

セラミッククラウンの歯科矯正は10年前後が交換のタイミングです


セラミッククラウンはとても頑丈で、オールセラミックなら10年近くは持つとされています。

また、口内環境が良好であれば20年持つともされているので、遅くても15年近くが交換のタイミングとなるでしょう。

ただ、これはあくまでも交換タイミングの目安なので、セラミッククラウン自体や歯に問題がない場合は、寿命の目安を過ぎても使い続けることは可能です。

セラミックはジルコニアに次ぐ強度を誇ります

オールセラミッククラウンの強度は人工ダイヤモンドと評される、ジルコニアに次ぐ強さなのでとても頑丈です。

そもそもセラミックは金属を使わず陶器だけでつくられた人工素材になります。

陶器とは天然の土や鉱物を原料にしており、食器や壺などの焼き物として知っている方も多いかと思います。

陶器と聞くと割れそうなイメージがありますが、セラミッククラウンの技術も向上しているので、長持ちするクラウンが増えているのです。

セラミック自体はとても安定性のある物質であるので、数十年使っても劣化することはほとんどありません。

なので、20年持つというデータも存在するのです。

しかし、だからと言ってセラミッククラウンは万能というわけではなく、条件によっては交換の目安タイミングに問わず割れや欠けが起き、交換が必要になることもあります。

このことから、セラミッククラウンは長寿命ですが、交換が必要になることもあると認識しておきましょう。

オールセラミックは欠けや割れ、虫歯の進行などで交換が必要です


セラミッククラウンを交換するタイミングは、主にクラウンが欠けたり、割れたりした場合や、虫歯が進行した時です。

セラミック矯正で歯並びを良くしても、噛み合わせが悪い場合や、無意識に歯ぎしりなど強い力をかけている場合は、クラウンが破損してしまう恐れがあります。

頑丈な素材であっても、不自然に強い力がかかると割れや欠けにつながるので注意が必要です。

また、加齢や歯周病の影響で歯茎が下がることもあります。

歯茎はセラミッククラウンの土台でもあるので、土台が下がれば再び歯並びも悪くなるので、再度セラミック矯正が必要になってしまうでしょう。

セラミックは歯とセメントの馴染みがよく、プラークがつきにくいことから虫歯になりにくいとされていますが、施術が甘い場合や割れ欠けがある場合はそこから虫歯になり、内部で進行する恐れがあります。

そのような状況になった場合もセラミックの強度に影響が出るので、虫歯の改善とクラウンの交換が求められるでしょう。

これらは歯磨きやフロスなど毎日のケアを怠らず、また歯並びに影響が出る癖を改善することで、セラミッククラウンの寿命も延ばすことにつながります。

セラミック矯正が終わったと油断せず、定期的に検診を受けたり、クリーニングで口腔内の清潔を維持したりすることを心がけましょう。

セラミック矯正は自然な歯に仕上がります

セラミック矯正の魅力は自然な歯に仕上げられることです。

ワイヤーなどの一般的な歯科矯正でも歯並びは整いますが、歯の色や形まで整えることはできません。

セラミック矯正は歯を削り、被せ物を使うことで歯並びを整える方法なので、自分好みの色や形に整えられるため、より自然な歯に仕上げることができます。

歯科矯正を検討される方の中にはより強度が優れたジルコニアクラウンで迷う方も多いでしょうが、より自然な美しさを重視するならセラミックの方がおすすめです。

耐久性の高さからジルコニアクラウンの方が、オーラセラミックよりも高額になりやすいことも理解しておきましょう。

オールセラミックは前歯に適しており、ジルコニアは前歯と奥歯の両方に適しているので、特徴や価格だけではなく、歯科矯正したい歯の位置や状態に応じて選ぶとよいです。

それぞれ、メリットとデメリットの両方があるので、どちらが自分に合っているかは両方扱っている歯科医院に相談してみましょう。

通常は弱い力を歯にかけて動かし歯並びを改善していますが、セラミック矯正は歯を動かさないので通常よりも短期間で施術を完了させられることも大きなメリットです。

(まとめ)セラミック歯科矯正は交換が必要?タイミングはいつ?

1.セラミッククラウンの歯科矯正は10年前後が交換のタイミングです

セラミッククラウンは早くて10年前後、遅くても15年から20年あたりが交換の目安です。

交換は強制ではなく、基本的にクラウンや歯に問題がある場合に交換する場合がほとんどでしょう。

2.セラミックはジルコニアに次ぐ強度を誇ります

オールセラミックは頑丈なジルコニアの次に強い素材なので、セラミック自体に寿命はありません。

しかし、口腔環境や条件によっては壊れることもあり、その場合は交換が必要です。

3.オールセラミックは欠けや割れ、虫歯の進行などで交換が必要です

セラミッククラウンは欠けや割れ、内部に虫歯が進行した場合は交換が求められます。

長く使用し続けるためには、日々のケアや歯並びを悪くさせる癖を改善することも大切です。

4.セラミック矯正は自然な歯に仕上がります

セラミック矯正なら形と色を選択でき、歯を動かさないので短期間で自然に近い仕上がりになります。

オールセラミックとジルコニアは強度や価格などに違いがあるので、自分の歯の状態に合わせて選びましょう。

633
Return Top