歯科矯正の原理はどうなっているの?

歯科矯正は長期間において力をかけることで歯が動くという原理で行われます


ワイヤー矯正のように歯を長い期間かけて動かす矯正方法では、歯科矯正の装置を歯につけて動かしたい方向に力を加え続けることで徐々に歯並びが改善されるといえます。

また徐々に歯を動かすワイヤー矯正やマウスピース矯正だけでなく、歯に被せものをするセラミック矯正など、歯科矯正にはさまざまな種類があります。

歯科矯正には骨の代謝が大きくかかわっています

歯科矯正などで常に歯に力がかかり続けると、力が入っている側の歯を支える骨が溶けて逆側に骨が作られることで徐々に歯が移動するようになるといえます。

歯が矯正で動くスピードは1ヶ月でおよそ0.3ミリといわれています。

このスピードは古い骨と新しい骨が入れ替わる代謝のスピードと同じで、骨の入れ替わる期間に合わせて歯の位置が少しずつ動いていくのです。

歯は「歯槽骨」という骨に「歯根膜」をクッションにした状態で埋め込まれ、固定されています。

矯正などで歯に対して同じ方向に力をかけつづけた場合には、歯根膜が歯槽骨のわずかな隙間で引っ張られている状態になります。

この状態が続くと、引っ張られている側の歯根膜を正常な状態に戻すために「骨芽細胞」が働き始め、歯槽骨の隙間に新しく骨が作られるのです。

逆に歯を動かしたい方向の歯槽骨の隙間では歯根膜が縮められた状態です。

歯根膜が縮んでいる側では、歯根膜が狭い場所で押されている状態から正常な状態に戻るために「破骨細胞」が働き始め、歯槽骨が溶かされて隙間ができるようになります。

この歯槽骨の骨が溶かされて作られるという働きのため、歯が埋め込まれている場所が少しずつ移動することで歯の位置が動くのです。

歯を移動する場合には歯の移動期間や移動後に注意が必要です


歯が移動する速度は1ヶ月で0.3ミリといわれています。

歯槽骨の歯を固定している箇所が少しずつ移動するためには、骨が作られる周期に合わせて歯が移動する必要があります。

早く歯科矯正を終わらせたいと思っても、歯の移動期間をムリに早めるようにしてしまうと歯槽骨などに負担がかかり過ぎてしまうでしょう。

すると、矯正後の歯をしっかりと固定できなくなる場合があるので注意が必要です。

顎に歯が並ぶ隙間が無い場合などには、そのまま矯正をしても歯の位置が安定せず、徐々に後戻りが起きる可能性があります。

そのため、顎の骨が歯の大きさに比べて小さいなどといった場合には、歯科矯正を行う前に歯を抜いて後戻りを防ぐこともあります。

また矯正に必要なだけの隙間があった場合でも、歯が移動した直後は歯の根を支える歯槽骨が完全に再生されていません。

そのため、歯が安定するまでしっかりと保定しておかないと後戻りをする可能性があります。

噛み合わせのバランスや日常的な癖、親知らずのはえている方向などで歯に余計な力がかかり続けていると、矯正後に歯が動いて後戻りをしてしまうこともあるのです。

セラミック矯正などの方法では歯を動かさずに歯科矯正ができます

ワイヤー矯正のように長期間かけて歯を動かす矯正では矯正後にも後戻りの心配がありますが、セラミック矯正、ラミネートベニアなどの歯を動かさない歯科矯正では、後戻りの心配がないといえます。

セラミック矯正は歯の根を動かさずに歯並びを整える施術です。

歯並びが悪い部分の歯を削ってから、審美性の高いセラミッククラウン(陶器製の被せもの)を被せる矯正がセラミック矯正です。

セラミック矯正では矯正する歯を削らなければなりませんが、歯を根っこから動かす必要がないため長期間矯正装置を装着する必要がありません。

セラミッククラウンは歯の色や向き、大きさなどを整えることができ、後戻りの心配がないことや数ヶ月という短い期間で施術が完了するというメリットがあります。

ラミネートベニアは歯の表面を削ってから薄いセラミックのチップを表面に貼りつける施術です。

セラミッククラウンと同様に歯の形や大きさ、向き、歯の色まで希望に合わせて変えることができる施術といえますが、比較的軽度な歯並びの改善に向いています。

(まとめ)歯科矯正の原理はどうなっているの?

1.歯科矯正は長期間において力をかけることで歯が動くという原理で行われます

歯並びを徐々に改善していく方法にはワイヤー矯正などがあり、ワイヤーで歯に力を加え続けることで歯の位置が少しずつ移動することになるのです。

また歯並びを改善するための歯科矯正には歯を移動しない歯科矯正もあります。

2.歯科矯正には骨の代謝が大きくかかわっています

歯科矯正などで常に歯に力がかかり続けることで、歯を支えている「歯槽骨」の隙間が移動して歯の位置が動くのです。

歯の隙間は破骨や骨生成を繰り返しながら動くのでその骨の代謝速度と歯の移動に関係があるといわれます。

3.歯を移動する場合には歯の移動期間や移動後に注意が必要です

歯槽骨が歯を支えている隙間が歯の再生の周期に合わせて移動することが歯科矯正の原理です。

移動スピードを急ぎすぎたり移動後の保定がしっかりできていなかったりすると、矯正後に歯が後戻りする可能性があります。

4.セラミック矯正などの方法では歯を動かさずに歯科矯正ができます

ワイヤー矯正などのように長期間かけて歯が移動したあとには歯が後戻りをする可能性があるでしょう。。

セラミック矯正は歯を移動させず、被せものをして歯並びや噛み合わせを矯正することができます。

1053
Return Top