歯科矯正の必要がある歯並びの乱れは口呼吸が原因?

歯科矯正が必要となる歯並びの乱れは、口呼吸が原因の一つと考えられています


そもそも歯並びの乱れは、本来の鼻呼吸でなく口呼吸が習慣化したことが要因の一つと考えられています。

口呼吸により空気が通りやすいように舌の位置が変わり、頬からの圧力を受けたり、舌で下の前歯の裏を押したりすることで歯列が乱れてしまうからです。

さらに鼻づまりや首周りの脂肪などが原因で、口呼吸は習慣化してしまいます。

口呼吸は、歯科矯正や顎の骨格を改善する外科的処置で治る場合もあります。

口呼吸による顎の骨の変形や舌の悪い癖などが原因で、歯並びが乱れやすくなります

歯並びの乱れは歯科矯正でほぼ綺麗に整えることが可能ですが、そもそも歯並びの悪さは口呼吸が関係している場合もあります。

舌は本来、上顎の裏側に収まり、頬からの圧力に内側から対抗する形で歯を支えています。

しかし、口から息を吸って吐く口呼吸が習慣化すると、空気を通りやすくするために舌が本来の位置よりもやや下がり、前に出た状態になってしまうのです。

すると、頬からの圧力がダイレクトに上顎の骨や歯にかかり押されるため、上顎の歯列スペースがどんどん狭くなってしまいます。

さらに、歯列が下の前歯を舌で押すことにより受け口になったり、舌の位置によっては上下の前歯が突出して、口が閉じなくなったりなどといった歯並びが乱れる原因となるでしょう。

また、舌の位置のズレは噛み合わせにも影響し、奥歯でしっかり食べ物が噛めなくなるため、上顎の骨が発達せずに狭いままになることもあります。

すると、永久歯が綺麗に並ぶスペースがなくなり、歯列からはみ出したり、外側に向かって斜めに生えたり、犬歯が八重歯になるなど歯列の乱れが生じやすくなると考えられています。

鼻づまりなどが原因で、口呼吸が習慣化してしまいます


鼻から息を吸って吐く鼻呼吸をする方が多い中、どうして口呼吸になってしまったのか?疑問に思う方もいるでしょう。

口呼吸の原因としては、鼻呼吸ができずにやむを得ず口呼吸をしていたのが習慣化してしまったことが考えられます。

花粉症やアレルギー性鼻炎、過度の飲酒による鼻粘膜の血管の拡張により鼻づまりが慢性化すると、苦しくて無意識に口呼吸になる傾向があります。

また、扁桃腺が腫れやすい幼少期に気道が狭くなり、楽な口呼吸を覚えてしまうと癖になり、そのまま成長する場合もあるのです。

さらに、肥満により首周りに脂肪がついて空気の通り道が狭まると、一気に大量の空気を取り込める口呼吸になることも考えられます。

そして遺伝により生まれつき上顎もしくは下顎の骨格が小さい、もしくはやわらかいものばかりを好む食生活から、顎の骨の発達が未熟であることも関係しています。

というのも、そのせいで歯が生えるスペースが狭まり、歯並びが乱れることで口が閉じにくくなり、口呼吸が常態化してしまうと考えられるからです。

口呼吸はほとんどの場合、無意識のうちに始めて長年継続しているうちに習慣化してしまいます。

歯科矯正で歯並びの乱れを整えると、口呼吸が治る可能性があります

口呼吸により乱れてしまった歯並びは、歯科矯正で綺麗に整えることがほぼ可能です。

歯科矯正の中でも、矯正器具を装着しないで歯並びを整える、審美性の高い施術がセラミック矯正となります。

歯列からはみ出した歯もしくは隣の歯をまずは削って芯を作り、セラミックで作成した人工歯を被せて固定するという方法です。

施術期間も数ヶ月と短く、セラミックは耐久性も高く長期間使用しても劣化したり、黄ばみなどが起こったりしにくい素材とされています。

また、口呼吸により顎の骨格がかなり突出したり、いびつな形になったりなど変形した場合は、歯科矯正のみでは対応しきれない場合もあります。

この場合は、顎の骨を歯が付いたまま切って移動させる骨切り術、セットバック法の必要があるケースも出てくるでしょう。

突出した顎の骨を歯ごと動かし、正しい位置へと戻しなおかつ歯列も歯科矯正で整えることで、口元のみならず顔全体もよい印象へと変わることが期待できます。

歯並びや顎の骨格を改善することで、気道や鼻腔が広がり鼻呼吸しやすい環境が整うため、口呼吸が治る可能性もあると言われています。

(まとめ)歯科矯正の必要がある歯並びの乱れは口呼吸が原因?

1.歯科矯正が必要となる歯並びの乱れは、口呼吸が原因の一つと考えられています

歯列が乱れるのは口呼吸により舌の位置が変わり、頬からの圧力や舌で歯が押されることが原因の一つとされています。

歯科矯正などで歯列を整えることで気道が広がり、口呼吸が改善される可能性もあるでしょう。

2.口呼吸による顎の骨の変形や舌の悪い癖などが原因で、歯並びが乱れやすくなります

口呼吸により空気が通りやすいように舌がやや下がるため、頬からの圧力を受けたり、舌で下の前歯を押したりなどして歯列が乱れることがあります。

さらに奥歯でしっかり噛めなくなり、上顎の骨が未発達になって歯列のスペースが狭まることも要因とされているのです。

3.鼻づまりなどが原因で、口呼吸が習慣化してしまいます

口呼吸はアレルギーなどによる鼻づまりの慢性化や、幼少期の扁桃腺の腫れなどが原因とされています。

また、首周りの脂肪により気道狭窄や食生活による顎の骨の未発達なども要因と考えられます。

4.歯科矯正で歯並びの乱れを整えると、口呼吸が治る可能性があります

口呼吸による歯並びに乱れはセラミック矯正や、顎の骨格の変形はセットバック法で対応できるでしょう。

歯並びを整えることで鼻腔や気道が広がり、口呼吸が改善されやすいと言われています。

956
Return Top