湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正でマウスピースはどのくらいの期間がかかるの?

歯科矯正におけるマウスピースは、約1、2年の期間を要します


マウスピースは、歯をすっぽり覆うカバーのような装置で、歯科矯正では歯並びを整えるために用いられます。

マウスピース矯正は、歯並びの状態によって個人差は生じますが、大体矯正が完了するまでに短くても1年、長いと2年以上かかる場合もあります。

ただ、歯科矯正の中でもセラミック製の人工歯を被せて歯並びを整えるセラミック矯正なら、最短で約2ヶ月、長くても数ヶ月と比較的短期間でできるでしょう。

マウスピース矯正だと、歯並びが整うまでに短くても約1年はかかります

マウスピースを使った歯科矯正は、歯並びの状態に合わせて形状の異なるマウスピースを装着し、少しずつ歯を移動させながらゆっくり歯並びを整える方法です。

矯正の期間は1~2年位が一般的だとされています。

もちろん、歯並びの乱れによってもう少し期間がかかる場合もあるため、個人差は生じるでしょう。

マウスピースは透明で目立ちにくく、食事などの際に取り外しも可能であり、虫歯などの処置も同時進行できるといったメリットもあります。

ただ、マウスピース矯正は軽度な歯並びなら整えやすいですが、歯並びが大きく乱れており、複雑な矯正が必要な場合は適していません。

また、種類にもよりますが1日20時間以上きちんと装着していないと矯正効果が出にくいため、装着を習慣化させなければなりません。

他にも、場合によっては毎回型をとり、その都度歯並びに合ったマウスピースに交換しなければならない場合もあります。

さらに、費用も大体約40万円からと、比較的高額になるなどのデメリットも否めません。

セラミック矯正なら短期間で歯並びが整うとされています


マウスピース矯正は、短くても1年程の期間を要します。

しかし、歯科矯正の中でもセラミック矯正は、最短でも約2ヶ月、長くても数ヶ月で歯並びがキレイに整うので効率的です。

もちろん、歯や歯茎の状態によっては虫歯の処置や歯周病ケアなどが必要な場合や、施術本数が多い場合なども少し期間を要す場合もあるでしょう。

セラミック矯正は、まず歯並びから飛び出した歯を削って土台を作ります。

さらに、歯型を取ってセラミックを使って人工歯を作り、土台に被せて接着し、固定するという手順で行われます。

大きく乱れた歯並びにも隣り合うよう調整して、人工歯を使うことで対応できる上に、マウスピースなどの矯正器具を長期間装着する煩わしさもありません。

またセラミックは衝撃にもある程度強く、長期間経過しても劣化、変色しにくいという特徴があります。

さらに、人工歯は色のバリエーションが豊富で周囲の歯に色を合わせやすく、形や大きさなどの自由に変えられるのでより自然な仕上がりになるのです。

乱れた歯並びをそのままにすると、体や口腔内の健康を害するリスクがあります

セラミック矯正は、マウスピース矯正などの他の歯科矯正と比べるとわりと短期間で施術が完了します。

しかし、数回の通院は必要となり忙しくて時間がない今はとくに歯並びが悪くても不都合がないなどの理由で、なかなか専門クリニックへ足が向かない方もいるでしょう。

歯並びの乱れを放置すると、体や口腔内の健康が損なわれる可能性が高まってしまいます。

そのため、専門クリニックの受診は必要不可欠と言えるでしょう。

まず、歯並びがガタガタだと歯の隙間に歯ブラシが行き届かず、汚れが溜まって虫歯や歯周病などを招き、悪化する場合があります。

さらに噛み合わせがズレて顎の骨や筋肉にも負荷がかかり、骨がズレたり筋肉が疲弊しやすくなったり、顎関節症を発症する場合もあるでしょう。

顎の筋肉は首から肩、側頭部とつながっているため、首や肩の凝り、頭痛の要因にもなります。

また、しっかり奥歯で食べ物が咀嚼できないので消化にも悪く、胃腸が不調となる可能性もあります。

他にもとくに前歯はすきっ歯の場合、息が漏れて発音が不明瞭になり会話に支障が出ることもあるのです。

(まとめ)歯科矯正でマウスピースはどのくらいの期間がかかるのの?

1.歯科矯正におけるマウスピースは、約1、2年の期間を要します

マウスピース矯正は歯を覆うカバーのような器具を装着し、歯を押しながら歯並びを整える矯正法です。

歯並びが整うまでに、約1~2年の期間を要しますが、歯科矯正の中でもセラミック矯正だともっと短期間で完了します。

2.マウスピース矯正だと、歯並びが整うまでに短くても約1年はかかります

マウスピース矯正は、乱れた歯を押しながら時間をかけて歯を移動させることで歯並びを整えるため、最低でも1年位の期間を要します。

透明で目立ちにくいですが、長時間の装着が必要であったり、大きな歯並びの乱れには適さなかったりなどの一面もあるのです。

3.セラミック矯正なら短期間で歯並びが整うとされています

セラミック矯正なら、矯正器具を用いないで人工歯を被せることで歯並びを整えていくため、最短約2ヶ月で完了します。

さらに、セラミック素材なので劣化や変色しにくく、色や形も自由に変えられるのでより自然で理想に近い仕上がりが望めるでしょう。

4.乱れた歯並びをそのままにすると、体や口腔内の健康を害するリスクがあります

歯並びが乱れたままだと、歯の隙間に汚れが溜まり虫歯や歯周病を招いたり、噛み合わせがズレて十分な咀嚼ができなかったりなどといった弊害が生じます。

さらに、顎の筋肉に負荷がかかり肩こりや頭痛の原因になる場合や、顎関節症を引き起こすなど体の不調にもつながります。

198
Return Top