湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

食べ物が歯につまる悩みは歯科矯正で改善できる?

食べ物が歯につまるトラブルは、歯科矯正で改善可能です


歯の隙間に食べ物がつまるトラブルは歯科矯正で改善可能です。

一般的に歯と歯の隙間が0.1mmから3mmだと食べ物がつまりやすいとされており、この隙間の開きは歯並びの悪さが関係しています。

また、隙間だけではなく歯並びが段差になっていると、そこに食べ物がつまりやすくなります。

この他にも、歯並び以外に虫歯や歯周ポケットの影響でつまりやすくなることもあるでしょう。

歯に食べ物がつまる原因は色々あります

歯に食べ物がつまりやすくなる原因のほとんどは歯並びが原因ですが、虫歯や歯周病でもつまりやすくなります。

また、歯並びが原因の場合は歯の状態によっても、原因に少し違いがあるのです。

それでは、歯に食べ物がつまりやすくなる原因を詳しくご紹介しましょう。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯は歯と歯の間に隙間が広がっている状態のことです。

歯は常に使っているものであり、噛み合わせによってわずかに移動を続けています。

歯並びや噛み合わせが悪い場合、それが改善されず悪化し続けると、歯と歯の間の隙間をどんどん広げてしまうのです。

他にも歯の本数が頬骨の大きさよりも少ない場合や、歯が小さいこともすきっ歯の原因となります。

乱杭歯

歯並びがでこぼことした乱れや状態を乱杭歯と指します。

具体的にいうと、歯と歯が重なっていたり、段差になっていたりする状態です。

乱杭歯は主に顎の骨が小さく十分なスペースが確保できないことや、乳歯が早く抜ける、もしくは永久歯がなかなか生えなかった場合に起きるとされています。

舌癖

前歯をいつも舌で触れたり、上下の歯に舌を挟んだりなど舌に癖がある場合、歯が舌で少しずつ押されてしまいます。

歯が前に押し広げられたことで、歯と歯の間に隙間ができてしまうのです。

歯並び以外の原因

虫歯の穴に食べ物がひっかかりつまってしまうことがあります。

完治した後も、詰め物の影響で噛み合わせが悪くなり、その結果歯と歯の間に隙間ができることもあるでしょう。

歯周病になると歯肉がしっかりしていないので、通常は0.2mmしか動かないところ、1mm以上動くこともあり、歯並びが悪くなりやすいです。

また、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の溝ができると、そこに食べ物や汚れがつまりやすくなります。

食べ物がつまった状態の放置は口腔トラブルにつながります


食べ物が歯につまったままの状態は、口腔トラブルを招くので注意が必要です。

最初はつまっていることに不快感がありますが、慣れてくると次第につまっていることを忘れてしまうケースも少なくありません。

しかし、そのまま放置し続けると虫歯、歯周病、口臭といった口腔トラブルの発症に関わってくるでしょう。

虫歯

虫歯はつまっている部分からできてきます。

歯と歯の隙間だと歯の内部に向かって掘っていくように進行するため、発見が遅れることも多いです。

発見が遅れれば施術も遅れるため、悪化すれば神経を抜かなければならないでしょう。

歯周病

食べ物が歯につまることでもっともダメージを受けるのは歯肉です。

何度も同じ場所につまれば歯肉を押し下げてしまい、さらに汚れにより歯周病が繁殖しやすい環境となっているので、歯周病の発症や進行につながります。

歯肉が歯周病のより下がれば、より食べ物がつまりやすくなるので悪循環を生むでしょう。

口臭

つまった食べ物の周りに細菌が集まり、発酵していくと腐敗臭を発します。

歯並びが悪いとつまりやすいだけではなく、歯磨きの磨き残しも多いので口臭が強い傾向があります。

以上の口腔トラブルがあるので、食べ物が歯につまった状況は健康な口腔維持には良くないので、早めに歯間ブラシやフロスで取り除きましょう。

セラミック矯正やラミネートべニアで改善できます

歯と歯の隙間はセラミック矯正やラミネートべニアでの改善がおすすめです。

セラミック矯正は部分的に施術できるので、特定の部分のみ改善することも簡単です。

歯に力をかけて位置を動かす施術ではなく、歯を削りセラミッククラウンを被せることで美しい歯並びに仕上げるため、通常よりも短期間で済ませることができます。

歯の形や歯の色も選べるので、その人に合った自然な歯にできることも利点でしょう。

また、すきっ歯を改善する方法にラミネートべニアがあります。

これはセラミック製の薄いチップのような人口歯を貼りつける方法で、削る量も少ないので大がかりの歯科矯正が不要な方も手軽にすきっ歯を改善可能です。

どちらの施術が適しているかは歯の状況にもよるので、どちらも対応している歯科医師に相談してみましょう。

(まとめ)食べ物が歯につまる悩みは歯科矯正で改善できる?

1.食べ物が歯につまるトラブルは、歯科矯正で改善可能です

歯がつまる原因はさまざまなものがありますが、もっとも多い原因が歯並びによるものです。

食べ物は歯と歯の隙間が大きいとつまりにくいのですが、0.1mmから3mm程広いと挟まりやすいので、歯科矯正で歯並びを整えるのが望ましいです。

2.歯に食べ物がつまる原因は色々あります

歯と歯の隙間は元々の歯並びや噛み合わせ、舌癖などで歯が少しずつ動くことで広がっていきます。

また、虫歯で食べ物が引っかかったり、歯周病で歯が移動しやすかったり、歯周スポットにつまることもあり、その場合は専門の施術を受けましょう。

3.食べ物がつまった状態の放置は口腔トラブルにつながります

歯に食べ物がつまったままだと口腔内の衛生が悪くなり、虫歯や歯周病、口臭の発生や悪化を招きます。

食べ物がつまった場合は歯間ブラシやフロスで取り除き、清潔な口腔内を維持させましょう。

4.セラミック矯正やラミネートべニアで改善できます

セラミック矯正やラミネートべニアで歯並びを改善し、食べ物のつまりを改善することができます。

それぞれ施術方法に違いがあるので、医師と相談して自分に適した方法を選択しましょう。

115
Return Top