歯科矯正にかかる最短期間はどのくらい?

歯科矯正にかかる最短期間はセラミック矯正なら約2ヶ月です


歯科矯正においては、最短期間といっても数年はかかってしまうと思われがちでしょう。

しかし、年単位の期間を要するのは、従来の矯正器具を装着するワイヤー矯正の場合です。

一方で、人工歯を被せて歯列を整えるセラミック矯正の場合は、最短では約2ヶ月で完了するためスピーディーです。

ただし、施術本数が多い、歯や歯茎の状態が悪く虫歯の処置や歯周病ケアが必要な場合などは、最短期間では終わらないこともあります。

セラミック矯正は矯正器具を使わないため短期間で終わります

歯科矯正を行ううえで、できる限り早く終えたいという方もいるでしょう。

一般的に歯科矯正というと、矯正にかかる期間は長いイメージがあります。

しかし、セラミック矯正なら最短約2ヶ月で完了できるとされています。

セラミック矯正は、歯列から乱れた歯もしくは隣り合う歯を削って芯を作り、そこへセラミック製の人工歯を被せて歯並びを整えるという方法です。

人工歯が仕上がるまでは仮歯を入れますが、仮歯の状態で歯並びを確認することができます。

セラミックは耐久性に優れており、ある程度の衝撃にも強いのが特徴です。

温度差が激しい過酷な口腔内の環境に長期間さらされても、変色や劣化はしにくといえるでしょう。

さらに人工歯は周囲の歯に馴染む色を選べ、形や大きさなども自由に変えられるため、セラミック矯正は歯列を綺麗に整える審美性の高い矯正法として知られています。

また費用も保険適用外ですが、従来の矯正法と比べるとさほど高額ではないというメリットもあります。

従来のワイヤー矯正は、最短でも数年はかかります


四角いブランケットという固定器具を歯に装着し、ワイヤーでつないで歯を移動させるワイヤー矯正は、基本的に長期間かかる場合が多いです。

歯を根元からゆっくり時間をかけて移動させるため、最短でも数年を要してしまいます。

ワイヤー矯正が長期間を要するのは、検査などの準備にも時間がかかり、さらに矯正器具を装着する期間、器具を外した後の保定期間といくつかのステップがあるからです。

まず、精密検査や診察などを行い矯正の準備をする期間が約2ヶ月、歯の表側に矯正器具を装着する期間が約1年から3年かかります。

さらに歯の裏側に器具を取りつける方法もあり、目立ちにくい反面、かかる期間は約1年半から4年と長くなります。

また、部分的に器具を取りつける部分矯正の場合は、最短でも半年、長いと1年位は要するのです。

そしてワイヤー矯正の場合、矯正器具を取り外して終了ではありません。

移動した歯が元の場所に戻ろうとする後戻りを防ぐため、保定装置を装着する必要があります。

この保定期間が最短でも1年、長いと約2年かかります。

こうしてみると、ワイヤー矯正は部分矯正であっても最短で約2年はかかり、平均して約3年から4年は要するでしょう。

歯科矯正の最短期間は個人差があります

歯科矯正にかかる最短期間は、歯の状態によってすべてのケースに当てはまるわけではなく、もう少し期間を要する場合もあります。

たとえば歯列が乱れた歯に虫歯がある場合、まずは虫歯の処置が必要となります。

悪化していれば、場合によっては神経を抜く、根管処置を行わなければなりません。

さらに歯列を整える上で稀に抜歯を行うこともあり、必要な処置に時間を要します。

そして、歯列の乱れ方によっては矯正を行う箇所が広範囲に及ぶケースもあるでしょう。

セラミック矯正であっても、1本のみならず施術箇所が数本となれば順番に施術を行っていくため、数ヶ月を要することとなります。

また、歯科矯正を行う上で歯周病に冒されており、歯茎の炎症や下がり具合などが酷い場合も、まずは歯周病ケアを行う必要が出てきます。

歯茎が健康でないと、せっかく矯正で歯を綺麗にしても支える力が弱く、ぐらつきなどが起こる可能性が高くなるからです。

このように歯科矯正の進度は個々のケースによって異なるため、専門医の診察を受け相談してみることをおすすめします。

(まとめ)歯科矯正にかかる最短期間はどのくらい?

1.歯科矯正にかかる最短期間はセラミック矯正なら約2ヶ月です

歯列矯正にかかる最短期間は、セラミック矯正であれば矯正器具を使わずに人工歯を被せて歯列を整えるため、2ヶ月ほどです。

一方で、従来のワイヤー矯正は最短でも数年はかかってしまうのが一般的です。

2.セラミック矯正は矯正器具を使わないため短期間で終わります

セラミック矯正は、矯正器具を装着せず、削った自分の歯の上からセラミック製の人工歯を被せるだけなので最短だと約2ヶ月で終わります。

施術本数や内容によっては多少個人差がありますが、長くても数ヶ月で完了するといわれています。

3.従来のワイヤー矯正は、最短でも数年はかかります

矯正器具を装着してゆっくり歯を移動させるワイヤー矯正は、最短でも3年前後はかかってしまうのが一般的です。

矯正器具をつける部位や数などによっても異なりますが、それでも1年以上の期間を要するでしょう。

4.歯科矯正の最短期間は個人差があります

セラミック矯正であっても、虫歯の悪化で神経の処置を行う場合などは、最短2ヶ月で済まないこともあります。

また、歯茎の状態が悪いと歯周病ケアを先に行うため、セラミック矯正であっても個々のケースにより、多少の期間を要する場合もあります。

1270
Return Top