湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正でできるホワイトニングは歯が弱くなる?

歯科矯正のホワイトニングで歯が弱くなることはありません


薬剤により一時的に歯が弱ったように感じることもありますが、ホワイトニングで歯が弱ることはありません。

歯を漂白する薬剤を使うので歯に強いダメージを与える印象がありますが、ホワイトニングは歯に付着した有機物質の成分を薬剤で除去するものなので、歯の構造を変えることはありません。

なので、ホワイトニングを受けて歯が脆くなることもないのです。

付着している色素を薬剤で無色化する仕組みなので安全性があります

ホワイトニング剤に含まれる主な成分は過酸化水素や過酸化尿素で、これらの成分は歯に塗布すると酸素と水に分解されます。

この酸素が歯に付着する色素と結びつき色素を無色にすることで、歯を白くすることができるのです。

この仕組みは歯に直接ダメージを与えるものではないので、歯を弱らせる心配はありません。

歯科矯正では院内で施術を行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングを選べることがほとんどです。

それぞれの施術では使用する薬剤に含まれる成分や濃度に違いがあります。

オフィスホワイトニングの場合

オフィスホワイトニングでは過酸化水素を主成分にした薬剤を用いることが多いです。

消毒で使用されるオキシドールと同成分なので安全性が高いとされていますが、濃度35%以上だと日本人の歯はエナメル質が薄くダメージを受けやすいので、濃度30%以上の薬剤は歯科医師免許の保持者が適切な方法で使用しなければなりません。

1日10分の塗布を3回行うのが目安ですが、1日1時間を超えない程度がよいとされています。

ホームホワイトニングの場合

ホームホワイトニングでは過酸化尿素を主成分にした薬剤を使用することが多いです。

過酸化尿素は緩やかに分解されて過酸化水素へと変化し、歯の漂白をしていきます。

濃度は少しずつ低くなる特徴があり、0%になるまで約8時間かかります。

約20%の濃度で約6%の過酸化水素の濃度に相当し、ホワイトニング効果は過酸化水素に比べてマイルドです。

その分、歯にかかる負担が軽いのでホームホワイトニングに適しています。

ホワイトニングで感じる痛みは一時的なものです


ホワイトニングをすると歯が痛いと感じ、そのせいで歯が弱ったと思い込む方もいらっしゃいます。

痛む原因は歯の薄い部分や欠けた部分から薬剤の刺激が神経に伝わってしまうため、痛みとして感じてしまうのです。

これは一時的な痛みなので、ホワイトニングが終わっても継続的に痛みを感じることはほとんどありません。

もし、ホワイトニングが終わっても痛みを感じる場合は、虫歯や知覚過敏など他の原因が考えられるでしょう。

ホワイトニングをすると、まれに歯の表面が粗くなってしまうことがあります。

これはホワイトニング剤の酸性度によるものです。

歯の表面が粗くなると歯が弱ったと心配になりますが、こちらの症状もほとんど軽いものなので歯自体が脆くなることはありません。

唾液にはエナメル質を修復する作用があるので、しばらく経てばきれいな状態に自然修復されます。

デュアルホワイトニングで理想的な白い歯を実現できます

歯科矯正ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した、デュアルホワイトニングも可能です。

自宅で手軽に行えるホワイトニングは毎日2時間1ヶ月ほど実施した場合、大体3段階から5段階までの白さになります。

一方、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングよりも強力なので、施術1回(10分を3回照射)で大体5段階から6段階まで白くすることもできます。

もっと白くするためには施術回数や期間を延ばす必要がありますが、デュアルホワイトニングなら短時間でもっと白い歯にすることもできるでしょう。

デュアルホワイトニングを1ヶ月行った場合、大体9段階から10段階まで白くなり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2倍の効果に期待できます。

なるべく早く理想的な白さを実現されたい方は、遺伝や加齢、喫煙などでしつこい歯の黄ばみに悩んでいる方におすすめです。

(まとめ)歯科矯正でできるホワイトニングは歯が弱くなる?

1.歯科矯正のホワイトニングで歯が弱くなることはありません

ホワイトニングで使用する薬剤は歯の着色汚れに作用するので、歯を溶かすといった強力なダメージを与えることはありません。

なので、健康的な歯のまま、白い歯にすることは可能となります。

2.付着している色素を薬剤で無色化する仕組みなので安全性があります

歯が白くなる仕組みは薬剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素が酸素と水に分解され、歯についた色素を無色化によるものです。

オフィスホワイトニングでは効果の高い過酸化水素の薬剤が多く、ホームホワイトニングではマイルドな過酸化尿素の薬剤が多いです。

3.ホワイトニングで感じる痛みは一時的なものです

ホワイトニングで歯が痛むことがありますが、薬剤の刺激が神経に伝わったことで感じる痛みなので、ずっと痛みが続くことはほとんどありません。

また、歯の表面が粗くなることもありますが、軽微な症状なので歯が弱ることはなく、唾液で自然修復されます。

4.デュアルホワイトニングで理想的な白い歯を実現できます

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトを併用した施術なので、短期間で従来の施術よりも2倍ほどの効果に期待できます。

短期間で終わらせたい方や着色汚れが強い歯に最適です。

194
Return Top