湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

歯科矯正のループはなぜついているの?

歯科矯正のループには部分的に歯に力を加える役割があります


歯科矯正の一つに、ワイヤーを使用するブラケット矯正があります。

ブラケット矯正の中にはワイヤーが数ヶ所曲げられてループになっているものがあり、ループになっている場所にテンションをかけておくことで歯の一部分に力を加えることができるのです。

ループは歯と歯の間に隙間ができている場所など、部分的に歯並びを改善したい場所につけられることが多いといえます。

歯科矯正のワイヤーにループがあると矯正期間が短くなります

歯科矯正で使用されるワイヤーにループを作ると、そのループのある部分の歯に力を加えることができるようになります。

ループを組み合わせることで従来のブラケット矯正よりも短期間での矯正が可能になるといえます。

今までのブラケット矯正では、器具の端から端までワイヤーがまっすぐにつけられている場合が多く、歯を外側から内側に一定方向に抑えるような力がかけられている状態になっていました。

歯のブラケットに沿ってつけられたワイヤーには、横から引っ張る力だけが働いているため、歯の高さを揃えたり空いている隙間を埋めたりすることは難しいといえるでしょう。

ただ、ワイヤーにループをつけると、ループの形やテンションをかける位置、方向など変化をつけることによって矯正をしたい歯にさまざまな向きの力をかけることができるようになります。

ループがあることで、歯に上下左右、斜めなどの力を加えることができ、歯の向きや高さなどを同時期に揃えられるようになるため、通常のワイヤー矯正より期間が短くなるといわれています。

またワイヤーにループをいれてクッション性を持たせることで、歯が移動する痛みの軽減も期待できるのです。

歯科矯正にはワイヤーを使用する矯正と使用しない矯正があります


歯科矯正にはワイヤーを使用して歯を少しずつ移動させるブラケット矯正のほかにも、ワイヤーを使用せず、透明なマウスピースを装着して歯を動かし歯並びを改善させるマウスピース矯正や、歯を移動させることがなく歯を削って被せものをするセラミック矯正などの方法があります。

歯が前に出ている「前突」や、顎の大きさが小さいためにすべての歯がきれいに1列に並べず歯がデコボコに並んでいる「叢生(そうせい)」など、さまざまな歯並びの改善に適している矯正施術は、ブラケット矯正やセラミック矯正といわれています。

マウスピース矯正はブラケット矯正よりも矯正装置を装着している状態が周りから見えにくく、マウスピースを食事や歯磨きのときなどに取り外すことができるという特徴があるのです。

自由度が高いというメリットのある矯正方法ですが、比較的軽度な状態の不正咬合に適しているため、叢生のように歯並びが複雑な状態には向かない場合があります。

また、自分で矯正装置をつけ外すことができるため、うっかり装置をつけ忘れていたということが重なると矯正期間が長引く恐れもあります。

セラミック矯正は歯を移動させることがない歯科矯正です。

歯を削ってから噛み合わせに合わせた被せものをするという矯正方法で、短期間での矯正が可能です。

ワイヤーにループがついていると審美面などで問題が生じることもあります

歯科矯正に使用されるループつきのワイヤーは、まっすぐ横から引っ張るワイヤーよりも太い場合が多く、矯正装置が目立ちやすくなるといえます。

ループつきの矯正装置は矯正期間を短縮できる点などがメリットですが、1ヶ所だけでなくたくさんのループがつく場合もあり、審美的な問題が生じる可能性があります。

ブラケット矯正の矯正装置は何年もつけ続けなければならないため、サービス業をしている方など、仕事で矯正装置をつけることができないという方には難しい場合もあるでしょう。

矯正装置を使用したくはないけれど、歯並びをきれいにしたいという場合には、セラミック矯正などの矯正方法が期待できます。

セラミック矯正は、審美性が高く自然な歯のように見えるセラミッククラウンを歯に被せる方法です。

矯正にかかる期間はおよそ1ヶ月から3ヶ月程度と、短い期間での終了が可能です。

歯を削ってからセラミッククラウンを被せるまでの期間には仮歯を装着するので、矯正中でも周りにばれづらいというメリットがあります。

(まとめ)歯科矯正のループはなぜついているの?

1.歯科矯正のループには部分的に歯に力を加える役割があります

ブラケット矯正の中にはワイヤーを曲げてループを作っているものもあります。

ループになっている箇所にテンションをかけることで歯の一部分に力を加えることができるようになるのです。

2.歯科矯正のワイヤーにループがあると矯正期間が短くなります

歯科矯正で使用されているワイヤーにループを作ると、そのループの形やテンションをかける位置、方向によって矯正をしたい歯に同時期にさまざまな力を加えることができます。

それにより効率よく歯を移動でき、矯正期間が短縮されるでしょう。

3.歯科矯正にはワイヤーを使用する矯正と使用しない矯正があります

歯科矯正にはワイヤーを使用して歯を移動させるブラケット矯正のほか、マウスピース矯正や、歯を削って被せものをするセラミック矯正などがあります。

それぞれ特徴が大きく異なるため、自分の理想に合った施術を選ぶことが大切でしょう。

4.ワイヤーにループがついていると審美面などで問題が生じることもあります

矯正に使用されているループつきのワイヤーは従来のブラケット矯正のワイヤーよりも太い場合が多く、矯正装置が目立ちやすいといえます。

歯並びを改善したいけど矯正装置を使用したくない場合には、装置が目立ちにくいセラミック矯正がおすすめです。

172
Return Top