歯科矯正で歯を抜く必要があるのは本当?

歯科矯正では歯を抜く方法と歯を抜かない方法があります


歯科矯正時に必ず歯を抜かなくてはならないのではないかと不安に感じている方もいるかと思いますが、実際には歯を抜く方法と歯を抜かない方法があります。

歯を抜く方法と抜かない方法ではそれぞれの施術によって、異なる特徴やメリットがあります。

歯を抜く時の痛み以外にも見た目や噛み合わせなどが、施術方法によって変わってくるのです。

どちらの方法がよいのか特徴を把握した上で医師と相談しながら決めるようにしましょう。

歯科矯正では歯を抜かない方法もあります

歯科矯正は以前まで歯を抜く方法を取り入れることがほとんどでした。

これは、欧米の歯科技術が由来しているもので、奥歯を抜いて前歯の矯正を行うことが一般的だったことから歯科矯正で歯を抜くケースは多く見られました。

しかし、歯科矯正で歯を抜かない方法も出てきています。

歯を抜かない方法は主に3種類から適切なものが選ばれます。

1つは奥歯を移動させるものです。

奥歯をより奥に移動させることによって歯を動かすための隙間を作り、歯の位置を調整していきます。

2つ目は歯列の側方を広げていくことによって歯並びを調整する方法です。

外側に広げることで隙間を作っていくのですが、あまり大きく広げてしまうと歯並びが悪くなってしまう可能性もあります。

3つ目は歯を削って隙間を作る方法です。

歯をコーティングしているエナメル質を4分の1から3分の1程度削り、隙間を作り出します。

この3つの方法を用いて歯を抜かずに歯並びを良くしていくのです。

歯を削る方法ならセラミック矯正がおすすめです


歯を抜かない方法の中には歯を削って矯正する方法がありますが、その中には、「セラミック矯正」という施術方法があります。

この方法は歯並びを良くしたい歯と、場合によってその周りの歯も削ってセラミッククラウンと呼ばれる被せ物をし、矯正するという方法です。

セラミック矯正は従来の矯正方法としてよく用いられていたワイヤー矯正よりも短期間で完了する施術であり、歯を削ってすぐに仮歯の装着となるため見た目で矯正していることがわかりにくいという特徴を持っています。

矯正期間が短いとすぐに元の位置へ戻ってくるのではないかと思われるかもしれませんが、実際は元の位置に戻ることもなく、矯正施術ではよく見られる後戻りの対策を行う必要もありません。

場合によっては歯を削るだけではなく神経の治療を行ったり歯を抜いたりする必要もありますが、基本的には歯を削るだけでセラミック矯正が行えます。

また、セラミック矯正だとワイヤー矯正ではできなかった歯の色や形の変更も可能となります。

希望の色や形などがあれば専門医と相談してみるとよいでしょう。

歯を抜く方法と歯を抜かない方法にはそれぞれ異なる特徴がありますが、できる限り歯を抜きたくないと考えている方は、歯を抜かない方法、とくにセラミック矯正を取り入れてみましょう。

どちらの方法にするか悩んだら医師に相談しましょう

歯を抜く方法と歯を抜かない方法、どちらの方法を選ぶべきか悩んでしまったら、まずは下記のポイントを参考に選んでみましょう。

自分のこだわりたい部分を見つける

とにかく美しさにこだわりたいという場合は、歯を抜く方法が合っていると言えますが、噛み合わせなどを考えている場合は歯を抜かない方法が適しています。

自分がまず歯科矯正に対して何にこだわっているのかをあらためて確認してみましょう。

歯科医院の得意分野を確認してみる

医師も人間なので得意な施術とそうでない施術があります。

行こうとしている歯科医院がどんな歯科矯正を得意としているのか、公式サイトなどで確認してみましょう。

複数の歯科医院で相談してみる

複数の歯科医院に歯を抜く方法と抜かない方法、どちらがよいか聞いてみるのもよいでしょう。

さまざまなパターンを知ることで自分に合った施術方法が見えてきます。

このようなポイントを参考にしつつ、どの方法を取り入れるべきか最終的に必ず医師と相談するようにしましょう。

(まとめ)歯科矯正で歯を抜く必要があるのは本当?

1.歯科矯正では歯を抜く方法と歯を抜かない方法があります

歯科矯正には歯を抜く方法と歯を抜かない方法があります。

それぞれ異なる特徴やメリットなどを持っているため、歯を抜く方法と抜かない方法、どちらがよいのか特徴を把握した上で、医師と相談して決めましょう。

2.歯科矯正では歯を抜かない方法もあります

歯科矯正には歯を抜く方法だけでなく、歯を抜かずに矯正を行う施術もあります。

たとえば、奥歯を移動させたり、歯列を広げたり、歯を削って隙間を作ったりすることによって歯並びを整えていくのです。

3.歯を削る方法ならセラミック矯正がおすすめです

歯を抜かない方法の中でもおすすめなのが、セラミック矯正です。

セラミック矯正は矯正方法の中でも短期間で完了することができ、希望の形や色にすることができます。

後戻りもしないためできるだけ歯を抜きたくない人はセラミック矯正を取り入れてみましょう。

4.どちらの方法にするか悩んだら医師に相談しましょう

どちらの方法にするか悩んだら、まずは自分がこだわりたい部分はどこかをあらためて把握しましょう。

そのうえで、それぞれのクリニックで行われている歯科矯正を確認しつつ、複数の医師に相談してみるとよいでしょう。

707
Return Top